湯ノ又自治会

朝、起きたら久しぶりの雪。
今日は我が湯ノ又自治会の総会及び新年会。会場はふるさと館なので2000歩散歩を兼ねて歩いて向かった。ボクの前に2人は歩いて会場に向かっているようだ。
EM5A0058_2024010717174325b.jpg
総会は順調に終了。その後の新年会も楽しく皆で語らうことができた。
EM5A0060_20240107171745813.jpg
参加者のメンバーである。


今日のアマチュア無線

電線着雪・樹木着雪で1.6㎜のアンテナラインが太くなっている。
EM5A0055_20240107171743594.jpg
SWRが高くて電波を出せる状態ではない。
と、言うわけで恒例の今年初のADXAのオンエアミーティングも参加できなかった。
ただ受信はできた。160mでは呼ぶことができないので傍観者として見ていると今朝のJA各局は結構苦労していたような感じがする。


朝日新聞1面

今朝(2024.01.07付)の朝日新聞1面を見て「トカゲの尻尾切りだよなぁ」と思った。
朝日
おそらく今朝の新聞でドーンとこの自眠党議員の逮捕を報じたのは朝日新聞だけかもしれない。逮捕は当然のことだと思うがキックバックの額が多い議員だけを逮捕してオシマイかなぁと思った次第。いわゆるトカゲの尻尾切りってこと。
しかも、ヤフーを見たらこの池田議員を自眠党は除名するらしい。フザケンジャネーとついつい怒鳴ってしまった。キックバックやっていた議員全員除名しろよ!!!と、言うよりも自眠党を解党してしまえ!!!。
キックバック議員全員が政治の世界における法令違反だろう。金額の多寡にかかわらずキックバック議員は処分すべきだとボクは考えている。


『今日の短歌 WEB版』

   集落は明治人口にもどるとも人あいあいと老に向き合う
          市来久仁子『朝日歌壇2010.12.27付』より

今日の自治会の総会を終えて感じたのは参加してくれる人は少なくなったなぁと思ったことである。そりゃあ確かに参加者が少なくなっているのは物理的(年齢・家族構成等)なことが原因と思うが残念なり。
朝日新聞の『短歌で探す今の気持ち』で検索したのが今日の1首である。
市来さんの地区で明治時代の人口が多かったのか少なかったのかわからないが「人あいあいと老に向き合う」という感じが今日の我が湯ノ又自治会総会だったなぁと思った。
そして、もう1首みつかった。
   ”会長”になりてしみじみ名簿見る団地の半数独りのくらし
           小幡幸枝『朝日歌壇2019.06.02付』より
確かにそうだ。我が地域は団地ではない。小幡さんのような団地ではないが、我が湯ノ又の一応会長のボクが名簿を数えたら「独りのくらし」の家は1/3以上はいる。地域はそんな状況になってしまった。


セロリー日記

自治会の総会が終わって帰ったらセロリーは長々と伸びて寝ている。
EM5A0063.jpg
オー、ウナギ猫じゃのおと一枚。


本日これにて

  「ダメになるまで自治会の会長をやってくれ」よは励ましかもネ

コメントの投稿

非公開コメント

トカゲの尻尾

逮捕はこれだけで終わりかな。尤も起訴して公判が維持出来るかもの、
問題点を、解決しての事だと思う。この人は雲隠れをしていた。
2Fの会の親玉も、逮捕しろよ。政治よりも、金勘定の輩達。

2000歩の散歩は,GOODです。春になれば、考えます。その昔に戻る。

結局はトカゲの尻尾かも

パパさん

キックバック問題。逮捕はこれだけで終わりかもしれません。おそらく
ガス抜きで「とりあえず」かも・・・。公判の維持がはたしてどうかの
問題もあるのでしょうが要するにザル法が問題だと思います。
それにしてもこの雲隠れしていたイケダ(ハギューダの舎弟分らしい・
最近BSで高倉健の唐獅子牡丹ばかり見ているのでついつい舎弟分など
という用語を)という男を即自眠党は除名とか。それこそ非道いやり口
(オレたちにゃあ関係ネーゼ的)だなぁと呆れています。渡世の仁義だ
ったら命をかけても自眠党で守れよと思ったりして・・・ヤクザ映画の
高倉健の方がズーッと良いと思ったりして。ハイ
2Fとかハギューダとかシモムラとかあのナガサキの南妙ジジイとかを
逮捕できたら見直しますがダメでしょうね。
結局はトカゲの尻尾切りかもしれませんネ。

2000歩散歩。無理しない無理しないの精神です。パパさんも春を待
ってぜひともノンビリと。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR