支持率は着実に・・・

柿の実ロード

 南外村から車を走らせて神宮寺の近くに木直という地域がある。そこは柿の実のなる木が100メートルくらい続いている。勝手に「柿の実ロード」と名付けて走っている。
PB250364.jpg

 昨日、キャプチャーした写真に昭和34~35年頃の写真がある。村の子どもたちである。
IMG_0175.jpg
これは柿の実を収穫した後で集まった地域の子どもたちを父が写したもの。現在、ほとんどの子どもたちは65歳を超えているはず。
 よく見るとまだ柿の木に登っている人がいる。昔は柿の実を残らず落として食していたのだ。


政権の支持率

 あちこちの新聞やメディアで内閣支持率を調査している。
 どこのメディア(アベシンゾー応援紙誌でも)6~7%下落しているようだ。それでも支持率が48%とか49%などである。信じられない数値だ。ところが桜を見る会でアベシンゾーの説明に納得するかという質問に対しては70%前後がダメだと表明しているのだからわけが分からない。
 もっと言えば30%近くの人がアベシンゾーの説明に納得していることになる。どこに納得しているのか聞いてみたいのだが・・・。
 公私混同・公選法違反の可能性・公文書の破棄などを堂堂とやっている政治家たちを野放しにしている日本。支持する人のいる日本。早く変えなければいけないと思うのだが・・・。
 内閣の支持率は着実に減じている。いよいよアベシンゾーも見切りをつけられ始めているのは間違いない。諦めてはいけないと思う。早く総辞職してくれ。


 昨日、投開票された高知知事選。残念ながら野党共闘は負けた。残念ながら仕方がない。次ですね。


夕方から冷え込んできた。秋田県南地区の小中学校ではインフルエンザが蔓延しているという。ちょっと気をつけなければ。本日のブログはこれにて終了です。

    屋根を打つ雨音やがて音消えて雪に変わった絶対そうだ!

コメントの投稿

非公開コメント

柿の実

村に家の前に大きな、柿の木が一本ある家があった。
渋抜きした実を、お膳に山盛りにして、近所に配っていた。
彼女の年中行事でした。又我々にも、楽しみな事でした。
柔らかくなった実を、啜るようにして食べました。
又配る彼女にしても、良いお小遣いを得る手段なのでした。
家は今も有るが、柿の木は残念ながら既に無い。

貴重なおやつでした

パパさん

昔は柿が貴重な糖類の補給源になっていたと思います。
渋抜きの方法が「さわす」のだったと思いますがベタ
ベタした酸っぱいのも食べた記憶があります。それで
も食べるのが楽しみでした。
ちょっと前に知人と話していたら、渋ガキを雪囲いの
カヤの束に突っ込んでおくとやがて甘くなっておやつ
になっていたと言ってました。私はそれはやったこと
がないので知りませんでした。

大きな柿の木はなくなって今では比較的低い柿の木が
たくさん実をつけていますネ。

懐かしい写真

残念ながら私には一枚もありませんが、幼少の頃は
近所のガキ大将統一の下で、これと同じリヤカー遊び
や魚取り、ターザンごっつこなどに加わっていた事を
懐かしく思い出しました。
5~6歳頃から行動を共にしている間に自然に縦社会
の秩序も身についていたんですね。
良き時代でした。

ガキ大将

PLさん

そうですね。ガキ大将は年下の子どもたちに知らぬうちに
楽しみや秩序を教えてくれました。
地域の仲間意識の大切さなども教えられなくても身につい
たと思います。

昔の写真をキャプチャーしていると色々なことが思い出さ
れます。
何枚かあるので2~3日「私の懐かしい写真」をブログに
載せようかと考えています。

何もなくても楽しく素敵な時代でした。

No title

おはようございます。
柿の実ロードを通って今日も通勤いたしました。

柿。収穫しないんですねぇ。我が家に柿の木は無いので
隣の家の柿をせっせと収穫し(もちろん隣のトーの許可はとってあります)
せっせと焼酎をペタペタし、待ちきれなくて開けてしまい、まだ渋いまだ渋いと毎日消費しております。

二日酔いの薬?

和香さん

ごぶさたしております。
柿の実ロードは別名もったいないロードとも言えますが
柿の実はあちこちで気の毒な運命ですが和香さんは活用
されているとのことでエースナァ。

柿の甘さは二日酔いの良いとかで我が家では最近毎日柿
が出ています。ありがたい果物です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR