欲望の石っころ

快晴の一日。
今日は横手で「たのしい授業かまくら」の例会。
『夏の研修』『勇敢な少年』『浮力の話』などの話で2時間半ほど盛り上がった。
終わった後で横手ふるさと村で開催されている「石」の展示会に行ってみようと提案があり、それあいいねぇと出かけた。「石」と行っても化石、宝石、結晶などいろいろなものを展示しているらしい。
まずは横手ふるさと村の食堂エリアで横手やきそばを。そそして、ふるさと村にある劇場に開設されている「石」の展示会を見に行った。
EM5A0043_202310141643415d7.jpg
これが、おもしろい。全国から集まった多くの業者に秋田大学の鉱山博物館の展示など会場はきらびやかで珍しい「石」の大展示会。宝石を買い求める人も沢山いるようだ。皆、金持ちだなぁ。
ま、ボクは現金もないので展示されている「石」にブラックライトをあてたらどうなるかなどを見学しながら歩く。
秋田大学の展示会場では係の学生さんと雑談をしながら楽しんできた。
ある売り場では色黒の身体のでかい人がいたので
「Where are you from?」
と聞いたらインドからとのこと。英語で話しかけられたのが悪かった。すぐに彼は英語でペラペラと話しかけてきた。タジタジとしながらも聞き取ると彼は名古屋に住んでいることとか日本は安全で楽しい国だとか話してくれた。
ボクはロックンローラーだから
「日本はいい国だから楽しんでくれたまえ」
と英語で話してバイバイした。
それにしても世界に転がっている石っころは価値のあるものが多いなぁとつくづく感じてきた。
EM5A0052.jpg
写真もOKとのことだったので1枚。こんな石っころですからねぇ。でも、石っころも欲望のはけ口かもしれないとも感じた。
今度、秋田市に行って時間があったら秋田大学の鉱山博物館(で、いいのかな?)に寄ってみようと思った次第。
楽しい一日だった。


今日のアマチュア無線

朝方はまったく収穫なし。すぐにあきらめて朝食。そして、横手に出かけた。
夕方21MHz(21.085MHz)でちょっと気になるTO8FHマヨット島が出ている。ショートパスかと思ってアンテナを向けたらほとんど入感がなくなる。反対側のアメリカ方面に振ったら強い強い。
普通ならばF/Hモードだが出ている周波数が微妙に高い場所である。こりゃあMSHVだなぁと思ってグリッドロケーター(GL)をつけずにレポートだけで呼び始めた。10分ほど呼んで応答もないのでこりゃあダメだと思って少し待機していたら突然ピコンと応答があった。
to8fh.jpg
ところがこの1分半ほどの間に自分が呼んでいた周波数を変えてしまった。あわててRR73を送ったのだが相手から73が返ってこない。もう一度呼び始めたら・・・・。まったく応答がない。
そうこうするうちに我らがエポさんから電話。
もしかしたらGLをつけて呼ぶのがいいのかもとのアドバイス。でも、向こう側の出ている周波数が妙な場所にいるでレポートだけで呼んでいるんです。などなど会話。
久しぶりにエポさんと色々な話をしてTO8FHと交信するよりもズーッと楽しい会話ができた。サンキュー、エポさん。
そして、やおら度呼びなおし始めた。でも、さっぱり応答がない。だいぶJAも呼ぶのをやめ始めた時にもう一度呼んだら・・・なんと言うことでしょう。RRRの信号だけが返ってきた。
to8fh-1.jpg
もうすでにログにアップしているよ。の、意味だと思い交信終了とした。


『今日の短歌 WEB版』

  そうなんだぁ・・・見るんじゃなかったお悔やみ欄。好きだった人そっと載っている
                        伊藤寛雄『かりん2023 9月号より』

この一首が『かりん』9月号に掲載された。それを同人の鈴木正樹さんがピックアップし今月号(10月号)に次のような評をしてくれた。
『表記方法が個性的。〈そうなんだぁ・・・〉を続く言葉で説明していく。逝ってしまったのは〈好きだった〉過去の恋人。いつまでも生きていて欲しかった。受け入れるしかない虚しさが伝わる』
すごいなぁ。見事に読んでくれたと感謝したい。
ま、恋人ってほどじゃない「気になっていた人」くらいだったが、やはり悲しいことです。ボク等はそんな年代になったのです。
「表記方法が個性的」と言われるのも妙に嬉しかったりして・・・。


セロリー日記

一時はボクの無線部屋(家から外に出て30歩ぐらいの距離)に来るときに抱いてくると何かの物音にパニックになって腕の中で猛暴れしていた。引っかかれるやらTシャツは破られるは・・・。しばらく連れてこなかったのだが最近は少し慣れたらしく大人しく抱っこして部屋に入るようになった。
EM5A0055_20231014164338276.jpg
こんなにキッカネー猫なのにパニックになるとは・・・。
今日は1時間ほどボクの足下で寝ていた。なかなかにおもしろいヤツだ。


本日はこれにて

   しげしげと石を手にして見ていると地球の歴史と人の欲望

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR