良いことなんかありません!

我が家の「日ねくれカレンダー」によると今日は「映画誕生の日」らしい。フランスで初めての映画ができたのを記念したとのこと。知りませんでした。
そんな映画の日。とても好い天気。我が家からノブ君家の柿の木を見た景色。
EM5A0060_20231228162412c8a.jpg
柿の実がついていたが鳥たちによって全部食べ尽くされたようだ。そんな好天の一日だった。


少し古いが2023.12.20付の朝日新聞社説である。
社説
とんでもない人間が広島市長とは・・・・。
天声人語の中で次のように教育勅語の経緯について述べている。
『教育勅語は天皇が臣民に対して忠誠を尽くせと言っている内容。戦争へ動員する思想統制に利用された。教育勅語は平和主義を定めた日本国憲法が施行された翌1948年、衆院が勅語の排除を、参院も失効を決議したのは当然の流れだった』
そんな教育勅語を何とまぁ広島市長は良い面もあるということで新任職員の研修で使っていたという。何とまぁバカな人間がトップにいるもんだと呆れてしまう。
社説の最後にはさらに憤りの指摘がされている。
『政府は安倍内閣当時の2017年、教育勅語について「憲法や教育基本法に反しない形で教材として用いることまでは否定されない」との答弁書を閣議決定した。その前後、勅語には「評価できる部分がある」などとする発言が閣僚から相次いだ。
「負の歴史」の史料として触れることを除けば、教育勅語を生かす方法などありえない。国も自治体も、改めて確認する必要がある』
何でもかんでも閣議決定の自眠党政権がいかに戦争をしたいのかが伝わってくる。
この社説を読んですぐに思い出したのが2冊の岩波ブックレット。
EM5A0061.jpg
1冊が『検証 ナチスは「良いこと」もしたのか?』そしてもう1冊が『日本の植民地支配 肯定・賛美論を検証する』である。
この2冊は巷で言われる歴史修正主義の政治家たちが言う「ナチスも良いことをした」だの「日本の侵略は植民地を助けた」だのを、そんなことはありえないとわかりやすく検証している。
日本はアベシンゾー、スガーリン、キシダメなどなどのメンバーが歴史修正をおこない戦争への道をひた走っているように感じてる。絶対に阻止すべきである。一人一人の1票が大きな意味を持つ。


今日のアマチュア無線

160mしか見ていないが昨夜はアメリカが結構開けた感じがする。あまり飛ばないが普段よりもアメリカの局が出てきた。もちろん飛びはしませんので交信はポツポツ。でも、賑やかさは感じた夜だった。
朝方は全然だめ。アンテナの良い人がイギリスと交信していたようだったがボクは全く呼ぶ状態では無かった。


『今日の短歌 WEB版』

   ゲルニカの牛昏(くら)き目をみひらけりデモ隊街にもつ勝利の錯誤
         馬場あき子『歌集 無限花序 2013.8.15日経新聞』より

2013年の日経新聞は8月1日~19日まで『歌に詠まれた絵』として歌人の梅内美華子さんが有名な絵について詠んだ歌人の短歌10首を選んで歌評を掲載した。
画家と歌人は次の通り。
ゴーギャン「帽子をかぶった自画像」 斉藤茂吉
ゴッホ「糸杉」 葛原妙子
北斎「富岳百景 山下白雨」 山崎方代
ムンク「叫び」 加藤克巳
モネ「睡蓮」 斎藤史
ルノアール「ピアノの前の少女たち」 佐藤通雅
モディリアーニ「黄色いセーターを着たジャンヌ・エピュテルヌ」 築地正子
ピカソ「ゲルニカ」 馬場あき子
信貴山縁起絵巻「延喜加持の巻」 吉井勇
ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」 塚本邦雄
今回はその中の我が師匠とも言える馬場あき子さんの1首である。
03_202312281624101d3.jpg
ピカソはスペインのゲルニカがナチスによって無差別爆撃を受けたことに衝撃を受けて書いた大壁画が「ゲルニカ」である。
梅内美華子さん(ボクが所属する「かりん」の同人だが雲の上の人。ちなみに馬場さんは同じ「かりん」だが神様のような人)はこの1首について次のように書いている。
『馬場は「ゲルニカ」に託して60年安保闘争当時を詠んだ。ゲルニカの犠牲者を見すえた画面左上の牡牛は「昏き目」で、シュプレヒコールをあげるデモ隊を見、国家権力という闇を見ている。デモ隊は集団がもつ力に酔いを覚えてゆく。しかし、6月15日、国会議事堂前の渦中で一人の女子学生が亡くなるという悲劇が起こったのだった。「勝利の錯誤」が鋭く重く響いてくる。絵画に描かれた牛の目を通して複眼的に捉えられたものは、自分たち民衆の危うさ、脆弱さであった。安保闘争の興奮と挫折を伝える1首である』
ボクは60年代の安保闘争にも間に合わなかったし70年代の全共闘の時代には仕事をしていたという学生闘争の狭間にいた年代。馬場さんたちが安保闘争にかけた情熱をある意味羨ましく思っている自分もいる。もっともボクがその場にいたらノンポリでデモにも参加しないでウロウロと横目で見ていたのかもしれないが・・・。
このコラムが掲載された日が「8月15日」であることも暗示する何かがあるような気がする。


セロリー日記

今日、テレビ「徹子の部屋」にタモリが出ていた。タモリは猫を飼っていたとのこと。とても賢そうな猫だったがタモリには全く慣れなかったと言っていた。セロリーみたいだなぁと思った次第。
そんな慣れないヤツです。
EM5A0057.jpg
キッカネー顔をしてますね。


本日はこれにて

  一日がアッという間に過ぎてゆく そうか冬の日は短かったか

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR