墜落ではないのか?

シラサギが

 職場からの帰り道。雄物川の川岸を走る。
PA120291.jpg
上流の向こうにおにぎりのように見えるのは神宮寺嶽である。いつも面白くて不思議な形だなぁと感じる。
望遠レンズがなかったので大きく獲れなかったが写真の左川岸や,もう少し上流に進んだ所には10羽以上のシラサギ(おそらくチュウサギ)が確認できた。
 こんなに多くのシラサギが集まっているのを見たのは初めてである。
 川岸はなかなかのワンダーランドであります。


墜落の言い替えとは・・

 沖縄で米軍ヘリが墜落した。ところがテレビニュースでは「緊急着陸」と言っている。
 これで緊急着陸ならば飛行機の墜落という言葉はなくなる。30年ほど前に御巣鷹山の日航事故だったのも「緊急着陸」と言うことになるだろう。たまたま、山に激突しただけなのだ。
 おそらくアベシンゾーや宮城出身の防衛大臣オノデラゴテンは飛行機でもヘリでもオスプレーでも落ちたときには「緊急着陸」と言うのだろう。
 まったく・・・・。


今朝の新聞各紙は衝撃だった。今回の衆院選は自民党・公明党の圧勝との世論調査を伝えている。コイケ緑のタヌキの思惑通りだろう。これからどうなるかはわかりませんが日本の民度は低いってことだ。と、書いておこう。
でも、あきらめちゃいけないですね。


本日のブログはこれにて終了です。

演説が怖いんだろうなぁ

保呂羽山

 夕方、職場の帰り道に向こうの山並みには台形の山が見えている。保呂羽山である。普段はあまり気にならないが今日は小雨の中で妙にくっきりと山の形がいい。
PA110286.jpg
今、見ているのは西仙北町。その向こうは南外村そのかなり奧の大森町にある神の山である。
 くっきりと晴れていると保呂羽山の彼方には鳥海山が見えるはずだが、これからのシーズンは時々しか見えなくなるのだろう。


田んぼの中

 田舎が悪いわけではない。我が山里のようにとても良い場所もある。心の古里でもある。田んぼの中が悪いわけではない最高の場所と言えよう。
 しかし、一国の総理が自ら決断した総選挙の第一声を上げる場所としてはたして適当かどうかを考えると「否」だ。
 昨日のブログに福島からコメントをいただいたがアベシンゾーの第一声が福島だったとのこと。それも福島の駅前や原発の避難地帯などではなく山里付近だったとのこと。
 道理で昨日のニュースの画像が稲穂に囲まれていたのである。
PA110288.jpg
これは何を意味するのか?
 東京や多くの人が集う場所での立ち会い演説会をアベシンゾーはできないってことだ。ヤジや批判を怖れて批判を持っている人の前に立つことはできないらしい。
 これで政治家かよ。と、呆れてしまう。自分と対立する人たちとも堂々と渡り合って説得してこそ政治家だろうと思うだが・・・。

 話は変わるがNHKの世論調査を見るとやはり自民党に投票しようとする人が一番多い。
WS000044_20171011214156498.jpg
それでも31.2%。この程度の支持を得ただけで政権与党として圧倒的な議員数を占めてしまう。
 これじゃあダメじゃん。まずは死に票の多い小選挙区制を止めるべきだ。中選挙区あるいは比例代表制の選挙をやるべきだ。自民党や公明党が良く言う「決められない政治はよくない」というのは誤魔化しそのものだ。決められないからこそ話しあってよりよい方向を目指すのが民主主義だし政治の一番の肝のはず。
 まぁ、そう簡単には良い方向に向くとは思えないがあきらめないで見つめ続けてゆく必要があると思う。

 と、言うわけで山奥で猪や鹿や熊などに向かって「アベノミクス」だの「こんな人たち」だのと声を張り上げているモリカケ総理には退陣願うしかない。


3年は生きるぞ

 今日、JARL(日本アマチュア無線連盟)の継続会費3年分を振り込んだ。JARLの体制に不満は山ほどあり一度は退会したのだが昨年再度加入した。
 今回、会費切れになるので「エーイ、3年は生きてやる」と清水の舞台から飛び降りるつもりで会費を振り込んだ。
 と、言うわけで「もと」をとるためにも3年は生きるぞーーーーってが。はたして?!


本日のブログはこれにて終了です。

   なにもせずただボンヤリと過ごすなら夢のようですでもただのボケ

アベ退陣なるか?

平地でも紅葉に

 雨で我が社の紅葉も進んできている。
PA100286.jpg
この紅葉は牡丹桜の木。いよいよ秋田も平地まで紅葉が押し寄せてきました。


衆議院選挙公示

 アベシンゾーの退場を求めたい。しかし、コイケという女性のいる党の躍進も腹立たしい。結局は同じ穴のムジナたちの仕掛けにやられるような気がします。ただ、あきらめちゃいけないのですけれどね。


本日は疲れました。これにてブログ終了です。

アネコムシ大量発生?

暖かい日

 昨日から暖かい日が続いている。22~23℃前後で気温は推移していると思う。午後から曇りになり夕方は小雨模様になったが過ごしやすい連休後半だった。
 秋のこのように天気もよく気温が高い日はカメムシ(アネコムシ)が発生する。案の定、昨日は大発生である。と、言っても数十匹ですが家の窓ガラスや壁そして網戸にへばりついている。洗濯物にもたくさんのカメムシがしがみつく。まったくなぁ。ネットで拾ってきたカメムシの図。
t02200124_0800045012001978755.jpg
昨日はとわちゃんとわかちゃんが来ていたので三人でアネコムシバスターズを結成。
 ペットボトルとガムテープを持って家の周りをグルグルとまわりアネコムシがいれば捕獲作業。ペットボトルは少し高い場所にいるヤツらをペッボトルの口の部分でスイッとなでるとボトルの中に落ち込む。でも、こんな暖かい日は虫もすばしっこい。すぐに小さなすき間に入り込んだりブーンと不気味な音を立てて飛び去る。それでも20匹ぐらいは捕獲。
 そして、ガムテープではカメムシの背中の部分をペタッと貼り付けてパパパパと折りたたむ。とわちゃんもわかちゃんもこの作業はおそるおそるできる。ガムテープ捕獲は不思議なことに臭いを発しない。
 と、まぁしばらくはアネコムシ騒動になりそうですね。
 ところでアネコムシが多い年は豪雪、少ない年は暖冬など言われますが正直あてになりませんね。


ススキも何だか元気が無くなってきた。
PA090286.jpg
そうそう、すっかり忘れていましたが昨日(10月8日)我が家の上空をハクチョウが鳴き交わしながら南に飛んでいった。渡りも始まってきました。

本日のブログはこれにて終了です。

   カメムシを見ると家族は大騒ぎガムテープ持ち一斉捕獲に

ノーベル平和賞(I CAN)

好天の一日

 今日はとわちゃんとわかちゃんが遊びに来ていた。午前中に神宮寺の福乃友酒造で開催されている「秋祭り」に出かけてみた。
DSC_0521.jpg
ここの酒粕いりカレーライスはなかなかのものでとわちゃんとわかちゃんもパクパク食べるのであります。ただ、少し味が変わって辛めになったようで子どもは正直で「辛いなぁ」という。でも、こくのある上手いカレーだと思う。
 量り売りの酒ッこも買ってきてラベルのついていない一升瓶を先ほどまでチビチビと軽く味わっていた。
 量り売りの風景である。
DSC_0524.jpg


ノーベル平和賞

 今年のノーベル平和賞に「I CAN」が授与されることが決まった。「I CAN」は核兵器禁止条約の制定に努力したことが評価されたとのこと。
 ところが日本政府はこの「I CAN」のノーベル平和賞受賞をとまどいをもって複雑な思いで見ているとのこと。できれば無視したいらしい。
 そりゃあそうだ。世界で唯一の被爆国でもありながら「核禁止条約」に参加しないとアベシンゾーは明言しているのだ。アメリカに追随しなければ核の傘に入れないかららしい。と、言うよりもアメリカの「ご威光・ご意向」には背けないとシッポを巻いているってことだろう。
 この機会に日本政府は今すぐにでも核禁止条約に署名すべきだとボクは思っている。

 今年も残念ながらノーベル平和賞には該当しなかったが「憲法九条をノーベル賞を」への署名活動にボクは引き続き賛同したい。


そんな憲法。改悪をめざそうとするアベシンゾーやコイケ女やいろいろとがなり立てている。今日も党首討論をやっていた。ようやくモリカケ問題が話題になり、それに応えるアベシンゾーの微妙な動揺が笑わせる。
テレビでは三極の対立としているが8党の話を聞いていると違いますね。
立憲民主・社民・共産のリベラルと自民・公明・維新・希望・心の対立軸なことは明確である。だからボクの投票先ははっきりとしているってことですね。

と、いうわけで本日のブログはこれにて終了です。

   憲法を改正すると声高に言うにっぽんは面舵いっぱい

ネット党首討論を見て

今日は終日パタパタと自宅でワープロ打ちをやっていた。
外を見ると隣家の白い花が薄闇の中に浮かんでいる。
DSC_0520.jpg

ネットのニュースを見ていたらYGという球団。またまた変な人事をやりはじめた。
それは育成から鍛えた松本という選手をクビにするとのこと。それにもう二人もクビにするらしい。せっかく、育成から一軍にしながらちょっと成績が下がると一軍で使わない。と、言うよりも金で引っ張ってきた選手しか使わない。
来シーズンも金の力であちこちから選手を引っ張るのだろう。
相変わらず嫌いな球団の筆頭である。

夕方から一杯やりながらヤホーのネット党首討論を見ていた。8党首(だったのかな?)が出てそれぞれの政策について話しあうという趣向である。
発言時間は選挙についての公平さのために国会の議員数の多さではなく一人1分以内で話すことになっていた。それはとても公平で良い。しかし、アベシンゾーやコイケ(女)の話は十秒でいいと感じた。
この討論会は事前にネットで討論の内容がアンケート調査になっている。つまり、話しあう内容の選択肢が決められている。ボクが考える今回の衆院選のテーマは「モリカケ問題」だと思う。ところが何ということでしょう。アンケートの選択肢に「モリカケ」は入っていない。だからまったく面白くない。
アベシンゾー・コイケ(女)はダメ。もちろん宮城弁のナカノとかいう男も宮城の恥だからダメ。そして拝む党もダメ。もちろん維新とかいうヤンキーもダメ。やっぱり野党で「ぶれずに」ものごとの真相をとらえるリベラル系はいい。まちがいない。

と、いうわけで本日はこれにてブログは終了です。

    なんとまぁ節操のない保守たちよリベラル敵視自公維希望

選挙の争点はモリカケだ

初雪

 昨日、初雪の便りのあった鳥海山。雨や曇りで残念ながら見えなかったが、今日は曇りでも空気はすっきりとしてみえた。
PA060286.jpg
頂上附近に白い痕跡が見えます。
 今日、秋田市に行っていたが、会った人たちが
「もうガンが渡ってきたらしいよ」
と、話している。
そうだよなぁ、この頃になればハクチョウも渡ってくるし冬の足音が少しずつ聞こえはじめている。


モリカケ問題を再燃させなければ

 そりゃあ憲法違反の戦争法案もダメ。もちろん改憲なんてお話じゃない。北朝鮮てそんなに驚異なの?
 衆院選挙前にいろいろな政策が出てきている。その政策はもちろん大事だ。そして,もう一つ忘れてならないのはモリカケ問題だ。これを明確に話しているのはいわゆるリベラル政党なのである。
 ユリノミクスだとか何だか知らないがアベノミクスという破綻している政策の猿真似を言いだしたコイケという女(ごめんなさい女がダメなのではなくコイケという女が嫌いなだけです)はモリカケを今更になって何だか持ち出したらしい。バカヤローである。
 ついでに書いておくがユリノミクスを英語で書くと(Urinomics)と書くらしくわけの分からない横文字を超多用するコイケは(Urinomics)を「尿」つまりションベンを連想させることを知らなかったのか。と、ネットでは騒いでいる。
 今朝の朝日新聞社説にはモリカケ問題について書いている。
ファイル 2017-10-06 21 45 48
この社説の最後に
『(今回の衆院選挙は)説明責任に背を向ける首相の政治姿勢こそ、選挙の争点だ』と結んでいる。
 その通りである。もし、選挙に勝てば説明責任もみそぎを受けたなどと言い出しかねない。アベシンゾーは退陣にすべきである。


本日はこれにてブログは終了です。

   「原発は安全でしょう?あんなこともうないでしょう」甘いぞ君は

すじを通す人を選びたい

一日遅れの中秋の名月

 昨夜の名月は曇り空で見ることができなかった。
 それが今日の夕方には昨夜よりも満月に近い月が出てきた。同乗していたとわちゃんとわかちゃんが
「ジジ、月が出てきて水に映っているよ」
と、言う。
ムムッなるほど。雄物川に映る月である。と、言うことで車を駐めて写真を一枚。
PA050290.jpg
一日遅れの中秋の名月です。
 こんな宵は気温が冷え込みます。
 気温が冷え込むと言えば今朝の鳥海山には初雪があったようだ。そして、盛岡の友人からは市内は4℃で岩手山では初雪とのこと。
 考えてみればそんなシーズンになりました。もうすぐハクチョウも渡ってくるでしょう。


悪魔の二人?

 今日の日刊ゲンダイの一面は下の内容である。
WS000044_20171005221246026.jpg
その記事の一部は次のようになっている。

『衆院選は「自民、公明」「希望、日本維新の会」「立憲民主、共産、社民」の3極で争う構図が固まった――。メディアは当たり前のように書くが、有権者はこれを真に受けると間違える。小池百合子都知事が代表を務める「希望」は仮面をかぶった“エセ野党”だ。安倍VS小池の対決なんて、極右同士の主導権争いであり、グロテスクな権力闘争でしかない。
 希望の正体は、公認を望んだ民進党出身者に課せられた「政策協定書」という名の「誓約書」や、きょう(5日)にも発表される公約の骨子でハッキリわかった。
「ダイバーシティ社会の実現」を提唱しながら、排外主義を思わせる「外国人地方参政権の付与に反対」を有無を言わさず約束させた。憲法の何を変えるのかの項目を一切記さず、「憲法改正を支持」と白紙委任で誓わせた。安保法制も「適切に運用」と、もちろん賛成だ。原発ゼロや消費増税凍結など、見せかけの差別化は図っているものの、戦争ができる国づくりへと向かう「国家像」は自民党とほぼ一緒なのである』

 要するにアベシンゾーを選ぶもコイケ都知事を選ぶも同じ穴のムジナを選ぶようなもの。このままだったら日本はどんどん大政翼賛態勢になり戦争をする国に一直線だと思う。
 そして、政治家になりたくて自分のこれまでの安保法案反対や加計学園問題追及の意思(もしかしたら無いのかもしれないが)をかなぐり捨てて希望の党に走ったバカヤローどもの落選運動を積極的にやりたいくらいのものだ。

 アベシンゾーグループ、コイケグループそしてリベラルグー部に三極に分離したとマスコミは喧伝しているが、本来はアベシンゾー・コイケグループ対リベラルグループの二極であることを国民は理解してくれと言いたい。
 そして、当然アベシンゾーの政治は許さないのである。すじを通す人を選ばなければいけない情勢だとボクは思う。

本日のブログはこれにて終了です。

     短歌って難しいですか?と聞く人に自由でいいじゃんオレも初心者

数え50年目のクラス会

盛岡にて

 昨夜は学校を卒業してから50年目のクラス会。満年齢だったら49年経過ということだろうがそれでも50年目になった。クラスのメンバーは12名が集まった。
PA030288.jpg
二人多いが奥さん同伴が二組いたためである。
 りゃあ年齢なりの体力の衰えはある。だが、気持ちはまだまだ若いなぁ。結構、酒も飲めるし元気である。まぁ、酒ッこが元気さを増幅させるのかもしれない。

 今日は重要文化財になっている旧盛岡高等農林学校本館の見学に行った。この建物について幹事の皆様が資料で配付してくれた。
IMG_0001_20171004220043508.jpg
この建物の中を50年ぶりに見学。
 54年前、この建物の二階でボク等の入試があった。その時を皆で思い出しながら(まぁ、ボクはほとんど記憶から消えているが・・・)懐かしんだのであります。良かった良かった。

 楽しい2日間を過ごしてきたのであります。

      キャンパスで迷子になるも本館は同じ姿で建っていました



モリカケ問題はどこへ行った?

 超右翼の小池都知事がかきまわしている衆院選。しかし、この人の化けの皮がはげつつあるような気がする。アベシンゾーと同じ穴のムジナであることを露呈し始めている。
 まず、アベシンゾーを政権から転落させると言っていたのだが最近は言わなくなっている。そして、何よりも大事だと思うのはモリカケ問題のことを一言も言わない。これはアベシンゾーを応援しているとしか思えない。
 要するにアベシンゾーを有利にさせるために仕組んだ国民を欺くためのものだと考えてもおかしくない。
 枝野さんが立憲民主党を立ち上げたことにより前原という男の情けなさが浮き彫りになった。恥ずかしい男だぜまったく。小池都知事の思うままに言ったら日本は大政翼賛体制になる可能性があったが枝野氏と共産党、社民党、市民連合などとの共闘でかなり歯止めになるとボクは考えている。
 現実はそんなに甘くはないだろうが少なくてもリベラル支持の人たちの気持ちの票は行く先は現れたことになる。

 それにしても民進党から希(絶)望の党に移ろうとしている人間たちの節操のなさには呆れてしまう。あの戦争法案の時に「よし、がんばるべ」と思えた人たちが自分ファーストで簡単に裏切る。人としていかがなものかと思うのだが・・・・。

と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

盛岡です

もしかして今宵はこれにて生存証明かも?
クラス会です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR