大雪になってしまった!!

今朝、起きたらなんと言うことでしょう。長靴が半分以上沈むほどの積雪。20㎝はある。午前5時ころになったら村の除雪隊が出動し轟音を響かせて我が家前の県道を除雪していった。
まだ、30日とは言え11月です。早い積雪である。
午前7時ころから我が家も除雪機を稼働することに。3月ころから8カ月ぶりである。軽油は入っているのでエンジンキーを回してみたらグイーンと動いてくれた。バッテリーも当面は大丈夫そう。
それで何とかかんとか家の周りを除雪したのだが、雪が湿っていて重い重い・・・。しかも、スロワーに固まった雪がひっかかって雪が放り投げられなくなりエンジンが止まったりするトラブルも発生。それでも何とかかんとか作業終了。
作業が終わったら、またまた降雪が始まりあっという間に10㎝は積もった。ま、そのうち雪は消えるだろうと今日はやめることにしました。
大仙市の広報の配達を手伝って湯ノ又地区に行って薬師堂方面を見た景色。
EM5A0046_2023113015595934a.jpg
まさにモノクロの世界である。


今日のアマチュア無線

昨夜、恐れていたことが現実になった。160mを聴いてみると何にも入感しない。サーッとホワイトノイズばかり。試しに21MHzのアンテナにつなぐと日本の局は聞こえる。
確認したら給電部から根こそぎ電線着雪の重さによってエレメント部分が持っていかれてた。アチャーである。同軸ケーブルだけじゃ何にも聞こえませんね。
雪がおさまって少し晴れ間を見てから160mのアンテナの修復は考えることにしよう。
WARCバンドのループアンテナは全部ダメになった。
EM5A0048_20231130155957671.jpg
諦めてはいたが弱いもんですね。
考えてみると40年ほど前にJA9FSさんが販売していた7MHzの2エレクワッドを上げていた時にはこんなことはなかった。確かに電線着雪で「おちょこ(傘が風で反転したような形)」になったがジッと待っていると元に戻った。それだけスプレッダーが丈夫だった。あのアンテナでW0RJU/KP1ナヴァサを7MHzでファーストエバーの交信(おそらく)が懐かしい話。
思い出にひたっても仕方がないのだが、ワイヤー系のアンテナが根こそぎダメになった朝はせいぜいこうやって自分を慰めるしかないのでした。Hi


『今日の短歌 WEB版』

    原子爆弾に倒れほろびし焼跡に人骨の燐もえたりといふ
        佐々木聰『朝日新聞天声人語2023.1130付』より

今朝の天声人語にGHQが原爆をめぐる報道や出版に神経を尖らせていたことを書いている。
今日の佐々木さんの短歌も天声人語から引用。この1首はその当時、公安を妨げるとしてプレスコード違反とされた1首とのこと。戦後も言論統制がおこなわれていたのだ。
歌の意味は原爆によって人の骨に含まれるリンさえも燃えたということ。何と悲惨なことか。
ボクが子供の頃に原爆の光があまりにも強すぎてコンクリートに人の影が残ったと言うことも聞いたことがある。実際、広島に行ってみたが影を見たような気もする。おそらく一瞬で燃えてしまいコンクリートに人の形で炭素が沈着したのを影と見たのかなぁとも思った。そんな原爆の悲惨さを歌っている1首だ。

話は変わるが天声人語を読みながら朝日新聞一面を見ると昨日のオスプレイの墜落をはっきりと「墜落」と書いている。
朝日新聞
なぜボクがこんなことを書くのかと言えば、昨夜のNHKニュースを見ていて防衛副大臣というヤツが話していることに「バッカじゃネー」と、酒を吹き出しそうになったからだ。
副大臣はおよそ次のよう話していた。
「米軍は、オスプレイの乗員は必死になって最後まで着水しようとしてたので〈不時着水〉です」
だと。
どうみても、どう考えても墜落だろう。と、テレビにツッコミを入れた。それが今朝の朝日新聞でははっきりと「墜落」と書いている。2016年の墜落時には「不時着水」とかで誤魔化していたのだが・・・・あの頃はまるで政府やアメリカに忖度したとしか思えなかった記憶がある。ところが今回の事故は政府に忖度していない。
天声人語に戻るが、朝日新聞もGHQに命令されて原爆関係の写真を燃やすことにしたとのこと。ところが上司に逆らった写真記者が小さな長屋にネガを持ち込んで縁の下に隠したという。その写真のネガはやがてユネスコの「世界の記憶」に推薦された。そして核の惨禍を二度と繰り返してはならぬとの貴重な記録になった。上司に逆らった記者のなんと素晴らしいことか。
今日の短歌。佐々木さんの歌が残っているのはネガのような物質ではないからだろう。その人の思い、考え方、願い、などは色紙を破かれようが掲載された本が焼かれようが人が生きている限り残る。勿論、短歌ばかりではないですけれどね。そして、伝わってゆく。
その意味で言えば今の政権は「あったことをないことにしようとする」などで最悪。そして、人類の願いをかけたとも言える核兵器禁止条約には背を向けたまま。天声人語の最後には次の歌が紹介されている。
   核兵器禁止条約に署名せぬ国にヒロシマ・ナガサキはある
      菅谷修『天声人語2023.11.30付 朝日歌壇2018.9.2付』より
アメリカに忖度ばかりしている今の政権ではオスプレイは墜落しまくりです。今度は会場ではなく陸地に落ちるかもしれない。その時こそ不時着というかもしれないが・・・。
そうそうオスプレイを揶揄した言葉がある。「未亡人製造機」らしい。あまりにも危険な機体なのでお偉いさんは乗らずに若い隊員ばかり乗せられているからとのこと。
それはともかくとして短歌の持つ力を今日の一首から見た思いがするし、この短歌のように事実をしっかりと詠み込むことの大切さを教えられる。

実は先日おこなわれた歌人懇話会の学習会。ボクは次の短歌も読み〈歌い〉あげた。
    不都合なことが出るたび言い訳を言える彼らは才能なんだ
自眠党、イシン、コクミン、アメリカ空軍などなどはまさに異様な才能を使っている。



セロリー日記

昨夜のセロリーは大変だった。日中、寝ているからかそれとも夜行性からか夜中にウロウロし始める。ボクの寝ている場所でもウロウロする。一回は寒さのためかボクの布団に入ってきたりしたがまたまたウロウロ。まったくなんてヤツだ。
そして、日中はすやすや寝ている。
EM5A0047_202311301600021ad.jpg
ま、それでも家族だからナァと諦めるしかない。


本日はこれにて 

   墜落を墜落と言わず「不時着水」アメリカ樣はどこか変です
   「オスプレイ」僕が大好きミサゴです水に飛び込むワシタカ類さ

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR