高校野球の神髄を見る

散歩に

 大雨被害が出ている中で散歩に出るなんて不心得者と言われそうだが・・・。午後から何となく晴れたので外に出てみた。いつもと違うルートを通って3㎞ほど歩いた。薬師堂から湯ノ又方面を見た景色が気になる。
P5190308.jpg
 写真に見える水たまりのように見えるのが外小友川(南楢岡川かな?)。昨日からの大雨でそれほどの増水はない。歩いている途中では、田植え機を田んぼに出して田植えをしている人たちもいて普通の日常に戻っていた。みんな強いなぁ。
 途中で会った我が地域のYクンもNクンも
「今回の雨は被害もなくてエガッター」と話していた。

 大雨の被害については南外の雄物川出口付近と西仙北から協和にかけては氾濫があり大変なようだ。幸いなことに我が家付近では大丈夫だったよう。


友人のATさんからライン。
『今日10:00~NHKで甲子園特集(横浜-PL)観ました!』
と、あった。
エーッ?!それは知らなかった。早速確認したら左端と上端の水害情報の下でNHKアーカイブス『1998年8月20日阪神甲子園球場第80回全国高等学校野球選手権大会準々決勝第1試合』のNHK特集が再放送されている。
P5190314_2018051920423647b.jpg
某野球部顧問の頃にこの番組が放映された。録画してにバイブルのようにして何度も何度も見たのである。極端に言えばテープがすり切れるくらい何回もみた。高校野球の奥深さを教えてくれる内容だったからである。
ただ残念ながら、この番組の後に高校野球で禁止されたプレーや行為もある。それらのことがこのビデオには含まれている。それだけ野球の奥深さをものがたる番組だと思う。
ATさんに教えてもらいあらためて保存版のDVDを作った。リサイズしてDVDを再度テレビで見る。何度見ても感動は変わらない。そしてなぜか涙がこぼれてくるのであります。高校野球の神髄をあらためて感じた。
ATさんインフォありがとうございます。

本日のブログはこれにて終了です。

   ボッーとした日には散歩にでましょうか花・土・鳥・風・雨・川・自分

DVD【9条を抱きしめて】

大雨に

 朝方から雨が降り続いている。断続的に土砂降りになり時々雷も鳴る不安定な天気。外に出るのも面倒なので家の中から車庫の屋根から落ちる雨だれを撮ってみた。
P5180309.jpg

 大仙では「大仙市災害警戒対策本部」を設置したとの緊急メールが入った。昨年の7月22日~23日のような災害になってはいけないと必死の気持ちが伝わってくる。
 NHKのテレビ画面は左端と上端をブルーのラインにして避難勧告などの地域を継続的に放送している。明日の朝まで大雨の警戒は続くだろう。


戦争の真実

 憲法九条を変えようとしているアベシンゾーの計略が着々と進んでいることに危機感を感じている人たちが元米海兵隊員の故アラン・ネルソンのDVD【9条を抱きしめて】を紹介していた。
 早速、取り寄せて見た。
P5180310.jpg
ベトナム戦争に従軍したネルソンさん。当時のアメリカの兵士の状況は生活レベルが中流クラス以下の家庭出身が多い。今、沖縄や日本そして全世界に駐留している米兵のほとんどの出身家庭がそうなっていると言う。
 それは貧しさを兵士にするために国がとる戦略だろうなぁと思った。そして、危険な場所には想像がつくのだが黒人が派遣されてゆく。つまり、今でも人種差別や階級差別が続いているということだ。
 この前、戦争法案が強硬採決されたときにアベシンゾーたちは「徴兵制はありません」と言っていた。しかし、それは「アメリカのような経済的な徴兵制」は否定していないと言うことにこのDVDを見て気づいた。

 ネルソンさんはベトナムで何人ものベトナム人を殺した。そのことは講談社刊『ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか?』の劇画をもとに話が進んでゆく。そして、生還した後はPTSDで二十年近く苛まれる。それが回復して戦争のない世界をめざすことになる。そんな時に日本国憲法の九条に会う。

 ネルソンさんは言う。アメリカによって強制されようが、どこの国に強制されようが憲法九条の「戦争放棄」の理念は世界に誇るもの。
 世界の中で今の青少年たちの幸せなことは「戦争をしらないこと」とも話す。アメリカ、イギリス、韓国、中国、ロシアなどなど多くの国の青少年は「戦争を知っている」。戦争を知らないことの素晴らしさは憲法九条があるためだと話している。
 ボクもそう思う。
 今、日本は戦後70年を経てもっとも戦争に近づいている。それを推し進めようとするアベシンゾーたちの蠢きを止めなければと思う。
 九条にノーベル賞を再びですねぇ。


今日のヤフーを見ていたら何と言うことでしょう。「セクハラ罪はないことを閣議決定した」とのこと。スゴイ話だ。アベシンゾー政権は何でもありとは思っていたがここまで劣化しているとは・・・・。
そのうちアベシンゾーたちは「いじめ罪というものはない」だろうなぁ。それにしてもアソーの「セクハラ罪はない」発言をどうしても隠蔽と言いますかどうってことない話だとしたいための姑息な閣議決定だと思う。まぁ、アベシンゾー以下の閣僚全員が「セクハラ罪はない」という認識ってことだ。内閣総辞職に価する。
そのトップは早くモリカケ疑獄で逮捕されてくれと願う。


以上、本日はこれにて。

   屋根を打つ大雨の音ドシャメシャとバスドラのようモダンジャズです    

巨大なダムの出現

雨の一日

 今日の最高気温は18℃前後かも。朝から雨である。職場の前にある木は雨でいよいよ緑を増してきている。
IMG_2264.jpg


日大アメフト部の話をニュースで聞きながら「これってどこかで聞いたような内容だなぁ」と思った。
それは今のアベシンゾー政権のやっていることである。
選手(官僚)がやったことを監督(アベシンゾー)は責任をもたないということ。しかも、その監督が指導した内容が選手を動かしたかもしれないのに知らんふり。
これって1つ1つがアベシンゾー政権とそっくり。
結局は選手(官僚)のせいにする。見事にあてはまると思う。

これを解決するのは日大アメフト部は解散あるいは1年以上部活動禁止。同じことは言える。アベシンゾーは即時退陣。
なんともはや似ていることは起きるもんだ。


夕方。職場の帰り道。南外の南楢岡JAのSSが水の張られた田んぼに映っている。
P5170306.jpg
田に水が張られて日本の見事な水管理がおこなわれる。いよいよ日本の本当の季節が始まる。

本日のブログはこれにて終了です。

    田の面には水が張られていいですね見事な農の知恵の集積
    水田に漲る水は巨大なるダムに匹敵いいねニッポン
    

イージスアショア配備反対!

暑かった1日

 車載の温度計はしばらく走っても28℃を下がらない状態だった。暑かったですねぇ。今日はとわちゃんとわかちゃんと久しぶりに会い協和町に出かけた。
 途中に赤い花が咲いている。
P5160306.jpg
見るとアカヤマボウシの感じがするが違うなぁと思い一枚。


イーズスアショア

 今朝の秋田魁新報の一面にイーズスアショアの配備予定候補地ということが掲載された。
IMG_226215.jpg

 これまで、決まっていないなどと口を濁していたのが突然配備予定地を明言したのである。気仙沼の小野寺ゴテンという男も最悪よのぉ。
 それはともかくとしてイーズアショアの配備は反対である。はっきりと書いておく。
WHY?
1.無駄な設備である。
2.無駄なことにつながるが全く使えない設備である。
   ピストル弾を別のピストルの弾で撃ち落とす程度の能力らしい
3.住民の健康被害が心配される可能性がある。
4.北朝鮮の危機をあおっているが対外的に武器をもつ憲法違反である。
5.要するにいらない

 何だか理屈になっていないが「5」が結論である。
 あの知事やあの市長が受け入れるだろうなぁ。と予測しているが反対の声には積極的に関わってゆきたいと思っている。まったくアベシンゾーって男は戦争したくて仕方がないとしか思えない。


本日のブログはこれにて終了です。

    水路にはたっぷりの水流れだし田んぼは水を湛え始めた
    微細なる泥の粒子で川の水濁り出したり田んぼの季節

ラフプレーとは

赤い花

 職場の真っ赤なツツジが咲いている。
P5150306.jpg
今日は気温がかなり上昇
 おそらく25℃前後までなったと思う。
 仕事が終了後、大曲に向かい用事を済ませて自宅に帰った。車の中はエアコンをかけても結構暑かった。


今、テレビニュースではアメリカンフットボールの悪質なタックルが報じられている。
昨日のニュースで見て、こりゃあひどいなぁと思った。一つのプレーが終わると力を抜く。そこを目がけてタックル。こりゃあ試合じゃないなぁ。
どうなるんだろう。日大アメフト部は一度活動を止めるべきなのかもしれない。
ただ、正直に言えばアメフトのルールがわからないので、あの鎧のようなプロテクターをつけてどれくらいのラフさが許されるのかが理解できないのも確かであります。
それを抜きにしてもあのようなプレーはいただけない。

本日はこれにて・・・・。少々疲れ気味です。

   日めくりを二日同時にひっぱがし今日の一枚セロテープで貼る
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR