ヘルシーなはずですが・・・


燻製作りの顛末

 何年ぶりかで燻製作りをしたので作り方を思い出すのに一苦労。そこで顛末を書いておこう。

 ニワトリのもも肉を100本購入。まずこの段階で驚き。それは冷凍のもも肉が一本130円也。この値段が高いのか安いのか今ではわからない。80円前後だとふんでいたのに・・・・甘かった。

 そして、塩漬けの段階になり少しショッパ目に漬けてしまった。ボクは「何とかなる」というのが基本スタンスである。だから塩何十グラムなんてことは一切考えずに舌でぺろぺろなめながら味を確認している。だから誰かに
「少し、塩が甘いんでねーの」
と言われると精神的に軟弱だから
「んじゃあ塩を足すか」
となる。それで少しショッパ目になった。

 さらに香味野菜としてセロリ・ニンジン・タマネギ・ニンニク・コショウを入れたのだがもも肉100本に対しては少なめだったかもしれない。もも肉50本程度の感覚で野菜を準備したのである。

 燻製をする日まで漬け込んだ樽の上下をかき回して、4日間にわたり朝晩もも肉を一本取り出しガスオーブンで焼き出来具合を確認した。もちろんビールを飲みながら・・・。
 もも肉に少しずつ味が染みこんでくるのがよくわかる。もも肉一本で缶ビール2本分が味わえた。燻製の前々日から少しずつ塩出しをしていよいよ燻製になった。

 まずはボイル。肉中温度計をももの骨部分に射し込みできるだけ沸騰させないように80℃~90℃の間で全体に熱が通るようにした。骨の部分に熱が通ってから一時間ほど80℃前後にしてからボイル終了。

 さぁ、いよいよ燻製。大型のドラム缶より立派な燻製装置は解体業者に壊されてしまった。そこで燻製室は大型の段ボール箱にする。少しフニャフニャしているのだが十分に使える。

 燻製用には桜の木が何本かあったのでそれを用いた。焚き火の要領で下から煙をかける。約4時間ひたすら火を途切れさせないようにスモークを続けた。

 で、できあがったのが写真の「もも肉の燻製」。早速、スライスして試食。身が締まっていてとても美味い。これを食べながらビールを飲むとヘルシーとは裏腹に飲み過ぎて二日酔いの状況になります。
 今回のもも肉の燻製は少しいがらっぽさと脂っぽさはあるがさすが煙のマジックいいですねぇ。と、自画自賛しておきます。


立川談志師匠逝去

 今日の日刊スポーツ紙の一面は談志師匠の逝去記事だった。社会面も取り上げている。11月21日に家族に見送られて亡くなられたとのこと。
 昨夜、燻製が終わり試食しながらビールを飲んでいる時にテレビで談志師匠の逝去が報じられた。喉頭癌にかかっていることを知っているので可能性はあるだろうと頭の中にあった。だが、やはり驚いた。

 正直に言えば落語大好き人間のボクであるが談志師匠のCDはそれほど持っていない。昨夜寝る前にCDケースをガシャガシャやっていたら談志師匠の十八番と言われる「芝浜」のCDが見つかった。談志と言えば「芝浜」と言われるらしい。寝床の中で酔っ払いながらヘッドフォンをつけながら聴いた。

 談志師匠の落語は機関銃のようなしゃべり口にボクには聞こえる。ギャグも独特の内容で盛り込んでいる。「伝統を現代に」橋渡ししようとする心意気だったのだろう。
「落語とは人間の業の肯定である」とも話していた。まぁ、たかが落語でしょうが奥深いものがあります。実際はよくわかりませんけれど・・・。

 とにかく彼の語り口は乱暴に聞こえるのだが愛情がこもっている。NHKで何回か談志特集を放映した。それは落語ではなく彼が持っている芸能への「うんちく」だった。とにかく芸能全体を良く知っているのだ。彼の弟子には落語ばかりではなく歌舞音曲は何でも一流になることを要求した。それができなければ破門さえあったようだ。

 そんな彼だからNHKのアーカイブ映像を見ながら昭和の演芸史を熱く語る姿は素晴らしかった。おそらく我が家のどこかにビデオがあるはずだから探してみよう。

 談志師匠は独特の毒舌と機転の速さが魅力だった。ところが参議院議員に当選して自民党に入り政務次官になった。
 だが、ボク個人的には自民党に入ったことが残念である。なぜなら、もっと外野でアウトロー的に毒舌を発揮してもらいたかった。それを当時の多くの人々が求めていたはずだ。

 一人の落語の天才が去った。たくさんの映像と音源そして著作が世の中に出ている。少しずつ聴いたり読んだりしてみたい。存命中に一度は生で聴いてみたい落語家だったのだが・・・。合掌

     早口で毒舌話すその奧に無頼優しさ立川談志



我が家のとわちゃん。ダメッと言われると同じことを繰り返す。「ダメッと言わないで、やめてと言って下さい」とお母さんが話す。なるほどなぁ。一日一日確実に人の言葉を理解するようになっている。ゆったりと元気に育ってくれとわちゃん。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR