雪虫がもう出現


雪虫が姿を見せる

 職場にある簡易積雪計の目盛りが上から赤・白・赤と出てきて次の白が半分顔を出している。つまり、積雪は130センチ位まで沈んだということになる。
 その横にある木の枝を見ると沈み込んだ雪に引っ張っぱられ底なし沼に引きずり込まれる怪獣の手足のように見える。見えないかも・・・。それだけ木々にとっては被害が厳しいということになる。

 今朝、起きたら5ミリくらいの黒く小さな虫が畳の上を歩いている。何だろうと思って目をこらすと「雪虫」です。
「もう雪虫が出たんだ」
と、少し気持ちが明るくなった。
 一般に雪虫というのは二つある。一つは冬になる直前に出てくるフワフワとした小さな虫。知らなかったのでブログ「むし探検広場」の園長先生に尋ねたことがある。
 もう一つが今朝見たカワゲラの仲間らしい黒い虫である。子供の頃から春が近づいて「固雪(かたゆき)渡り」の時期になると雪虫はキラキラとダイヤのように光る雪の上に出てくる。これを見ると「もうすぐ雪が消える。スキーもできなくなってしまう」と子供心に雪との別れを惜しんだものである。子どものボクは今のように雪を嫌いではなく大好きだったのであります。

 そんな雪虫がもう姿を現したのだ。なんだが、冬の様子が右往左往しているような気がしてならない。

  雪虫がちょっと早く現れて確かに見たり春はすぐそこ
豪雪に黒き雪虫発見し春は近いと皮算用を



NHK会長の発言

 個人的な考えと言うことで安倍政権は「おかまいなし」と言うことらしい。個人では何を考えても話してもいい。わからないでもない。しかし、公的な立場にいる人は発言に責任を持たなければと考えるのだが・・・。これじゃあ副総理のナチス発言でも自民党幹事長の発言と同じように「言ったもん勝ち」ってことだ。話したことで周囲は萎縮してしまうのだ。それが狙いの確信犯かもしれない。

 政治家と同じように国民の税金でまかなわれているNHK。公正な立場で言うべきことは言う。反対意見も採り上げる。それでなければ受信料を支払う必要はない。  そんなことを考えながら抗議のためにNHKの受信料不払いができるかどうかをネットで調べたら「できないわけではないらしい」のだが・・・。

いずれにしても短命のNHK会長になるのかもしれない。それにしても安倍さんって「お友だち」が好きなんですねぇ。NHK会長話選出したNHK経営委員に自分の愛読書である作家の百田尚樹氏(戦争賛美)や
家庭教師だった人を送り込んでいる。まったくなぁ。





我が家のトマトという名の猫。わかちゃんととわちゃんが来ていると遠慮して部屋に入ってこない。帰るとノソリと現れる。ボクに似てなかなかにシャイな猫である。
これにて本日のブログは終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR