映画『野田村事件』

朝方。キンと冷え込んで気温はおそらく零下5℃くらい。こんな日は太陽が顔を出してくれる。雪の上はちょっとした堅雪状になっていてキラキラと輝いている。
EM5A0065_20240204161139e69.jpg
写真でキラキラを撮るのは難しいがとりあえず雰囲気ってことで・・・。
さて、今日は横手市十文字町で開催されている「あきた十文字映画祭」に以前から誘われていたので初めて出かけてみた。

映画は『福田村事件』である。
03_0005.jpg
この映画は今から百年前(1923年・大正12年)関東大震災の時に千葉県東葛飾郡福田村で起きた震災のどさくさに紛れて起きた讃岐の売薬商人一行の痛ましい虐殺事件である。
この事件はしばらく歴史の中に隠されてきたのだが関東大震災から90年目に辻野弥生さんが一冊にまとめて出版した。その本を読んだ井上淳一さん、佐伯俊道さん、荒井晴彦さんたちが脚本を書き森達也さんが監督をして映画化された。
今日は映画のあとで脚本を書いた3人が撮影などについて色々と話してくれた。
EM5A0072_20240204161139045.jpg
さらに震災から100年目に五月書房新社からさらに辻野弥生さんがさらに史料が加えて『福田村事件 関東大震災・知られざる悲劇』として一冊になっている。
03_0002_20240204161134591.jpg
映画はフィクションなのだがほぼ史実に基づいている。ボクはこの映画を観ながら映画の最後での言葉
「朝鮮人なら殺してええんか!」
の時に涙がこぼれてしまった。
日本の中で根強く存在する「差別」がこの悲劇を生んだのだろうと考えさせられたからだ。
その意味で言えば東京都知事の悪い方のコイケが関東大震災の「歴代知事が続けてきた朝鮮人虐殺の犠牲者追悼式への追悼文送付を見送っている」ことはまさに差別の助長をしているとしか思えない。そして、群馬県のヤマモトイチタとかいう知事が2~3日前に代執行させて更地にした「朝鮮人追悼碑の撤去」などもその流れにあるはずだ。
これらのことは彼らがいくら弁明しようが「歴史修正主義」そのものである。それをさも当たり前のようにやる政治家が生まれるのも日本が80年近くしっかりとやらなかった「戦争責任の放棄」とボクは考えている。
帰りに映画パンフレット『福田村事件』をゲット。今日、来十文字してくれた3人の脚本家の皆さんからサインをいただいてきた。
03_0001_20240204161131207.jpg
シナリオも入っている1冊。あとでじっくりと読んでみよう。
ちなみにこの映画に手弁当で出演してくれているボクがとりあえず知っている役者は次の人たちである。
井浦新、田中麗奈、永山瑛太、東出昌大、ピエール瀧、水道橋博士、柄本明、豊原功補、杉田雷麒・・・・。


今日のアマチュア無線

と、言うわけで今朝は日曜恒例のADXA OAMに出席できなかったのが残念なり。
160m。昨夕はUSAが少し入感。今朝はヨーロッパが結構入感していた。ギリシャ、イタリア、スペイン、ポルトガルなどと交信。コールサインが珍しいOE60RRDXAオーストリアとも交信できた。オーストリア・ラインDXクラブ60周年記念局らしい。今朝はCONDXが良かったのかもしれない。
そうそう我らがk9cさんも出ていたので山登りしていたのかもしれないなぁ。
もう一つ、今日の十文字映画祭の入場整理券の番号がなんと言うことでしょう。「59」なのでした。
03_0006_20240204161137a30.jpg
ウーム・・・記念ではありますね。



『今日の短歌 WEB版』

   歳月という大荷物、何を捨て何を残すかが大問題
     加藤登紀子『朝日新聞2024.2.4付 Reライフ』より
 
今朝の朝日新聞に「おときさん」こと加藤登紀子さんが連載中のReライフに一言上の言葉を書いていた。
加藤登紀子
さぁ、今日も短歌じゃないよぉという人が多いと思う。昨日のジュリエットの三陸の女性の言葉よりも57577にピッタリなのだ。
しかも「歳月という大荷物」という表現はまさに詩的なのだ。加藤登紀子さんの言葉を味わいたい。
登紀子さんは下のように書いている。
『節分という節目に箪笥や押入を大整理。要らない、とわかっていても、古いものほど捨てられない。年代物という価値ね』
断捨離のテレビ番組を見たりするとスッゲえなぁと思うが、いざ自分の荷物を捨てる・整理するとなれば大問題である。整理は遅々として進まない。どんどん山になってゆく。



セロリー日記

今朝、ボクを追ってきたセロリー。
サラッと雪が積もっている。これまでは雪があるとギクッとして外に出なかった。ところが彼女はひらりと外に飛び出して雪の中を歩き始めたではありませんか。こりゃあダメだ。捕まらない。
オッカアに相談したら
「外に出しておいて様子をみるべ」
5分くらいしたら大音響を響かせて村の除雪機が道路を走ってきた。するとセロリーは轟音に畏れをなして家の戸を開けたら家の中に飛び込んできた。家の周囲からはあまり離れられないようだ。でも、外に出したら交通事故もあるしなぁ・・・。
返ってきたら定位置の冷蔵庫の上で熟睡している。
EM5A0064_20240204161137c71.jpg



本日はこれにて

  アメリカがイランを攻撃したらしい日本よ後を追ってくれるな!!

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR