彼岸の入り(暖冬)

彼岸の入り。お墓参り。いつもの冬だと春の彼岸は雪の上に花をさしたりお供え物を置いたりすることが多い。
ところがこの冬は暖冬。お墓の付近の雪はほとんどなくお墓をある程度綺麗にすることができた。ただお墓の上には若干の雪も乗っているので滑りやすい。慎重に慎重に動いた。
と、言うわけで彼岸の入りのお参りもお供えも普通にできた。暖冬異変?。
帰ってきたら小雨模樣に。先日、家の周りの抜根を短く整理してもらった。大きな2枚を台にあげてもらいテーブルにした。
EM5A0067_20240317161754d2a.jpg
何だか「きのこ」みたいな感じだがそれはそれで良いとしましょう。暑くなったらこの上でビールを一杯呑みたいですねぇ。


『今日の短歌 WEB版』

   着なくなり初めて知った制服の堅苦しさよ転学の春
      長久手市 篠原若菜『朝日歌壇 2024.3.17付』より

今朝の朝日歌壇で佐々木幸綱さんと永田和宏さんが選んでいた一首。
篠原さんは転学するんだろう。おそらく元の学校では嫌なことが山ほどあったのかもしれない。しかし、転学する先には制服がないのだ。制服とともに気持ちも切り替えて「堅苦しさ」を脱ぎ捨てた篠原さんの気持ちがとても良く伝わってくる。
少し話しは変わるがボクも仕事から卒業し「制服」のようなネクタイから解放されて1年になる。先日、久しぶりにネクタイを締めてみて「堅苦しいなぁ」と感じた。それを篠原さんの一首を読んで思い出した。
制服とは何だろう?とも考えさせられる。


今日のアマチュア無線

日曜恒例のADXAオンエアミーティング。参加してIWLさんからおもしろい話を聞いた。JTDXのDXCall欄に呼びたい(欲しい)局のコールサインを入れてから呼び始めることである。
なるほどなぁ、そんな方法もあるのかと思った次第。いつか機会があったらトライできるかな?
160m。今朝は遅く起きたのでまったくダメだった。昨日はK値が「0」だったから「もしかしたら」と思ったがCONDXは下がっているのかもしれない。



一つ書いておかなくては・・・。
立憲がイシンと組もうと画策しているらしいと報じられている。しかも、あのヨシノという会長がいる連合とも手を切らないようだ。
今こそ自眠党を下野させられる状況なのにもかかわらず、立憲は「野党」としてまとめる方向性がまったく自眠党寄りだとボクには見える。立憲の自殺行為だ。
頼むよ、イシンと手を組むのはやめろよ。連合からも手を切れよ。それが国民のためだと書いておく。



セロリー日記

先住猫のトマト。最近はセロリーを見てもあまり気にしなくなった。とは言えヤンチャなセロリーはトマトにちょっかいを出す。するとウーッと唸る。虎族独特の唸り声なのがすごい。
それでもお互いにあまり気にしない存在になったようである。
HORIZON_0001_BURST20240317132306111_COVER.jpg
そんなセロリーです。

本日はこれにて

  これまでは「お供え」直接雪に置く彼岸もこの冬 普通のお参り

コメントの投稿

非公開コメント

彼岸会

昨日天気を気にして、AM中にお墓に行って来た。
午後には、お寺と義妹の家による、予定の17日でした。
午前10時頃は、それなりに墓地公園は混んでいた。
公園の帰りには、途中の先輩のお墓にも寄ります。
カリブに一緒に行った人です。
義妹の家にも、猫がいます。早逝した長男の忘れ形見です。
二代目です。これが全くの、人に慣れない猫です。
違う声がすると、状況を把握して、引っ込みます。
爪を切るのも大変だと言っていた。夏に孫が来ると、強引に抱くので、
顔を見ると、逃げ回ります。

彼岸の入り

パパさん

パパさんも昨日は彼岸入りのお参りだったようですね。
お寺はもちろん、義妹さんの家にも寄られたとのことで亡くなった人は
「定期的??」に人と人を会わせてくれるものだと感じます。「縁」と
いうことなのかもしれません。
義妹さん家の猫は引っ込み思案かなぁ。我が家のセロリーは人が来ると
基本的に向かってゆく傾向があります。闘争本能旺盛かもしれません。
そして、もう1箇所はおそらく「あご」さんではないかと思います。懐
かしいあの顔、あの声そして吞みっぷりを思い出します。まさに「縁」
だと思います。
彼岸の入りですね。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR