勘違い?冗談じゃない

曇り空で肌寒し

 昨日までの晴れ模様から曇り空で肌寒い1日になった。それでも新緑は濃くなってきている。
P5093898.jpg
我が家の向かいの木は突然と言っていいくらいに緑の葉に覆われてきた。見事だなぁと思います。生きているってこんなことかも。


さて、今日は「ご飯論法」産みの親とも言える屁理屈誤魔化し男・現厚労大臣のカトウという男の最悪さを書いておきたい。
アベシンゾー政権がCOVID-19に対して当初の対処を「37.5℃の体温だったら4日ほど様子をみて、それでダメだったらまずは相談すること」と指示していた。
その頃「それじゃあダメじゃん容態が悪くなるベ。発熱したらすぐに病院に行って相談するのがアダリメダベ」とアベシンゾー政権の考え方に対してバガデネガと思っていた。
ところが最近、この「4日待て」がヤバくなってきたので、ご飯論法カトウが言ったことがすごい。
「あの頃は風邪が流行っていたのでそのくらいの我慢はできるべと考えていた」
「37.5℃で4日待てと言うのは国民の理解不足で、国民はオレたちの言ったことを誤解していた」
のような話をしたという。
エッ、国民が政府の言い分を誤解してしたって?バカヤローである。さすがご飯論法カトウである。東大を出たかどうかは知らないが単純なアホである。秋田弁で言えばバシコギだ。いや、ホジナシかな?卑怯な人間を示す言葉って秋田弁であったかなぁ?ま、そんなもんだ。

COVID-19はどうしてこんなに対応が遅れたのか。アベシンゾー一味の五輪対応で自分のレガシーのために出だしが遅れてしまったのだ。それを誤魔化すためにPCR検査もやらない(やらなかった)。その結果、ボロボロボロと感染症のデータが出て来ている。もっとも、そのデータだってどこまで本当かわからない。まったく。その元凶がオメダヂが言った「37.5℃は4日まってから相談しろ」がスタートだったべ。

ところで、ネットの情報だがアベシンゾーという男。コロナ対策指導者の国際比較で最下位に輝いたという。エラいっ!。しかも、政治・経済・地域社会・メディアの4分野でも最下位らしい。要するに政治的に無策無能のバカモノという地位を全世界的に認められてしまった。
何でもトップになるのは大切なことである。だが、これでトップとはお目出度いの意味が違う。ただの無能力な政治家である。国民は最悪の状況になっているってことだ。
毎日のように書いているのだが、とっとと辞めてくれ。

書くことを忘れていました。最初に新緑のことを書いた。しかし、我が家にある紅葉は文字通り「紅い葉」である。
P5093897.jpg
もともと紅い葉っぱなんだろうが新緑の季節には逆に鮮やかであります。

本日のブログはこれにて終了です。

 幸せな気分になるってどんな時?滅多にないけど目覚め良い時
 誰だっけ?さっき挨拶した人は名前浮かんでちょっと幸せ
 酔い覚めの水をゴクゴク飲むときに酒を呑んでて幸せ感ず
 幸せを雲のようだと言った人 雲には形があるからまだいい
 もしかしてつかめるはずのないものを幸せかもと勘違いしてる

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR