過去最低で横ばい・・・

さて、今日はこれまで頂いた便りの返信を何人かに書くことに。
ようやくできあがって外小友郵便局のポストに入れた。その帰り道。湯ノ又から薬師堂方面を見ると刈り入れを終えた田圃にはひこばえが青々と伸びている。
EM5A0043_20231015164905475.jpg

そして、我が家の秋明菊が満開だがもうすぐ終わりになるだろう。
EM5A0047_20231015164907a03.jpg


今日のアマチュア無線

日曜恒例のADXAのオンエアミーティング(OAM)で皆さんの声を聞く。今日もエポさんが出てきてくれたので賑やかになったと思う。
毎日が日曜日のボクにとって一週の区切りになるOAMはありがたい。これがなければノンベンダラリと過ごしてしまうだろう。
昨夕、ブログを書き終わってから21MHzでV51LZナミビアと交信。
V51LZ.jpg
今日は午後から少し寒い無線部屋で下手くそギターを練習しながらディスプレイをながめていた。
14MHzのCWでT2Cニウエ島と交信。その後、FT8でTO8FHマヨット島と交信。
交信と簡単に書いたが実はかなり難儀した。ロングパスで信号が聞こえたり見えたりしているが安定しない。30分以上読んだがダメ。その後、ほとんど呼ばなくなった。それでもねばって見ていたらフワッと信号が浮いてきたようだ。そこで呼んだらすぐに交信できた。
TO8FH_20231015164910ce6.jpg
そして、ボーッとしていたらバンドニューの6W/IV3FSGセネガルが出てきた。こりゃあ呼んで見るべし。14.074に出ているのでMSHVだと思い信号強度だけつけて呼んだら2回ほどでコールバックありで交信完了。まずは良かった。
6W.jpg

実は午後から160mのNIスペシャルを引っ張って張ってみた。SWRはそんなに悪くない。こんなにも邪険に扱ったのに・・・。
午後5時半過ぎに160mの1.836MHzにW8Sスウェインズ島が出ているようだ。のぞいてみたら結構強い強い。ダメモトでF/Hモードで呼んでいたら応答があり交信成立。ラッキー!
W8S 160m
そんな交信を楽しんでいました。それにしても近場とは言え強い信号だった。


毎日新聞WEBにキシダメ政権の内閣支持率が出ていた。『支持率25% 過去最低で横ばい』の見出しである。
内閣支持率毎日
それにしても先日の時事通信の時にも書いたが「4人に1人が支持している」のが信じられない。
おそらく支持する理由が「他よりも良さそうだから」だと思う。
そんな人たちに言いたい。「他の政党」に投票をして比べてみろよ、と。
いずれにしても内閣改造は全く機能していないし、統一協会の解散命令についても自眠党を信じていないことがわかる。そりゃあホソダ議長をはじめとして壺ばっかだからなぁ。
今の暗い日本は「自眠党に投票するからこうなる」のだ。
政権交代しましょう。


『今日の短歌 WEB版』

   泥の如(ごと)兵は疲れて眠り居(お)り月虧(か)けて寒き黄河河畔に
                渡辺直己『教育出版 高校現代文改訂版』より

高校の国語教科書に掲載されている一首。実は渡辺直己さんのことを良く知らなかった。調べて見ると1908年(明治41)~1939年(昭和14)広島出身の歌人とある。
日中戦争に応召し中国国内を転戦し1939年に洪水のために31歳で戦死したという。
この一首はまさに戦争の場面。疲れて泥のように兵士は寒い黄河河畔に眠っている。兵士たちには寒々とした欠けた月が照らしていた。ここには戦闘場面も何もないが悲惨な戦争の情景を詠っている。
もう一首、渡辺直己さんの歌がある。
  どの兵もどの兵も石のごと硬(こわ)ばれる表情をせり炎天の下に
なぜこわばった顔をしているのだろう。もしかしたら敵兵に襲われたのかもしれない。
炎天下、氷点下にかかわらず兵士は死ぬまで歩き続けなければいけない状況が見えてくる。このような短歌が教科書に掲載されていることの意義は大きい。
でも・・・・。


セロリー日記

身繕いする猫。
PA110707.jpg
猫はきれい好き。ボクとは正反対。
いつも顔をなでたり自分の舌が届く範囲は舐めている。そんなセロリーです。


本日はこれにて

    熊出没の記事が日ごとに増えてゆく神無月なり魁新報

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR