国際女性デー

東京方面では雪が降ったとかで今朝のテレビは大騒ぎをしていたが秋田はとても良い天気の1日になった。
南外村物渡台付近から雄物川と奥羽山脈をみた景色。カメラをもたなかったのでスマホの撮影なのでピンボケですが好天の様子がわかると思います。
DSC_0594.jpg
まだまだ水辺に雪は残っているが春の雰囲気が出てきている。


今日のアマチュア無線

160m。今朝もゆっくりと起きてしまい交信することはできなかった。バンドニューのアゼルバイジャンが1回だけピカンと見えた。慌てて呼んだが1回見えただけで終了。
その後、XU7GNYカンボジアと西日本の人たちが交信している。残念ながらボクには全く入感がなかった。XU7GNYは160mにQRVしないらしい噂があったが出てきてくれたようだ。はたして・・・。



『今日の短歌 WEB版』

    正月に二日泊まれる里帰り遠くなりけり嫁ぎし頃が

今日はあきた文学資料館でボクの所属するかりん秋田の2ヶ月ぶりの歌会がおこなわれた。冬場は雪のために集合が難しいので中断していた歌会が復活した形だ。
今回はかりん秋田の新年歌会に寄せられた21首の歌について作者無記名で感想や歌の構造などについて色々と話し合った。
今日、紹介した1首は作者を書かないが不思議な構造だよなぁと話題になったもの。
一つの読みは。
「正月に里帰りして二日も泊まれる(今の)嫁たちはうらやましいなぁ」
次の読みは
「正月に里帰りして二日も泊まった(あの頃)が懐かしいなぁ」
また次のような読みも出てきた
「昔は(初婿)というのがあって正月はダンナと一緒に二日間里帰りできる。今は無理です」
さて、作者はどんな気持ちで詠んだんだろう?
短歌はいろいろな読みができるからおもしろい・・・と、言われる。でも、このように曖昧な読みが存在するのもなぁと思った次第。だから、短歌は奥が深いとも言えるのだろうが・・・
結局、少し前までの日本は婚家から里帰りできる嫁さんはうらやまし人たちだったかもしれない。単なる労働力として嫁いだ人も多かったろう。
そこで強引にこじつけるのであるが今日は「世界女性デー」とのこと。今朝の朝日新聞のロゴを見て「アレッ?」と思った。下のようになっている。
スクリーンショット 2024-03-08 145237
朝日新聞の社名を飾っている部分が着色されているのだ。じゃあ普段はどうかと言うことで昨日のロゴを見た。
スクリーンショット 2024-03-08 145310
これが常に見ている白黒のロゴマークである。
「国際女性デー」のカラーがイエローの色なのかなと思った次第。
女性を大切にしなくてはいかんぞ。と、あらためて今日の1首を詠みながら心している。


セロリー日記

昨夜、セロリーはボクの部屋にきて3時間ほどジーッと外を見ていた。何か生き物でもいるのかなぁと一緒に外を見ていたが特に動く物体はいない。それでも粘り強く外を見ている。猫族の「待ちの姿勢」かなぁと思ったがどうなんでしょうね。3時間したら彼女は別の部屋に移動していった。
今日は日だまりにのびのびと寝ている。
HORIZON_0001_BURST20240308143154356_COVER.jpg
セロリーにとってもそんな好天の一日だった。

本日はこれにて

   もしかして僕んちのネコがこの辺で一番ヤンチャ?少し恥ずかし

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR