春分の日

昔の歌に
「♪春なのに・・・お別れですか・・」なんて歌があった気がする。南外は春なのに朝から寒くて雪が降ってます状態です。
EM5A0070_20240320160539b8b.jpg
今のところ降れば降っただけ雪は溶けている。しかし外気温は1~2℃。このまま夜を通して降り続くと気圧配置は強い冬型だからある程度の雪は積もるかもしれない。

さて、ここからは本日のアマチュア無線です。

160mは全くダメでした。他バンドもダメ。
ところでPSKレポーターなどに出てくる世界地図の夜・昼の分布が春分の日だから見事な直線になっている。
スクリーンショット 2024-03-20 051742
つまり、世界中どこでも夜と昼の時間の長さが一緒の日が春分の日と秋分の日ということになる。
これが春分の日と秋分の日以外の普通の日だったら夜と昼の長さが地域によって違うので下のようにサインカーブになる。メルカトル図法だから顕著に表現されるのでしょうが・・・。
スクリーンショット 2024-03-20 064215

話、変わって百均のセリアに行って小物をゲットしてきた。実はham lifeというページ<全国の「Seria」で販売スタート>100円ショップで買える! ミニサイズの「ON AIRランプ」が話題に】のページを見てぜひ欲しいなぁと思ったのである。
で、フフフフと思いながら無線機の上に置いてみたのがこれ。LR44の電池を2個入れるとランプはつくがなくても充分楽しめる。中身に結構スペースがあるので魔改造?し電波を出した時にランプがつくようにした人もいるようだが・・・
EM5A0077.jpg
要するにボクは単なるミーハーですね。


『今日の短歌 WEB版』

   宣誓し真実を語らぬ証人らありありと国会は舐められてゐる
           高木善胤(よしたね)『角川短歌1976.5月号』
                    『短歌研究2024.2月号』より

この短歌。先日の政倫審の状況かと思うが、実は1976年頃の短歌である。
雑誌「現代短歌2024.2月号」を眺めていたら吉川広志さんが「1970年代(第27回)短歌誌 「日本列島改造論」とロッキード事件1972~76年」を書いていた。
EM5A0100_20240320162919f21.jpg
ボクはこの雑誌を「短歌研究ジュニア賞」を見たいために買っただけだったが吉川さんの記事に目がとまった。
読みながら政治状況は50年近く前も今もまったく変わらないと思うと愕然とした。
今日の一首はロッキード事件で証人喚問された人間が宣誓したにもかかわらず「記憶にございません」を連発したことを今でも覚えている。
それは・・・今も同じことなのだ。
カゴイケ・サガワが何年か前に森友問題で証人喚問された。その時に発した言葉は「捜査に影響を与えるので発言はさし控えます」だった。カゴイケ氏は別の容疑で塀の向こうに行ってはいるが、サガワは国税庁長官などとエラくなって堂々と逃げ切り悠々自適の生活をしているとか・・・。
結局、50年前から「証人らが国会を舐めていること」は明らかなのだ。
今、脱税・脱法・裏金議員たちを証人喚問しようとして野党は団結しているらしい。でも・・・それでいいんだろうか?結局は国会を舐められてお終いになってしまう可能性が高い気がする。
そんな思いで今日の高木さんの一首を読んだのである。
それにしても吉川広志さんはいい仕事をしているなぁと思った次第。こうやって日々の思いを短歌に残しておくことの大切さにも気づかされる。


セロリー日記

夜、一杯呑んでいるとセロリーはテレビの前に寝そべる。
EM5A0067_20240320160539747.jpg
テレビの前は微妙に温かいのか。それとも自分を常に注目してくれぇと言いたいのか・・・。おもしろいヤツですね。


本日はこれにて

  見てる人一人もいない赤信号「行っちまいなよ」やはり行けずに

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR