枝垂れ桜

少し肌寒い日々が続いている。昨日も書いたがこの寒さによって桜の満開の期間が長くなっている感じがする。
今日、どうしてもA4版の用紙をB4版にする必要がありコンビニに出かけた。コンビニに向かう時、先日紹介した農業科学博物館の前を通過する。そこに咲いている桜はブログに書いたときよりも華やかになったような気がする。今が満開かもしれないと思った次第。
無線部屋から見えるノブ君家の枝垂れ桜である。
EM5A0018_2023041816134073f.jpg
濃いピンクの花を見えるのがとてもありがたい。これから満開になってゆくと思うので借景をしばらく楽しめる
春は素早くやってきたが何となく初夏に向かう足踏みしている感じがする。


それにしても自眠党政権はひどい。スガーリンから始まった日本学術会議のメンバー6人の任命拒否をするという嫌がらせが相変わらず続いている。
戦争研究をしないような学術会議は不要だということらしい。でも、なぜ任命拒否をしたのかをスガーリンは全く説明していない。おそらく説明できないのだろう。
そして、それはキシダメも受け継いで今度は日本学術会議の規約にまで手を突っ込もうとしているようだ。日本学術会議へ介入したくて仕方がないのだ。学問の自由を脅かそうとしている。
しかも、その改悪の規約には「透明性を高めるため」とかの文言が入っているとラジオの解説者は話していた。なぜ、任命拒否をしたのかの説明もできない人間たちが「透明性」だなどと言うのは100年早いゼ。
結局、自眠党政権は民主主義を全否定するために動き回っているとボクには見える。
じゃあ何のため?と、問われたら「独裁政権」「戦前のような戦争のできる国」あるいは「お隣の国」のように画策しているとボクは答えたい。
少なくても自眠党政権が「民主主義」と言ったときには眉にツバをつけて聞く必要がある。

またまたラジオの話で申し訳ないがキシダメ政権の支持率のことを話していた。その内容を聴いて「エッ?ウッソー」と声を上げてしまった。
こんな非道い政権の支持率と不支持率が逆転したとのこと。もしかしたらマスコミは鉛筆なめなめで数値を誤魔化したんだろうと思ったりした。何しろ、キシダメは料亭通いばかりしていると首相動静に書かれているようだ。ボクはヤツの動静を見るだけで具合が悪くなるので絶対に見ないが・・・。その料亭に招いているのが大マスコミのお偉いさんとのこと。そんなお偉いさんのいるマスコミが数値を誤魔化すのはあり得るだろうなどと邪推しちゃいます。
ま、それは無いだろうが・・・・。次にそんな料亭会合に朝日新聞の社長が出たらボクは無職になったのを機会に朝日新聞の購読は止めることを宣言します。

いずれにしてもアメリカ追随の戦争をするために国民を苦しめているのが自眠党。どんなに税金が高くされても、物価が高騰しても、電気代を高くされても黙っているのはダメだと思う。せめて消費税は1年間でも廃止するくらいのことをやったら少しは認めてやるぞ。


今日のアマチュア無線

まずは今日届いたQSLカード
160mのYJ0Aバヌアツ。すでにLoTWでOKになっていたもの。
03_0002.jpg
そして、OZ5XPデンマーク。
03_0001.jpg
OZ5XPは昨年の3月に交信した。LoTWはやっていないようなので紙のQSLカードが欲しくて半年してから2回目の請求。ようやく届いたのが今日。8$もかかった。それでもありがたい。
この鳥の名前は何だろう。日本野鳥の会会員だがよくわからない。雪の上にいるし胸の部分が赤いのでウソっぽいが何だか違うなぁ。ヨーロッパの鳥だからよくわかりませんね。
これで2年間オンエアして交信できた160mは101円全部コンファームできた。NIスペシャルアンテナのおかげである。よく頑張ってくれた。感謝感謝。
プラス1988年4月に交信し今では消滅したキングマンリーフで102円ということになる。
そんなわけで160mは秋までシーズンオフにしようと考えている。

VU7Wラクシャディープ諸島が21MHzに出ている。ところが一瞬パーッと見えるがすぐに見えなくなる。一応、参加して呼んでみるが手応えがない。
F/Hモードで運用しているようだ。でも、たくさん呼んでいる局をバサバサさばいているようにも見えない。
何だか不思議な運用。もう少し、待った方が良いかもしれない。


セロリー日記

昨夜、一杯呑んでいたら仙台に住む先輩から電話。
「イトー君、猫を飼っているんだって?」
「ハイ、野良猫セロリーです。やんちゃで大変です」
「ウチにも猫がいるんだけど大人しいんだよなぁ」
「エースなぁ」
そんな話をしばらく続けた。
結局、猫には個性があってセロリーはよく言えば探究心旺盛、悪く言えばただの悪ガキとの結論になった。当たり前ですね。
EM5A0017_20230418161347983.jpg
そう言われればセロリーは実に「キッカネー顔」をしている。


本日はこれにて

  長崎でDeNAとYGかぁ連敗せずに頑張れ大洋
  この春は一気に温み寄せてきて花は咲いたが散るをためらう



P.S YGの歌  ○DeNA
  エッそうか?放送聴くと2位とビリそんな対戦二-〇当然
  猫の目のような打線を組んでいるYG混迷仕方ないよネ
  リクエスト二回も出して原さんよ審判最も近くで見てる
  梶谷が二軍に落ちてガッカリさ古巣の対戦期待したのに 

コメントの投稿

非公開コメント

なぜ、自民党の支持率が下がらないのかわかりますか?
私は十年以上毎日先生のブログを読んでいます。だからこそいいます。
自分の考え方と違うものにはどんなに悪口を言っても構わない ということでは支持は得られません。また、自分に都合が悪いことは知らないふりをする。 では支持は得られません。
そこを変えられない限り今のままだと思います。本当になんとかしたいのであれば全くの逆効果だと思っています。
また、いま、一番危惧していることは、とわちゃん、わかちゃんがおじいちゃんの真似をして、自分と考え方が違う人達の悪口はいくら言ってもいいのだ と思うことです。
ブログは楽しく読んでいますが、悪口は楽しくありません。もっと建設的な話をすれば、自民党を倒すこともできるのにと思います。頑張って下さい!

ご意見ありがとうございます

どなたかわかりませんが10年以上もこの拙いブログを読んでいただいていることに
感謝いたします。

さて、自眠党の支持率が下がらないことに文句を言っている私です。それは、彼らの
やり方、やり口が民主主義とは遠くかけ離れていると考えるからです。

確かに文句を並べる前に建設的に「このようにすればいい」などと私なりの考え方を
述べるべきでしょう。でも、それは自眠党や政権に対する反論にはなりません。やは
り、ダメなところはダメだと言うべきだし表現すべきだと私は考えています。だから
私のこのブログではダメはダメだと語る(書く)のみが一番だと考えています。もっ
とも碌な提言がないのも事実ですけれどね・・・。
もちろん自民党の人の中にも個人的に見れば素晴らしい人はいます。地元の人でも何
人かの自民党の方や自民党支持の方たちと話をすると「なるほど」と感じることがた
くさんあります。

ところで私が考えていることや行動は孫たちには全く関係のないことです。そこに孫
たちの入る余地はないはずです。
将来、二人がどのように成長するかはわかりませんし、どんな考え方をするかもわか
りません。同居もしていないので少なくても私の行動や考え方を見習っているとは思
えません。
将来の生き方は親から学ぶべきです。アベシンゾーのように妖怪のようなジジに影響
されるようでは碌な人間にはなりません。
できれば将来、二人が成長するにつれて自分の考え方や思いを素直に表現できる人に
なってくれたらいいなぁとは考えます。それも私が「今」考えていることとまるっき
り反対の考え方でもそれは問題ないのです。それは仕方のないことで嬉しいことかも
しれません。
将来、ジジと(生きていたら)孫が丁々発止の話をして「フンッ」と別れてもそれは
それで楽しい生き方だと思うのです。
だからこのブログで時々登場する孫たちは、私が考えたりブツブツ文句を言うことと
は全く別物です。

考えてみるとこのブログは雑記帳のようなもので何でもかんでも私の興味あることを
ガラクタのように突っ込んでいるのが問題かもしれません。
一つ一つを特化させるのも「手」かもしれません。でも一度、ワープロを叩き始める
とアーでもないコーでもないとあっちこっちと思いつきを書いてしまいます。

色々と書いてしまいましたが、私は政権交代すべきだと強く考えています。それは今
の自眠党政権が続くと国民生活はズタズタになり、やがては戦争に加担する日本にな
ると考えるからです。だから私は自眠党の政治家がよく言う非国民などではなく愛国
者だと思います。ましてや日本国憲法は絶対に守るべきだと考えるガチガチの保守な
のです。

何だかわけのわからないことを書きましたが返信になっているでしょうか。もし、良
かったら次のコメントは筆名でもよいので名前をつけてくださるとありがたいです。
書いている内容が虚空に向かっているようで少し辛いものですから。

政権交代しましょう。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR