組合は大切だなぁ

夕方から雨になったが今日も気温が高め。おそらく6~7℃くらいにはなった。本日も2000歩散歩で外小友郵便局まで。途中の八幡神社の△部分。これを「破風(はふ)」と呼ぶらしい。ここに彫り物があることに気づいた。これまで何回も雪下ろしなどですぐ近くまで行っているのに気づかなかった。
EM5A0054_20240105155216b66.jpg
拡大するとこんな感じ。
EM5A0055_20240105155219388.jpg
何を彫っているのかわからないが古い建物だなぁと思った次第。


今日のアマチュア無線

160m。昨夜はまったくダメ。今朝はヨーロッパが結構入感していた。アジア圏ではあるが5B4AMXキプロスが強い。こりゃあそんなに苦労しなくても交信できるかもしれないと呼び始めたがダメ。全然ダメ。そのうちCONDXが上がったようで尚更強くなった。するとMSHV運用のようになってどうにか交信できた。不思議な感じの交信だった。
その後はダメ。イギリス、ドイツ、フランス、スイスすべてふられた。おなじみのビッグガンたちは呼べば答えるで交信していたのだが・・・ま、須刀勘兵衛さんですね。また明日。


新聞の一面には連日能登地震の記事である。今日は長野の同級生から電話。
「揺れたよぉ。30秒以上揺れた。もしかしたら屋根の瓦も落ちているかも」
そんな話をしばらくしてくれた。
今、ボクができるのは「早い復興を祈るのみ」のような気がしている。もちろん義援金などがあればいずれ少しはと考えてはいる。
そして、日航機と海上保安庁の飛行機の衝突事故。海保の乗員が5人死亡したのは気の毒としか言い様がない。
日航機は14人ほどがケガをしたようだが乗員乗客379人が脱出した。そのことはテレビや新聞などで経過や機内の様子などが報じられている。
その脱出劇では切り口の違う内容がしんぶん赤旗2024.1.3付にあるので紹介したい。
『よくぞ乗客に死者ださず』
と、して日航の元機長で日航キャビンクルーユニオン(CCCUつまり組合)のインタビューがある。
『全員が脱出できたのは、客室乗務員がパイロットと協力し、ベストを尽くした結果だ』
『JALには、客室乗務員がドア数に満たない編成も存在している。私たちCCCUは、ドアと同数以上の客室乗務員を登場させるよう会社に要求してきた。国際民間航空機関でも非常口1カ所につき1人の客室乗務員を配置すべきだと推奨している。会社に安全の拡充をもとめていきたい』
で、今回の事故のJAL機には「たまたま」ドアの数よりも1人多い客室乗務員が配置されていたとのこと。だからこそ前方2カ所、後方の1カ所は機体の傾きや火災の状態からダメと判断し左側1カ所の脱出シューターから逃げるとの判断になったはず。
何でもかんでも合理化、人減らしなどをやっていれば大惨事の可能性もあったと思う。「たまたま配置していた」では済まないはずだ。常に配置すべきなのだ。
企業は儲けばかりではなく利用者の万全の安全対策もとるべきだ。
そして、明らかに組合の存在の意義と大切さがよくわかると思う。


『今日の短歌 WEB版』

   次々と走り過ぎ行く自動車の運転する人みな前を向く
     奥村晃作『三齢幼虫』(永田和宏著 作歌のヒント)より

この歌は永田さんの『作歌のヒント』を読んでいる時にみつけたもの。
03_20240105155219f6c.jpg
この本の中で「ユーモアのある歌・笑える歌」の項目にあった1首。
確かに奥村さんの詠む通り運転する人は全員前を向いている。横向きゃ脇見運転。後を見ながら運転する人はいないはず。当たり前のことを詠んでいるのだが、その当たり前さがとても良い。
で、本題はそこではなく永田さんがユーモアとか笑いについての文章に納得したことを書きたい。
それは
『私は、いわゆる吉本新喜劇的な笑いは嫌いなのです。何が何でも暴力的に観客を自分のギャグに拉致しようとする笑わせ方は、少なくとも文学のなかで意味を持つとは思われない』
その通りです。ボクは吉本の芸人のやり口。特にダウンタウンの芸(とも言えないやり口)が大嫌いだった。すべてのハラスメントを含んでいると感じていたからだ。この本は2015年に発行されているから永田さんは長い間、吉本流の笑いの取り方を嫌っていたとのだろう。
そして、その吉本的な笑いが今、文春の記事で性スキャンダルとして暴露されている。
申し訳ないがそんな人たちをテレビに出してはいけないとボクは考える。もちろん大阪万博のアンバサダー(意味がわからない)などをやっていることに吐き気さえ覚える。と、書いておく。
何だか短歌から外れたが要するにユーモアとか笑いとかは権力をネタにするくらいでなければダメだと思っている。もちろん短歌でも・・・。それが権力に阿っているのではオハナシになりません。
で、奥村さんの短歌に返りますが「当たり前さ」がとても良いなぁ。簡単に詠めそうだがそうは問屋は卸しません・・・。それこそユーモアである。


セロリー日記

今日は何だか大人しい。
EM5A0053_2024010515522243c.jpg
ボクにちょっかいを出してこない。
こりゃあ一杯やっている時が大変かもしれない。そんなヤツですからねぇ。


本日はこれにて

  PPとONaRaをかましたら「行儀が悪い」「化学ですけど」

コメントの投稿

非公開コメント

地震 飛行機事故

地震も驚いたが、衝突事故A紙の記事は、管制官が表示を見逃したのではと有った。 俺もあの二人は、大嫌いです。Mの方は下品に感じます。!!(自分を棚上げしての事)勿論もう一人もです。

イヤなもんですね

パパさん

地震も飛行機の衝突事故も驚きました。管制官もお互いのパイロットもと
複合的な事故なのかもしれません。結局、原因は有耶無耶になるのではな
いかなぁとも考えています。やはり、人員配置を削るなどの儲け主義にな
らないようにして乗客乗員の安全に万全を尽くすべきだと思います。

あの2人MとHの芸風は人を貶めるやり口のような感じがします。その意
味で言えば私の見ていた「プレバト」もその感じです。だからHの出る番
組もほとんど見ることはなくなりました。
そしてMが出ている番組で出演者がお追従で笑っている姿を見ると気の毒
だなぁといっつも思っていました。
いずれスポンサーが離れて番組もだんだんに少なくなるのではと思ってい
ますが・・・。はたして。
でも、イヤなコンビですね。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR