演説が怖いんだろうなぁ

保呂羽山

 夕方、職場の帰り道に向こうの山並みには台形の山が見えている。保呂羽山である。普段はあまり気にならないが今日は小雨の中で妙にくっきりと山の形がいい。
PA110286.jpg
今、見ているのは西仙北町。その向こうは南外村そのかなり奧の大森町にある神の山である。
 くっきりと晴れていると保呂羽山の彼方には鳥海山が見えるはずだが、これからのシーズンは時々しか見えなくなるのだろう。


田んぼの中

 田舎が悪いわけではない。我が山里のようにとても良い場所もある。心の古里でもある。田んぼの中が悪いわけではない最高の場所と言えよう。
 しかし、一国の総理が自ら決断した総選挙の第一声を上げる場所としてはたして適当かどうかを考えると「否」だ。
 昨日のブログに福島からコメントをいただいたがアベシンゾーの第一声が福島だったとのこと。それも福島の駅前や原発の避難地帯などではなく山里付近だったとのこと。
 道理で昨日のニュースの画像が稲穂に囲まれていたのである。
PA110288.jpg
これは何を意味するのか?
 東京や多くの人が集う場所での立ち会い演説会をアベシンゾーはできないってことだ。ヤジや批判を怖れて批判を持っている人の前に立つことはできないらしい。
 これで政治家かよ。と、呆れてしまう。自分と対立する人たちとも堂々と渡り合って説得してこそ政治家だろうと思うだが・・・。

 話は変わるがNHKの世論調査を見るとやはり自民党に投票しようとする人が一番多い。
WS000044_20171011214156498.jpg
それでも31.2%。この程度の支持を得ただけで政権与党として圧倒的な議員数を占めてしまう。
 これじゃあダメじゃん。まずは死に票の多い小選挙区制を止めるべきだ。中選挙区あるいは比例代表制の選挙をやるべきだ。自民党や公明党が良く言う「決められない政治はよくない」というのは誤魔化しそのものだ。決められないからこそ話しあってよりよい方向を目指すのが民主主義だし政治の一番の肝のはず。
 まぁ、そう簡単には良い方向に向くとは思えないがあきらめないで見つめ続けてゆく必要があると思う。

 と、言うわけで山奥で猪や鹿や熊などに向かって「アベノミクス」だの「こんな人たち」だのと声を張り上げているモリカケ総理には退陣願うしかない。


3年は生きるぞ

 今日、JARL(日本アマチュア無線連盟)の継続会費3年分を振り込んだ。JARLの体制に不満は山ほどあり一度は退会したのだが昨年再度加入した。
 今回、会費切れになるので「エーイ、3年は生きてやる」と清水の舞台から飛び降りるつもりで会費を振り込んだ。
 と、言うわけで「もと」をとるためにも3年は生きるぞーーーーってが。はたして?!


本日のブログはこれにて終了です。

   なにもせずただボンヤリと過ごすなら夢のようですでもただのボケ

アベ退陣なるか?

平地でも紅葉に

 雨で我が社の紅葉も進んできている。
PA100286.jpg
この紅葉は牡丹桜の木。いよいよ秋田も平地まで紅葉が押し寄せてきました。


衆議院選挙公示

 アベシンゾーの退場を求めたい。しかし、コイケという女性のいる党の躍進も腹立たしい。結局は同じ穴のムジナたちの仕掛けにやられるような気がします。ただ、あきらめちゃいけないのですけれどね。


本日は疲れました。これにてブログ終了です。

アネコムシ大量発生?

暖かい日

 昨日から暖かい日が続いている。22~23℃前後で気温は推移していると思う。午後から曇りになり夕方は小雨模様になったが過ごしやすい連休後半だった。
 秋のこのように天気もよく気温が高い日はカメムシ(アネコムシ)が発生する。案の定、昨日は大発生である。と、言っても数十匹ですが家の窓ガラスや壁そして網戸にへばりついている。洗濯物にもたくさんのカメムシがしがみつく。まったくなぁ。ネットで拾ってきたカメムシの図。
t02200124_0800045012001978755.jpg
昨日はとわちゃんとわかちゃんが来ていたので三人でアネコムシバスターズを結成。
 ペットボトルとガムテープを持って家の周りをグルグルとまわりアネコムシがいれば捕獲作業。ペットボトルは少し高い場所にいるヤツらをペッボトルの口の部分でスイッとなでるとボトルの中に落ち込む。でも、こんな暖かい日は虫もすばしっこい。すぐに小さなすき間に入り込んだりブーンと不気味な音を立てて飛び去る。それでも20匹ぐらいは捕獲。
 そして、ガムテープではカメムシの背中の部分をペタッと貼り付けてパパパパと折りたたむ。とわちゃんもわかちゃんもこの作業はおそるおそるできる。ガムテープ捕獲は不思議なことに臭いを発しない。
 と、まぁしばらくはアネコムシ騒動になりそうですね。
 ところでアネコムシが多い年は豪雪、少ない年は暖冬など言われますが正直あてになりませんね。


ススキも何だか元気が無くなってきた。
PA090286.jpg
そうそう、すっかり忘れていましたが昨日(10月8日)我が家の上空をハクチョウが鳴き交わしながら南に飛んでいった。渡りも始まってきました。

本日のブログはこれにて終了です。

   カメムシを見ると家族は大騒ぎガムテープ持ち一斉捕獲に

ノーベル平和賞(I CAN)

好天の一日

 今日はとわちゃんとわかちゃんが遊びに来ていた。午前中に神宮寺の福乃友酒造で開催されている「秋祭り」に出かけてみた。
DSC_0521.jpg
ここの酒粕いりカレーライスはなかなかのものでとわちゃんとわかちゃんもパクパク食べるのであります。ただ、少し味が変わって辛めになったようで子どもは正直で「辛いなぁ」という。でも、こくのある上手いカレーだと思う。
 量り売りの酒ッこも買ってきてラベルのついていない一升瓶を先ほどまでチビチビと軽く味わっていた。
 量り売りの風景である。
DSC_0524.jpg


ノーベル平和賞

 今年のノーベル平和賞に「I CAN」が授与されることが決まった。「I CAN」は核兵器禁止条約の制定に努力したことが評価されたとのこと。
 ところが日本政府はこの「I CAN」のノーベル平和賞受賞をとまどいをもって複雑な思いで見ているとのこと。できれば無視したいらしい。
 そりゃあそうだ。世界で唯一の被爆国でもありながら「核禁止条約」に参加しないとアベシンゾーは明言しているのだ。アメリカに追随しなければ核の傘に入れないかららしい。と、言うよりもアメリカの「ご威光・ご意向」には背けないとシッポを巻いているってことだろう。
 この機会に日本政府は今すぐにでも核禁止条約に署名すべきだとボクは思っている。

 今年も残念ながらノーベル平和賞には該当しなかったが「憲法九条をノーベル賞を」への署名活動にボクは引き続き賛同したい。


そんな憲法。改悪をめざそうとするアベシンゾーやコイケ女やいろいろとがなり立てている。今日も党首討論をやっていた。ようやくモリカケ問題が話題になり、それに応えるアベシンゾーの微妙な動揺が笑わせる。
テレビでは三極の対立としているが8党の話を聞いていると違いますね。
立憲民主・社民・共産のリベラルと自民・公明・維新・希望・心の対立軸なことは明確である。だからボクの投票先ははっきりとしているってことですね。

と、いうわけで本日のブログはこれにて終了です。

   憲法を改正すると声高に言うにっぽんは面舵いっぱい

ネット党首討論を見て

今日は終日パタパタと自宅でワープロ打ちをやっていた。
外を見ると隣家の白い花が薄闇の中に浮かんでいる。
DSC_0520.jpg

ネットのニュースを見ていたらYGという球団。またまた変な人事をやりはじめた。
それは育成から鍛えた松本という選手をクビにするとのこと。それにもう二人もクビにするらしい。せっかく、育成から一軍にしながらちょっと成績が下がると一軍で使わない。と、言うよりも金で引っ張ってきた選手しか使わない。
来シーズンも金の力であちこちから選手を引っ張るのだろう。
相変わらず嫌いな球団の筆頭である。

夕方から一杯やりながらヤホーのネット党首討論を見ていた。8党首(だったのかな?)が出てそれぞれの政策について話しあうという趣向である。
発言時間は選挙についての公平さのために国会の議員数の多さではなく一人1分以内で話すことになっていた。それはとても公平で良い。しかし、アベシンゾーやコイケ(女)の話は十秒でいいと感じた。
この討論会は事前にネットで討論の内容がアンケート調査になっている。つまり、話しあう内容の選択肢が決められている。ボクが考える今回の衆院選のテーマは「モリカケ問題」だと思う。ところが何ということでしょう。アンケートの選択肢に「モリカケ」は入っていない。だからまったく面白くない。
アベシンゾー・コイケ(女)はダメ。もちろん宮城弁のナカノとかいう男も宮城の恥だからダメ。そして拝む党もダメ。もちろん維新とかいうヤンキーもダメ。やっぱり野党で「ぶれずに」ものごとの真相をとらえるリベラル系はいい。まちがいない。

と、いうわけで本日はこれにてブログは終了です。

    なんとまぁ節操のない保守たちよリベラル敵視自公維希望
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR