甲子園決勝


薄皮をはぐごとく・・・・

 少しずつ秋が近づいてくるのは感じる。まず日の入りの時間が午後6時過ぎになったこと。朝方の気温が20℃前後になってどんなに暑くて寝苦しくても肌寒くなって毛布を引っ張り出さなければいけなくなったこと。そして、空に時々現れる雲の形が鰯雲になってきたことである。

 勤務に向かう途中。湯ノ又バイパスから湯神台方面を見通した場所で空を見上げたら雲は秋の様相だった。今、この道路は200メートルほど行くとT字路だ。しかし、何ヶ月後かには湯ノ又から湯神台経由中野地区にかけてまっすぐになるバイパス工事が始まっている。
 今は亡き母のお母さんつまりボクの祖母の実家(すでに廃屋のようになっていた)が1ヶ月ほど前から解体が始まった。オリョリョと思っていたら完全に道路用地になったのである。昔、親戚、今は無縁の家ではありますが、あの大きな家屋敷が道路に変わってしまうのは少々寂しい気がしないでもない。少しずつ時代は変わることを実感したのである。

     入り口に鯉の棲む池あったなぁ祖母の生家は解体で消え


大阪桐蔭春夏連覇

 大阪桐蔭が青森光星を3-0でしりぞけて春夏連続優勝。結局、大阪第一代表が第二代表に勝った構図と言えるかもしれない。もう少し言えば地元に残った選手たちの意地の勝利かもしれない。

 去年といい今年といい青森勢の高校の準優勝の感動は40年前の三沢高校の方が何十倍もある。と、ボクはいまだに思うのである。

 野球を通してどんなことを学んだのかだろうねぇ。ただ単に「野球だけ」では遠くから北の国に来た意味はないと思うのです。
 さっき午後9時のNHKニュースで「他の地域から入学したが青森の風を吸い、青森のご飯をたべて」と言う保護者の言葉が放送された。やはり他国から来たことが気になってはいるんだろうなぁと少し気の毒ではあった。
 まずはお疲れ様でした。

 ま、いずれにしても夏の大会も終了。新チームに向けてどのチームも仕切り直しになる。各チームの健闘を期待しよう。



夕方、帰宅する時間帯に横手盆地付近で空を見上げたらあちこちに入道雲が盛り上がっている。今日の気温上昇で大気が不安定になっているからだろう。その一つの入道雲が夕陽を浴びながら三日月(旧暦6日目)に向かって上昇している。写真の月の姿は点にしか見えない。しかし、とても素敵な景色だったとボクは思った。

   三日月に向かって延びる積乱雲残暑夕刻涼風さらり

これにて本日のブログは終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR