毛針釣りなり

釣り

 今日はとわちゃんが遊びに来ていた。近くの川に遊びに行って釣りをしたのだが魚がまったくいない。そりゃそうだ。昨年の未曾有の洪水の復旧工事をしてすぐだから魚なんかいない。
P9150336.jpg

 それでもハヤの毛針で適当に川面を流して遊んだ。目の細かい虫取り網も持っていったので川の中をすくうと小さなメダカのような小魚が数匹すくえる。それを可哀相だからと放流して遊んでいた。
 そのうち岸壁にでも行けたら「サビキ釣り」でも一緒にやろうと思っている。ジジバカには楽しい一時でありました。ハイ


オスプレイの飛来報道

 今朝(2018.9.15付)の秋田魁新報にオスプレイの飛来について報じていた。

IMG_3429.jpg
おそらくこのオスプレイは一昨日我が家の上空を飛んだ後に撮影されたものだと思う。ようやく秋田県内でもオスプレイの飛行が認知されてきて「嫌だなぁ」という感じが伝わってきそうだ。


本の帯 その3

 と、言うわけで盛岡の本屋さんさわや書店フェザン店で展開している「本の帯を見て文庫本を買いますか」という企画のパクリの3回目である。

IMG_0011.jpg

IMG_0010.jpg

IMG_0009.jpg

IMG_0008.jpg

IMG_0007.jpg

『「代謝」がわかれば身体もわかる 光文社新書』
元同僚だった大平万里さんの著書。読み直してみて、その詳しさとイラストにフームなるほどなぁと再確認。好著なり。

『短歌を詠む科学者たち 春秋社』
松村由利子氏著書。帯に載っている科学者たちの業績と短歌への取り組みを書いている。松村さんに会ってみたいなぁとつくづく思った。何人か紹介されている科学者たちの生き方に共感をおぼえるとともに「すげーなぁ」と思う。だから有名な歌人になっているんだろうが・・・。後でも出てくるが永田和宏さんがアメリカに留学したときの一首
    不機嫌な妻子を措きてまたもどる夜半を灯しおきしわが実験室(ラボ)
を読むと奥さんであり歌人だった河野裕子さんが科学者でもある永田和宏さんと一緒になった苦悩と苦労も見えてくる。

『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生 筑摩書房』
俳優宝田明さんの回顧録。映画っていいよなぁ。難しいもんだなぁ。でも文化の灯火だよなぁとあらためて感じた。宝田明さんがゴジラの主役になって撮影所に行って
「ゴジラの主役の宝田です」
と、言ったら
「主役はゴジラだ」
と言われてエピソードがいい。

『大家さんと僕 新潮社』
芸人でもありカラテカでもある矢部太郎さんの自伝的な漫画。この中に出て来る大家さんのおばあさんは最近亡くなったとのこと。こんな大家さんだったら下宿してもいいぞ。と、思った。

『知の体力 新潮新書』
歌人でもあるが本職は科学者の永田和宏さんの本職の科学について思うところを述べている。テレビに短歌番組で出ているときは優しそうだが科学分野になると厳しいんだなぁと色々な意味で見直した。

と、言うわけで帯だけで中味を見る試み。それにしても「帯」は本の内容をグッと引き寄せてくれるなぁとつくづく感じた次第。
 以上で本の帯シリーズは終了。また、機会があれば・・・・。


沖縄知事選。自公維新の推す候補が期日前投票でゴリゴリと票を稼いでいるという噂がある。組織を握っている公明党が仲間の宗教団体を大挙して期日前投票に駆り出しているともいう。こうやってみると期日前投票の功罪もあるんだなぁと思ってしまう。新潟知事選挙では期日前投票が自公候補を押し上げた大きなアクションだったという。
でも、沖縄知事選の結果は日本の将来の大きなターニングポイントだろうなぁ。お金があれば行って「見たい」気がするが今回は無理だなぁ。ガンバレ!玉城デニーと書いておこう。

本日のブログはこれにて終了です。

   縦横に走る稲妻カメラでと必死になるも何も写らず

やはりヤツは嘘つきだなぁ

曇り空になってきた

 確かに秋晴れではあるが雲の量が少しずつ多くなってきた。今日は久しぶりに本店の社長が言う「シャバ」にでてみた。シャバから西山を見たらこんな空が出ていた。
P9140336.jpg


本の帯 その2

 本日も盛岡にあるさわや書店フェザン店の真似をして、この夏に読んだり読みさしの「本の帯」をあげてみます。どんな本なのか・・・。
IMG_0017.jpg

IMG_0016.jpg

IMG_0015.jpg

IMG_0014.jpg

IMG_0013.jpg

IMG_0012.jpg

で、どんな本なのかですね。帯の上から順に。
『芸人と俳人 集英社文庫』
子どもの頃から俳句に憧れを持っていたが俳句はどこか恐ろしいと感じていた芥川賞芸人又吉直樹と俳人堀本祐樹の対談本。最後には俳句に取り組むまでを。絶対に俳句はできないなぁと実感。堀本さんって短歌の人ともコラボしている面白い人だ。

『つむじ風、ここにあります 書肆侃々房』
若き歌人木下龍也の歌集。青春の短歌を読みたくて購入。なかなか面白い。
  鮭の死を米で包んでまたさらに海苔で包んだあれを食べたい
わかりますか?今度、ボクの「今日の短歌」に引用したい。

『天才はあきらめた 朝日新聞文庫』
芸人山里亮太の半生(反省)の書ともいえるのかなぁ。ボクは山里亮太のキレの良さが好きなんです。読みさしの1冊。

『コンビニオーナーになってはいけない 旬報社』
コンビニ加盟店ユニオン+北健一氏のコンビニ残酷物語の報告書。これを読んでからコンビニに行くときはありがたいなぁと思いながら入るようにしています。

『スクールセクハラ 幻冬舎文庫』
池谷孝司氏の著書。これを読みながら半分吐き気を催したと書いておこう。こんな教師がいた(る)ことに・・・。と、思っていたら昨日は東京都の公立高校の教員59歳が20年前の高校生へのセクハラ行為で懲戒免職になったとのこと。セクハラ・パワハラは時効がないってことがわかる。この帯の「あなたは、ノーと言っていい」が物語る。

『脱出記 ソニーマガジンズ』
スラヴォミール・ラウイッツ著・海津正彦訳。前にブログに書いたことがあるのだが1941年シベリアからインドまでロシア軍から歩いて逃れた脱出記。人間業とは思えない。

本っておもしろいですね。


今日、日本記者クラブ主催で自民党の党首候補者の討論会がおこなわれた。海外に逃れていたアベシンゾーとイシバ氏との討論会がおこなわれた。アベシンゾーの話すことにあっけにとられた。

その1。
「拉致問題を解決できるのは安倍政権だけだと私が言ったことはない。ご家族の方がそういう発言をされたのは承知している」
エーッ?!自分が解決すると何度も何度も言ってきたべ。拉致被害者家族に責任転嫁かよぉ。
その2
アベノミクスについて「私はトリクルダウンなんて言った事はない」
エーッ?!アベノミクスによって日本の隅々まで豊かにするっていつも言ってたんじゃないかよぉ。

まぁ、こんな人を自民党は選ぶんだから自民党(同盟関係の公明党も)のレベルの低さがわかる。
「残念ながらこんなアベシンゾーのような政権を選んだのは我々だ。だからわれわれも悪い」とこれまでボクは思ってきた。
しかし、考え方を変える。ボクはアベシンゾーを支持する人に投票したことがない。もちろんアベシンゾーも支持しない。だからアベシンゾー政権の責任はボクを含めた国民全員で引き受ける必要はない。つまり、選んだのは国民だからみんなで責任をとろうというのは間違っているのだ。
アベシンゾーたちがやっている(た)こと。これからやろうとしていることが悪いのだ。
そのためにも、彼らが退陣するまであきらめずに「思い続ける」ことだと決めた。

と、いつもよりも一杯多く呑んで意気軒昂なのである。本日のブログはこれにて終了です。

   一億が懺悔しようと言われてもオレは絶対それには乗らない

本の帯は面白い

本日もオスプレイ

 どうも毎日のようにオスプレイは秋田県の上空を通過しているようだ。秋田県と言っても我が家の上空付近である。今日も夕方5時10分頃に二機のオスプレイが南西から北東に向かって飛んでいった。
P9130338.jpg

P9130339.jpg

仕方がないなんて言ってられない。世界一危険な飛行機。オスプレイの配備は反対である。


本の帯 その1

 盛岡の本屋さんの「さわや書店フェザン店」で【せっかく書店で本を買うんだもん。ネットじゃできない買い方をしようぜ!】という本の売り方をしていることをツイッターで見つけた。
 文庫本の帯だけを見せて実際の本の名前は見せないで購入してみませんか。と、いう試みである。へーッ面白いなぁと思ってツイッターを見ていると共感する人がたくさんいる。
 それじゃあ、ボクも枕元に散乱しているこの夏に読んだあるいは読みさしの本で帯のついている本の「帯」をコピーしてみた。
 帯の写真を下にコピーしてみます。帯を見てどんな本か予想してみましょうか。

IMG_0001_20180913213055c3c.jpg

IMG_0002_20180913213056acf.jpg

IMG_0003_201809132130580b7.jpg

IMG_0004.jpg

IMG_0005_20180913213053da5.jpg

IMG_0006_2018091321311112d.jpg

と、言うわけで第1回目の帯はこの6冊。本の帯の本のタイトルは上から順に以下の通りです。

『リマ・トゥジュ・リマ・トゥジュ・トェジュ 講談社』
こまつあやこ氏著。高校生向きの小説。マレーシアからの帰国子女の高校生活を描いた一冊。なお「リマ」はマレーシア語で「5」、「トゥジュ」は「7」。短歌を通した恋愛小説かな?

『憲法九条の戦後史 岩波新書』
田中伸尚氏著。憲法に関する57577を書いてみようと思い本棚から引っ張り出して読み直した一冊。憲法9条の大切さを裁判などを追いかけた田中氏のルポルタージュである。アベシンゾーやイシバたちに読ませたい。と、思うが絶対に読ま(め)ないだろうな。

『仕方ない帝国 河出書房新社』
朝日新聞記者高橋純子氏の新聞掲載のコラムや書き下ろしをまとめた一冊。高橋さんは「だまってトイレをつまらせろ」とか「スイッチ押したの、誰だ?」など見事にキレまくっている。詳しくは本書を。まぁ、結局はアベシンゾーはダメだってこと・・・。

『赤狩り 1 小学館コミックス』
山本おさむ著。あのオードリー・ヘップバーン主演の「ローマの休日」からアメリカでは共産主義者の追放「赤狩り」を始める。権力の弾圧である。弾圧と闘う映画人たちの生き方を追うコミック。何だか、今の日本にも通じるような気がする。

『絶滅の人類史 なぜ「私たち」が生き延びたのか NHK出版新書』
更科功氏著。地球上には人類としてホモサピエンスしかいない。しかし、これまで何種類もの人類が存在した。ホモサピエンス以外はなぜ絶滅していったのか。ネアンデルタール人との別れはなぜだったのか。生存競争の難しさと言いますか。ホモサピエンスだって、もしかしたら近い将来には昆虫に負けるかも。と、思ったりした。

『日本軍兵士-アジア太平洋戦争の現実- 中公新書』
吉田裕氏の著書。日本軍は「見事」だとしか言いようがない。その「見事」とは日本軍という存在は「無責任の極致」にあったと言うことに対してである。見事とは「バカヤロー」ということである。アベシンゾーの爺様たちも含めて当時の戦争責任者たちの無責任ぶりに憤りしか感じられなかった。アベシンゾーが「酷寒の、遠い異郷の地にあって、飢えや病に苦しみ、祖国の行く末を案じ、家族の幸せを願いながら、お亡くなりになった方々。こうした尊い犠牲の上に、現在の平和がある」などと言っているのだが、多くの日本軍兵士は「無責任政府の無能さによって無駄死に・犬死に」で葬り去られたことがよくわかる。アベシンゾーは常に嘘を言い続けているのだ。

 それにしても本の帯をあらためて見ると面白い。3回連続したいと思う。盛岡の「さわや書店フェザン店」機会があったら絶対に行ってみたいなぁと心から思っている。次回に続く。


沖縄知事選が告示された。自公が応援するサキマという男の欺瞞性は闇が深い。それに対して在任中に死去した翁長さんの遺志を引き継いで立候補した玉城デニー氏の当選以外考えられない。
選挙は厳しい状況だと思う。ジャーナリストの田中龍作氏が次のように書いている。
『司法、行政、言論、教育、地方・・・沖縄を落とせば、すべてが安倍支配になる。独裁者に異を唱える勢力が根絶やしとなるのか、否か。民主主義の生き残りがかかった沖縄県知事選挙は、30日深夜に結果が出る』
この気持ちをボクは共有したい。

本日のブログはこれにて終了です。

   我が地球何千回も破壊する核は我らの頭上にありて

3度目のオスプレイ飛来

秋晴れ

 今日もカラリとした秋晴れ。路上には紫の花が秋風に吹かれている。
P9120336.jpg
結構、長い間咲いている花である。

 職場からの帰り道。遠くには霞んでいるが鳥海山の山容がくっきりと見えている。
P9120338.jpg
やはり秋だろうなぁ。空気中に水分がなくなったので遠くが見えているのだろう。


今日も来ましたオスプレイ

 夕方、5時04分。例によって重低音が聞こえてくる。来たーっ!と思いカメラを持って外に出たら案の定オスプレイが飛んできた。二機である。
P9120340-1.jpg

P9120341.jpg

P9120342.jpg
いわゆる飛行モードというプロペラの方向である。
 資料によれば米軍がオスプレイの訓練をしようとしている秋田付近は「ピンクルート」と呼ばれているらしい。それがちょうど我が家の付近を通っているようだ。ピンクルートとは何ともはや・・・。
 我が家の上空3度目のオスプレイ飛来である。でも、不在の時とか気づかないときに上空を飛んでいるかもしれない。
 いずれにしてもオスプレイの轟音は迷惑である。オスプレイの配備は大反対である。


アベシンゾーのバカヤローネタです。
彼はロシアを訪問しているのだが盟友と言われるプーチンとはファーストネームで呼ばなくなったらしい。敵対関係になったかもしれない。
前回、アベシンゾーがプーチンを「ウラジミール」とか呼んでいたのを聞いて、この男はバカヤローだと思いあまりの気持ち悪さに背筋がゾワッとした記憶がある。
それはともかくとしてプーチンに面と向かって「領土問題を棚上げにした平和条約」を提案されてニタニタと笑っただけで反論も抗議もしないアベシンゾーの写真が流れていた。こんな馬鹿男のどこが「外交の総理」だと威張っているのだろうかと呆れてしまった。
こんな男が日本の総理とは・・・。早く辞めてくれ。

と、本日もブツブツと文句を書いてブログは終了です。

    正直で公正なりと言う人のやることなすこと真反対とは
    法の下全ての人は平等と憲法ってヤツなんて素敵だ

被災地にもっと補助金を

蜂巣

 今日は秋晴れ。気温は26℃くらいだった。カラリと晴れ上がっていわゆる秋晴れ。
 通勤路の田屋地区にある蓮の池。花が終わって花托が蜂の巣のようになった。
P9110336.jpg
本当の蜂の巣のようである。
 調べてみると「蜂巣」というようだ。その通りの名前ですね。蜂巣に入っている蓮の実は食べられるらしい。いつか食べてみたいと思っているがチャンスはないでしょうね。
 それにしても蓮は枯れても珍しい形になるもんだ。ロータスですね。


アベシンゾーがロシアに行った。自民党の総裁戦にもかかわらず勝利間違いなしとの思いでロシアに出かけたんだろう。台風21号の関西、震度7の北海道の被災地を見向きもしないで外遊。外遊の「遊」の通り彼は遊びに出かけただけだと思ってしまう。
それでも出かける前に政府は被災地に5億円の補助金を出すと宣言しているとのこと。さも、被災地に手当をしている「ふり」をしている。
ところでロシアに行ってプーチンとの会談では予定の時間よりも2時間半も待たされたとのこと。
その結果として北方領土問題はまったく全身などしない話にならない状況。おまけにウクライナには1500億円もの金を出すらしい。
アベシンゾーという男のやることは被災で苦しんでいる人たちにはたったの5億円。ところが自分の外遊先では気前よく1500億円も差し出す。
さらに言えば役に立つかどうかわからないイージスアショアには一基3000億とも5000億とも言われている。これをアメリカ言いなりに拠出する気持ち満々だ。
すべて税金である。アベシンゾーの金ではない。国民の金だ。国民の金だったら被災地にドーンと使うべきだろう。まだまだ使うべきものはある。日本全国の学校のエアコンもそうだ。
こんな男が総理だ何だとえばっている日本は何だか不思議な国としか思えない。こんな男のやりたい放題で日本はとんでもない方向に向かいかねない。いや、すでに向かっているとも言える。自民党支持の人たちはなぜ気づかないんだろう。国難はアベシンゾーそのものだと思うのだが・・・・。
早くアベシンゾーには辞めてもらいたい。と、あきらめずに思い続けてゆく。

アーァ、今日も愚痴だらけ。と、言うわけで本日のブログはこれにて。

    「戦争の惨禍が起こることのない」国を願うの当然だけど・・・
    厄除けになると言われるカメバチの「丸い巣欲しい?」「エッ?要りません」
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR