両国関は外小友出身!!

今日は気温が10℃前後まで上昇。3000歩散歩に出かけた。途中で見つけた「春」を少々。
まずは家を出てすぐに南外村薬師堂を見渡せる場所がある。そこにはハクチョウが集まって北に帰る準備をしていた。
EM5A0070_20240325160558455.jpg
白い点々が25羽ほどが餌を啄んでいる。
もう少し歩いて行くとYSHRクン家の前にはボケの花が花芽があった。
EM5A0072_20240325160600241.jpg
もう少し春らしくなってくると真っ赤な花が突然開くはず。その時が楽しみである。
グルッと回って旧南外西小学校体育館の北側を見ると体育館の屋根から落ちてうずたかい雪が厚く積もっていた。
EM5A0068_20240325160555023.jpg
雪の周囲にはフキノトウが顔を出している。誰も体育館などの建物に手入れをしないので側壁には穴が空きっぱなしである。
以上、本日の3000歩散歩でした。


今日のアマチュア無線

朝方、目覚めて無線機やPCをONにしたら・・・・なんと言うことでしょう。K値がとんでもなく高い。「8」である。
スクリーンショット 2024-03-25 043215
初めて見る値だ。これじゃあダメじゃんと思って160mを見ていたらカザフスタンが-16で入感。呼べる範囲の信号強度だ。早速、呼び始めたがダメ。なしのつぶて・・・。
他のJAの皆さんもさっぱりだめだったよう。
これじゃあダメじゃんと思い本日のアマチュア業務はやめました。


セロリー日記

散歩の途中で我が家の前を通る。セロリーが窓の内側から道路側を見ている。
EM5A0069_2024032516055895b.jpg
ガラス越しに撮影してみたがセロリーは「変なヤツがこっちを覗いている」と思っているようだ。


『今日の短歌 WEB版』

   くしゃみしてそれまで食べていたことを忘れた猫のおばあさんなり
                    永田紅『いま二センチ』
              日本野鳥の会会報『野鳥 3・4月号』より

ボクは日本野鳥の会会員として40年ほどになるはず。以前は毎月会報が届いていたがここ数年は会員数の減少と資金不足などで隔月刊になった。A4版で下のような表紙である。今号の表紙はキツツキの仲間の「コゲラ」です。
03_2024032516471691b.jpg
会誌には『うたウォッチングーー心に響く歌を紹介します』として歌人の小島ゆかりさんが毎号野鳥に関する会員の短歌を何首かを紹介している。
今号の歌の例として永田紅さんのの一首を紹介している。小島ゆかりさんはこのま一首について次のように書いています。
『(永田紅さん。三十代後半の時期の作品)猫も年を重ねると、認知機能が衰えてきます。クシュンとくしゃみをして「あら今、何してたんでしたっけ」というような顔をする。そんな猫の様子が見えてきます。「老描」などと言わず「猫のおばあさん」という親しみのある言い方が、とてもいいですね』
短歌の表現方法として「なるほど」と思うなぁ。ちなみに永田紅さんは歌人の永田和宏さんと故河野裕子さんの娘さんです。


今日は参院予算委員会が朝からテレビ中継。キシダメ首相は相変わらずグータラグータラと返答をしている。やる気がまったく見られないとしか言い様がない。がっかりしてしまう。


昨日、大相撲では新入幕で幕尻の尊富士が110年ぶりで新入幕で幕の内初優勝を飾った。彼はケガを押して出場し優勝をつかみ取ったすごい相撲取りである。
さて、問題は110年前の関取が誰かってことである。それは両国関という人だ。今朝(2024.3.25付)の秋田魁新報に両国関のことが紹介されていた。
スクリーンショット 2024-03-25 141238
『両国は大仙出身力士』を見て
「大仙市は広いから、どこだべ?」
と思い記事を改めて読んだら・・・。
『1892(明治25)年大仙市南外生まれ』とある。
オッ!!!南外だぁ。でも、初めて聞いた話だと思い確認のためにネットのウィキペディア『両國勇治郎』という記事を発見。ぜひとも詳しくはそこを確認していただきたい。
するとなんと言うことでしょう。南外村旧外小友村出身とある。本名は伊藤雄治郎のようだ。外小友村で伊藤ったらあんたボクの親戚かなぁと思ったら旧姓西村とあった。よく意味がわかりませんね。さらにウィキペディアを読むとなんだか外小友に関係ないような感じもしてくるのだが・・・。
でも、まぁ有名な力士の出身地がボクの近くだってことだけで少しワクワクしたのであります。ハイ


本日のブログはこれにて終了です。

   おばあさん猫の我が家のトマトちゃん食べて吐くこと繰り返すなり

コメントの投稿

非公開コメント

南外

Hi-Rock さん。
南外の名前が出ましたね。VY FBです。
話題をさらった「尊富士」の初優勝でしたが、110前の優勝者の「両国」
の、出身地とはビックリでした。
今日は朝から、ピーカンの晴れです。雪が消え地面の粗が見える。

南外の名前が

パパさん

「尊富士」の110年ぶりの新入幕優賞で南外村の旧村の「外小友」が
見つかるとは思いませんでした。妙に嬉しい話でした。

今、南外は薄曇りです。我が家の最後の残雪も今日のピーカンで消えて
しまうと思います。これからは雑草との戦いになりそうです。それはそ
れで春になった喜びとしたいです。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR