野球には神様が・・・


ツバメ

 今朝、外小友郵便局で手紙をポストに入れた。すると頭上の電線から特徴のある鳥の声が聞こえる。ツバメである。
 ツバメの鳴き声は「土喰って、虫喰って、渋ーい」という聞きなしがある。カッコウが「カッコー」ホトトギスが「てっぺんかけたか」のようなものですけれど・・・。20羽ほどが入り乱れて飛んでいる。オーッこれはこれはと思いカメラを取り出したが素人の赤坂見附。飛んでいるツバメを撮るなんてのは無理無理。
 アングリと口を開けてツバメの様子を見ていた。すると向かいのK玉さんのお母さんが声をかけてきた。

「誰か待ってるんですか?」
「いや、ツバメを見てるんです」
「んだがぁ。オラエさなば毎年ツバメくるで」
「んだんしな。いつもツバメが来ているのを見でだんす」
「んだども今年はだめだ。二階で二羽死んでだ」
「エーッ??!」
「窓を開けるのを忘れで出れねがったべ」
「アヤー」
「それで今年はいねぐなった」

そんな話をしているうちにツバメたちは場所を移して遠くに飛んでいった。おそらくあの集団は成長したヒナたちの飛行訓練だったのだろう。何年ぶりで20羽以上のツバメを見たので少し感動。ツバメもスズメも珍しい鳥になってしまったのである。写真はツバメが乱舞していた田んぼ付近。向こうは薬師堂地域である。

    今はもうツバメも雀も少なくてどうなるのなね日本の自然


全力プレー

 昨日の高校野球準決勝大曲工業対秋田商業。今朝の新聞を開いてみる(と言っても魁新報と朝日新聞)。読んでも何となくピンとこないのでボクなりの感想を少し書きたい。

 負けた試合は見る気がしない録画ビデオを早送りしながら流し見た。その中でビデオを2ヶ所ストップし巻き戻して(今はそうは言わないかもしれないが感覚的に)確認した場面がある。

 一つの場面は2-0でリードされていた7回裏大曲工業一死満塁の場面。代打で伊藤君が登場。左打者の彼は臆することなく振り切ってライトに飛球を上げた。それが犠飛になり一点差に詰め寄った。
 そして、もう一つの場面は9回二死走者一塁。代打に室谷君が起用された。時々テレビ画面は大曲工業ベンチを映し出す。室谷君は9回表からズーッとバットを持って打撃のイメージを作っていた。そして、土壇場での登場となった。メガネの奥の彼の顔は落ち着いている。打球はボテボテの一塁ゴロ。万事休すか。と、思ったら秋商のバックアップなどが間に合わず内野安打になった。

 この二つの場面を見ながらボクは16年ほど前を思い出していた。それはM君の姿だ。M君はチーム内で練習でも学校生活でもしっかりと取り組んでいた。夏の大会だったと思うが土壇場で登場したM君の打球はフラフラと内野に上がったように思った。ところがポトリと落ちてヒットになったのである。
 ボクは「神頼み」を信じる人間ではない。しかし、野球には間違いなく「神様」がいるのではないかと思う時がある。それは誰よりも真剣に野球に取り組んだ子ども達には微笑んでくれる。逆にどんなに実力があっても結果がダメになる。それを見ているのが「野球の神様」だと思う。
 M君の打撃の時はそうだったとボクは信じている。フラフラッと上がった内野フライに入学以来2年半近く、高校野球に真剣に取り組み悩みそして誰よりも苦労してきた気持ちがこもっていた。だから内野安打になった。
 昨日の試合での伊藤君と室谷君の一振りはそんな「野球の神様」が認めてくれた。そう思ってボクは少し涙がにじんできた。

 負けた事実は変わりがなく悔しいだろう。しかし、その二つのプレーを見ることができたことで高校野球とは何かなどを改めて考えることができた。全力プレーの大切さを再認識した。

 一振りで思い出した。明桜対秋田の試合。明桜は負けたが終盤になってから明桜は初球からブンッと振っていた。打球は鋭い。それが秋田はリードしていてもプレッシャーになったと思う。
 今日の秋商対能商の決勝9回裏の劇的な逆転劇も秋商の打者がファーストストライクからブンッと振ったことが勝利に結びついたとボクには見えた。
 2点リードされていても試合終了まではけっして弱音をはかない。これが中央地区チームと県南地区チームの違いのようにも見えた。まだ攻撃が残っている間はうじうじ泣いたり後悔している場合じゃないことを秋商ナインは見せてくれた。

 夏の秋田県大会はこれにて終了。



我が社のK君からクレーム。

「YGは紳士たれがモットーです。相手を倒せなんて応援はありません。あれはHTです」
それは申し訳ない。でも、原監督の「あの」問題もあるしなぁ。紳士なのかなぁ?でも心からYGファンのK君が言うのだから先日ブログに書いたYGの件はごめんなさい。



我が家のわかちゃん。1ヶ月検診に。問題なく順調に育って1.2埖僚鼎増加しているとのこと。
良かった良かった。これにて本日のブログは終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR