オーロラが・・・

今日はなんと言ってもオーロラだね。
昨夜、午後8時半頃から低緯度オーロラが見えているという情報が流れた。ボクはヤクルトーYG戦を観ていた。ヤクルトがもしかしたら逆転かも・・・の場面だった。
そこでボクは「ヤクルト-YG」と「オーロラ」とどっちを見るかの二択になった。「ヤ-Y」はこれから何回でも見ることができる。「オーロラ」は今後見ることはできないはず。当然、外に飛び出して空を見あげることにした。
さて、今朝(2024.5.12付)の魁新報のトップに男鹿で観測されたオーロラが掲載された。
スクリーンショット 2024-05-12 162845
確かに低緯度オーロラの赤みが見える。
そして、我らがDXさんからもラインで北海道で観察されたというオーロラの写真が届いた。こっちはもっと赤い色が見えている。著作権などがあると思うので紹介できないのが残念。とても感謝感謝である。
で、ボクの場合ですね。「見えたか?」と聞かれたら「????」と答えるしかない。山奥なのに光害で周囲は明るいのである。それを避けてもう少し暗い場所に行こうと思い歩き出したが熊が怖い。で、恐る恐る家の周囲で暗い場所を探して北の空を見ていた。ほんのりと赤紫っぽいようだが確実にそうだとは言えない。「気のせいですよ」かもしれない。
それでも太陽活動の最盛期のオーロラの現場にいたような気がしていたの確か。
1958年(昭和33年)2月11日。ボクが小学校6年生の時。北の空に真っ赤なオーロラが出現した。だが、ボクはそれを観ていなかった。同級生の何人かが実際に見ていて「能代の大火(1956年(昭和31年))がまた起きたかも」と話していたことを今も記憶している。ところが、その能代では「青森の方で大火か?」と噂されていたと言われている。
それが低緯度オーロラだった。今回のオーロラの出現はあの当時のような顕著なものではなかったが太陽活動が活発な時に「それらしきこと」に出遭えて良かったと思っている。



本日のアマチュア無線

と、言うわけで太陽活動が活発すぎてアマチュア無線はさっぱりです。それでも10MHzで7Q7JNマラウイと交信できた。
また、突然の来客で日曜日恒例のADXAのOAMに出席できなかった。来客が帰った9時40分過ぎにいつもの周波数を聞いてみたが終了していたようで欠席連絡もせずに申し訳なかった。



『今日の短歌 WEB版』

   子には子の散歩の流儀があるようで石はけるべし穴はのぞくべし
          横浜市 吉澤信子『朝日歌壇2024.5.12付』より

まったくその通りだなぁと思う。子どもは素直に好奇心に従う流儀がある。それを「ダメッ」とか「時間がないでしょ」などと言うのは野暮そのもの。その好奇心を認めてやる吉澤さんの暖かな心が伝わってくる1首である。
この1首を選んだのは佐々木幸綱さんと永田和宏さん。佐佐木幸綱さんの次のような評を書いている。
【「石をけるべし穴のぞくべし」に思わず笑ってしまった。行動的な子が思い浮かぶ】
ボクもいつまでも、こんな子どもでありたい。でも、大人になると「覗き」などと言われかねないが・・・。別の意味の好奇心としてです。ハイ


セロリー日記

今日(2024.5.12付)の朝日新聞に映画監督山田洋次さん(92歳)が猫を飼っていることについてのインタビュー記事が載っていた。いいなぁと思った言葉がある。
『(犬や猫が)死ぬと悲しいのに、また犬や猫を迎える。家に動物がいない状態はあまり考えられないです。いないほうが、明らかに楽になるんですよ。エサを用意しなくてもいいし、ウンチを片付けなくてもいい。でも、そういうことにわずらわさせる時間が消えてしまうことが寂しいんですね』
その後の言葉がまたいいなぁ。
『犬や猫は人間の子どもようには成長しない。最後までわずらわせてくれる。子どもは大きくなって、オヤジより偉くなったり批判したりするけど、犬や猫は絶対にそんなことはない。まあ犬や猫に批判されるようになったら、人間終わりかも知れないれど』
ダメッ。バカ何やってるの。と、毎日のようにセロリーを怒鳴りつけているオッカアにこの部分を読んでやった。オッカアは神妙に聞いていた。
EM5A0067_2024051216391495a.jpg
こうやって柱に傷をつけまくっているセロリーですが、もしも姿が見えなくなれば「セロリーは?」と探しているオッカアがいることも確かなのです。山田洋次さんの言葉そのもの。


本日のブログはこれにて終了です。

 人間の言葉が絶対通じない?猫ですそれは だから可愛い


P.S  アンチYGの歌
   一日の天下だったねYGよヤクルトよくぞ勝ってくれたゼ

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR