春はまだまだ先のこと

今日も朝から雪が降っている。真冬の降り方ではないので屋根の上は白くなるがアスファルトやコンクリートの上は濡れるだけ。それでも外は時々強い吹雪になる。
EM5A0069_202403211539053a0.jpg
春はまだまだ先のことになりそうだ。


今日のアマチュア無線

160mも他のバンドも全くダメです。今日は特に書くこともないので・・・。
いわゆる坊主ってことですかね。要するにオレの頭だぁ。


『今日の短歌 WEB版』

   必死に逃げて必死に探して もう簡単に「必死」は使うまい
       見附市 岡村文子『毎日新聞 歌壇 2024.3.19付』より

先日の毎日新聞の歌壇で掲載された一首。選者の米川千嘉子さんが次のように評をしている。
【新潟県在住の作者が詠んだ場面は能登半島地震で被災した人々の様子だろうか。戦争や紛争の続く世界各地でもまた】
我らが結社かりんの米川さんは能登震災ばかりではなく戦争や紛争の続く世界各地へも読みを広げている。さすがだなぁと感じる。ボクだったら地震だけかなと思ってしまい想像の翼を広げることができない。ダメですね。参考になります。
ところでこの一首。読んでみてギクシャクすると思いませんか?そうなんです。57577の定型になっていないのです。ただ、歌全体で見ると31音になっているのでこれは「あり」だとボクは考える。いわゆる破調という一首かもしれないが「逃げる」気持ちが伝わってくる。そして、逃げることへの無力感も。
このような一首を選んでくれる度量と言いますか柔軟さが米川さんだと感じるのです。


セロリー日記

セロリーは身軽である。さすが猫族。どこにでもヒラリと音も立てずにあがるからすごい。この写真はテーブルの上に乗っているところ。
EM5A0071_20240321153908015.jpg
何だか得意げな顔がまたいいなぁと思うのです。オッカアは「行儀がワリー、とっとと降りろ!」と叫んでいるが猫の耳に念仏ですね。


本日はこれにて

  会う人が皆が話すは「サビンスナ(寒いすネ)」温もりを待つ気持ち伝わる

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR