イチョウ病?

荒れ模様

 朝方はとても天候が良く、ゴミ出しの時間帯にも温かくてホッとしていた。ところが昼前頃から天候は一転して突風が吹いて雨が降って荒れ模様になった。
P4150336.jpg
なかなか春は遠いですね。
 それでも我が家の裏にはギャウジャニンニクが3~5㎝ほど一斉に顔をだしてきた。


参ったなぁ

 ボクはほとんど医者に行くことがない。おそらく基本的には不健康なんだろうが医者が怖いのです。どうせ、この歳になれば病気になったらある程度仕方がないと思っていることも医者にゆかない理由でもある。要するに臆病者。

 ところが最近ボクは「イチョウ病」になってしまった。これが大変なのである。
 原因不明の不快感が襲うのだ。その症状は顔に発疹ができ微妙にかゆい。その発疹がカサカサになって固まってくる。両側のほっぺたなんか押しても硬くて昔飼っていたプレコの身体の表面のようなのだ。
 うろおぼえであるが四谷怪談のお岩さんを思い出す。お岩さんの顔がくずれてゆく話である。
 まぁ、それでも3~4日もすれば治るだろうと思い東京でも、しこたま酒を呑んできた。ところが何と言う事でしょう。ボクの顔はどんどん崩壊してゆくのである。目の上の方は腫れ上がってまるでお岩さん。お岩さん、ごめんなさい。あわてて東京の街中で目を隠すサングラスを探す羽目に。
 自宅に帰ってから今朝目覚めてからも腫れはおさまらない。ヤバいなぁ。いよいよ俺もお化けの仲間かよぉ・・・。
 で、どうしてこんな顔になったのかを考えてみる。やはり、ボクは科学者である。と、書いておこう。ただのバカですね。すると子どものころにウルシにかぶれた症状に似ていると思いついた。でも、ここ何年もウルシの木に触ったことはないのでウルシのかぶれではない。
 そこで1週間前程から自分の行動を思い出してみた。何かに触ったモノはないのか・・・。
 もしかして・・・・。ピカッと思いついた。
 雪が消えたときから我が家の前には銀杏の実がむき出しで山ほど落ちている。おそらく1000個以上はあると思う。昨秋、落ちた物が雪に埋もれてしまい雪消えと同時に姿をあらわした銀杏たちだ。
 根が「いやしい」ボクはこれらは絶対に喰うべきだと思ったのである。早速、落ちている中からきれいなものを10個ほど拾い水道水で洗って使い古しの紙封筒に入れ電子レンジで1分間チンをする。
 するとレンジの中でボンボンボンと銀杏が爆発して輝くような緑の実が取り出せる。しかも、秋に収穫したものよりも楽に薄皮がクルンと取れるのだ。塩をつけてビールを呑む。
 これに、見事にはまった。俺は天才だぜと思ったりした。3日連続で銀杏を拾い、ちょっと洗い、電子レンジでチンをやった。
 3日目には銀杏の実にベタッと付いている「あの臭い」表皮をやはり素手で洗ってからチンをした。もちろん銀杏の緑の実は美味しく食べビールを呑んだ。
 実はこの水洗いの時に違和感を感じていた。洗った後の手のひらが何となくヌルヌルしているのである。そのヌルヌル感がとても嫌~な感じ。でも、銀杏は旨かったしビールは当然美味い。
 それから二日後ぐらいから顔の崩壊が始まったのである。
 ネットなどを調べてみるとおそらく銀杏のかぶれだと気づく。それじゃあと自分で「イチョウ病」と名付けて「どうせ時間が解決する」とタカをくくっていた。ところが何と言う事でしょう。日が経つにつれてどんどん悪化してゆく。今朝の気持ちは最悪。仕方がネーなぁと思い。本日、皮膚科に向かった。
ドクターに事情を話したら
「イチョウでしょうねぇ!人によってはウルシよりも酷いかぶれになります」
「ハァー」
「そのかぶれた場所に触って染ることはありませんよ」
「・・・・」
「注射をして、塗り薬と飲み薬を1週間分出します。1週間後に来てください」
と、言うわけで痛い痛い筋肉注射をして薬をもらって帰宅。
 少なくても夕方頃には身体全体の違和感がかなり楽になっている。美男子(自称)だったボクの顔の崩壊も止まってきたようだ。さぁ、回復するでしょうか?

 待て!「イチョウ病」次回の展開と報告を。To be contineud.
 考えてみればただバカですね。


そんなわけで本日のブログはこれにて終了です。

   受け付け嬢「高齢受給者カードありますか?」「エッそれって何?」呆れる彼女

東京は大変だぁ!

帰ってきました

 東京にはまだ桜が咲いていたのがこれまでと違いビックリ。

 昨日、開催された外小友中学校の同窓の集い『郷友会』に出席。
P4130343-1.jpg
今年の会はいつもより参加者が少なかったという。
 何しろ、参加している年代の上が80歳。下が65歳くらいの幅である。本人や家族に何があってもおかしくない世代なのだ。
 参加した全員で今は影も形もない外小友中学校の思い出を語り、校歌を歌い2時間半を楽しく過ごすことができた。素敵な会だった。

 今日は上野の国立科学博物館で開催されている『大哺乳類展2』をまずは見学に向かった。
P4140353.jpg
 現存する哺乳類の骨格などを見ながら「哺乳類の歩き方(ロコモーションと言うらしい)」から陸海空の環境をどうやって生き残りをしてきたのかなどを展示している。
 ロコモーションと言えば蒸気機関車のことかと思っていたが・・・・。
 一言感想。おもしろくなかった。観に行ったことが大失敗である。多くの人が集まっている中での展示会は避けた方がいいなぁと思ったのが収穫と言えば収穫かなぁ。アッという間に展示会場をまわってやることがなくなった。

 こうなれば上野鈴本演芸場に行くしかない。とことこと鈴本へ移動。
 橘家文蔵、林家正蔵、ぺぺ桜井、古今亭駒治、隅田川馬石、すず風にゃん子・金魚を観て聴いて新幹線こまちに飛び乗った。

 結局、自宅に着いたのが午後7時頃。バタバタの東京だった。それにしても東京という所はどこに行っても「人」が湧いて出てくるような感じがする。
 先日、我が地域で一時間散歩して一人も人間に出会わなかったことを考えると東京は別の宇宙ってことだ。やっぱり住む場所じゃないなぁとあらためて感じて来た。

 と、言うわけで本日はこれにてブログは終了です。

     東京は次から次と人が湧きまるで蟻の巣蹴飛ばしたよう

東京へ

昔の我が村である外小友村にあった中学校の同窓会に出席で東京へGOです。



仙台通過です。桜が満開。


今日 の宿泊先に到着。桜はまだ散っていないのでこれまでと違いますねぇ。

椿の赤が

少しは春に

 今日はシャバに出た。平山書店に寄ってみるとディアゴスティーニの隔週刊の『マジック』の教則本が売られている。テレビのCMなどをほとんど見ていないのでこの発行のことを知らなかった。
 フーンと思って見ているうちに何だか欲しくなり380円也の第1巻を購入。付録のDVDをフフフフこれからはマジシャンだぜと思いながら見ています。はたして・・・・。
 それはともかくとしてシャバの建物の間から見えている東山(奥羽山脈)を1枚。
P4120336.jpg
昨日の降雪のために山が銀色に輝いている。

 我が家にある椿の花が赤い色をつけ始めた。ボクに似て何だか不格好なのだが自然界で久しぶりに見る赤い色である。
P4120338.jpg


青森沖で墜落したF35A(何だかアマチュア無線のフランスのコールサインのようですが・・・)。今日の報道を見るとようやく欠陥があったとかなかっとかを報じている。
国会の質疑でA35Fの1000件にもわたる欠陥を追及されたことを今になって小出しに出している感じだ。
こんな欠陥の戦闘機に1兆円を超える国費を出して購入しようとするアベシンゾー政権は○○○○沙汰であると書いておきたい。そのほんの一部でも出したら国民の生活はどれだけ役に立つのか。
そんな軍事費を国民生活に回せという論調が出てくると彼らは間違いなく「周辺国の脅威に対抗するために必要だ」との論調をはるはず。
ちがうだろう。と、ボクは考えている。そうそう思い出しました。周辺国の脅威をあおるのはアベシンゾーたちの「やり方」だということに関してファシズムについて書いていたことを思い出した。
次の内容は基本的にはアメリカのことを語っているが今の日本の状況と見事に一致している。

『人権軽視、女性蔑視からファシズムは始まります。『〇〇が攻めてくるぞ』からファシズムは始まります。身びいきからファシズムは始まります……これらは70年以上前のナチスの教訓から学んだことなのに、今のアメリカにぴったり当てはまるんじゃないかということで大きな話題になりました。しかもこれらが当てはまる国はほかにもあるんじゃないのか、しかも14項目全部あてはまっちゃんじゃないのか、と思えてくる内容です』

14項目とは次の内容です。
『ファシズムの初期の兆候
  ・強力で継続的なナショナリズム
  ・人権の軽視
  ・団結の目的のため敵国を設定
  ・軍事優先(軍隊の優越性)
  ・はびこる性差別
  ・マスメディアのコントロール
  ・安全保障強化への異常な執着
  ・宗教と政治の一体化
  ・企業の力の保護
  ・抑圧される労働者
  ・知性や芸術の軽視
  ・刑罰強化への執着
  ・身びいきの蔓延や腐敗(汚職)
  ・詐欺的な選挙  』

アベシンゾー政権の1日も早い退陣を願いながら今日のブログを終了します。

    雪消えて雪に埋もれた銀杏の実二十個拾い電子レンジに

まだまだ雪が・・・

アッと目を疑う

 今朝、起きてカーテンを開けたら「アッ」と驚いた。外が一面真っ白なのである。
P4110336.jpg
なかなか春は来ないですね。
 朝方は道路がシャーベット状。冬タイヤから夏タイヤに交換した人はかなり焦っただろうなぁ。午後になれば雪もとけて道路も普通の状態になったので一安心だったと思うが・・・。
 やっぱり夏タイヤの交換はもう少し先にすることにした。


朝からサクラダ五輪復興相の話題でテレビのワイドショーは大騒ぎのようだ。あのような人材が適材適所、余人を持って代え難いなどなど言いながら登板させたアベシンゾーの任命責任が問われなければ日本は融けてしまう。
それにしてもテレビのコメンテーターが言う「野党がふがいない論」はおかしいと思う。そうじゃないだろう。アベシンゾーの体たらくや非道さにこそもっと踏み込むべきだと言うべきだ。と、テレビに文句を言っても仕方がありませんが・・・。アベシンゾー一味はマスコミには徹底的なプレッシャーをかけているのだからそんなに非難の報道はできないんだろうとは思う。
だからこそ国民に気づいてもらうしかない。あきらめないことだとあらためて思う。

本日のブログはこれにて終了です。

   梵天(ぼんでん)の形は男の一物と言われて気づくジャサー!の意味

悼・ケーシー高峰

ひさしぶりの駒ヶ岳と鳥海山

 長野に住む友人から電話があった。
「オーイ、こっちは大雪だぞ」
「エーッ?!そりゃ大変だ」
 我が南外村は肌寒いのだが気温は10℃を超えている。関東地区から甲信越にかけて秋田よりも気温が低いという地域が逆転したような妙な天気。まぁ、こんなこともあるんでしょうね。
 だからかどうかは知りませんが今日は久ぷりに真っ白な駒ヶ岳が北にと鳥海山が南にボーッと見えていた。まずは秋田駒。
P4100336_stitch.jpg
そして、鳥海。
P4100338.jpg

 川岸に生えている木々の緑は少しずつ色を増してきている。でも、写真に撮ろうとすれば密やかな緑が写らない。写真に緑が写り込むにはもう少し待つ必要があるかもしれない。


もったいないナァ

 午後9時頃。臨時ニュースが流れた。サクラダ五輪・復興担当大臣が辞表を提出したとのこと。今朝のラジオを聴いていたら宮城県気仙沼出身の生島ヒロシアナウンサーの番組でサクラダ大臣が「石巻」を「いしまき、いしまき」と三回も言ったと憤りの話をしていた。それを聴きながらボクは話しにならねーなぁと思っていた。
 今、沖縄で衆議院の補欠選挙がおこなわれている。そこに自民党から立候補しているシマジリという女性(北方担当大臣だった)が北方四島の歯舞色丹を読めなかったことから追及されて辞任。その後の選挙で落選ということになった人である。それに似たようなもんだと思ってボクも朝からそんな大臣なんかいらんと思っていた。
 ところがサクラダという人は素晴らしい。今日の夜に開かれた岩手県出身の自民党のタカハシヒナコとかいう議員の激励会に出て「岩手県の復興よりもタカハシヒナコの方が大事です」と言ったとのこと。
 その発言が引き金になって辞任劇に向かったようだ。
 それにしてももったいないなぁ。サクラダのバカッぱなしを聞けなくなるのは寂しいのである。と、書いておこう。アベシンゾーの任命責任の大きさが問われるのだ。
 先日のツカダ副大臣の辞任、今回の適材適所とアベシンゾーが言い続けたサクラダ大臣の辞任。ゆるみそのもの。次第に第一次アベ政権に近づいてきた。それでも支持率は50%近くあるとは・・・。
 日本の人たちよ。あなたの一票でアベシンゾー政権に審判を下しませんか?


それよりも残念なことがある。
ケーシー高峰氏の逝去である。彼のお色気漫談は素晴らしかった。
先日、録音していた『爛漫寄席』でケーシー高峰氏の漫談を聴いたばかりである。それは2019年2月17日仙台市の東京エレクトロンホール宮城で公開録音されて3月上旬に放送された内容だった。
山形出身のケーシー氏。一層ズーズー弁が冴えてバンバン笑いをとっていた。貴重な人を亡くしたと思う。残念至極である。
仙台でのギャグの一つを思い出しながら書いておこう。

『前立腺が肥大するのは年をとったら仕方がないんですよ。どんなに竿をにぎってでろでろと言っても出てきません。
 でも、前立腺肥大の人たちが何人か並んで号令をかけると突然スーと出るようになるんです。
 その号令は「尿意ドン」』
 文字にするとたいした面白くない。しかし、彼の絶妙の間で語られると会場大爆笑。
 生前に放送されたラジオの貴重な音源。保存しておかなくては・・・。合掌


本日のブログはこれにて終了です。

   悩むって辛くて重いことだけどそれってとても大切かもね
   川端の木々の緑は増してきて徐々にキャンバス天然色に

入学おめでとう!

今日、わかちゃんの小学校一年生の日である。ジジバカも嬉しくて飲みすぎてしまった。写真もないのだが入学おめでとう!と書いておこう。

青と赤

写真がないとブログらしくないので一応・・・・。
朝方、雄物川河畔で見た空。
P4090337.jpg

そして半日が過ぎて雄物川から数㎞進んだ場所で見た夕焼けがこれ。
P4090349.jpg

晴れましたが気温は冷たい1日です。でも心はわかちゃんの入学で温かいのであります。

夕方から、わかちゃんの入学祝いで呑んでいましたのでこれにて生存証明。


  そうなんだぁあのわかちゃんが一年生ただフフフフと酒も旨くて

『バッシング』を観て

散歩にでる

 午後から天気も良くなったので散歩にでてみた。
 約1時間ほどウロウロと歩いた。我が家を出てから同じルートを通らないようにグルーと一蹴するように歩くことにする。湯ノ又-湯神台-中野-薬師堂-金屋-湯ノ又ルートです。

 南外村中野地区から薬師堂方面の田んぼを見た時に何じゃあこりゃあと思った模様がついている。
P4080339.jpg
トラクターでリズミカルに走った跡だとは思うが規則的に動いているのである。
 ウーム、ナスカの地上絵かよぉと少し感心。じゃあ何に見えるの?と聞かれたら「ダンゴムシを横から見た図」と答えたいが・・・。まぁどうでもいいんですけれどね。
 薬師堂方面に降りてトットコトットコ歩いて行ったら紫の小さな花が咲いている。この春になってから野外で色のついた花を見たのが初めてである。
P4080342.jpg
 薬師堂をもう少し行ってから楢岡川の土手を歩くことにした。水門のところに階段があったので降りてみる。
P4080343.jpg
雪解水を集めて流れる楢岡川である。
 さらに土手っぷちを行くとネコヤナギが花をつけている。
P4080345.jpg
本格的に春になるんだろうなぁと思わせてくれた。

 メインルートからは外れて歩いたこともあるが、およそ2.5㎞歩き出会った人が一人もいなかった。さすが我が南外村はひっそりとしてとてもいいのである。と、書いておこう。
 超早春なので草がまったく生えていないし気温も低い。もちろん虫類もまったくいないのでフラフラ歩くのには最高のコンディションだった。久しぶりの散歩はなかなか楽しかった。


昨日の統一地方選。予想どおりと言いますか波乱は何もなく終わってしまった。
消費税が10%に上がるというのにもかかわらず。日本政府が忖度や捏造などで日本が融けかかっているのにもかかわらず。何となくファシズムや戦争の足音が聞こえてきそうなのに。日本の人たちは「今さえ良ければいい」と考えているのかもしれない。こんな悲観的な考えになる。
でも、あきらめることはないですね。悲観はしてもあきらめちゃいけないってことだと思うのです。

夕方から通常のテレビ番組を見るのも嫌なのでこの前BS-TBSで録画していた『バッシング』というドキュメンタリーを観た。

リベラルなことを言う大学教授をバッシングする政治家(自民党)。働き方改革に異を唱えた大学教授をバッシングする政治家(自民党)。リベラルな発言をしている弁護士に対する大量の懲戒請求を出させるブログの主の無責任さ。『月刊HANADA』の編集長のバッシング体質などなどが報じられた。
この番組のエンドロールの後に流されたテロップをコピーしておきたい。

『当番組は放送前、ネット上で一部の人々から標的にされた。先月末(2018年11月)から6日間、取材者を名指しするツイートの数は5000件を超えた。
その発信源を調べるとランダムな文字列のアカウントつまり「使い捨て」の疑いが一般的な状況に比べ3倍以上も存在した。およそ2分に1回ひたすらリツイート投稿するアカウントも複数存在した。
取材者を攻撃する発言数が最も多かったのは「ボット」(自動拡散ソフト)の使用が強く疑われる。つまり限られた人物による大量の拡散と思われる』

テロップはナレーションもなく文字だけがでてくる。それだけ番組製作でも放映でも多くの圧力がかかったことを推測できる。今、日本では表現の自由のはき違えによるヘイトが蔓延していると言える。ヘイトの行き着く先はナチズムだと言われる。そんなことを考えさせてくれる番組だった。今の状況を記録しているDVD保存しておかなくては。

最後に『銀河英雄伝説』に書かれた言葉があったので引用します。
『国家というものは、下から上へ向かって腐敗が進むということは絶対にないのです。まず頂上から腐りはじめる。ひとつの例外もありません』
今の日本の政治状況をあらわしていると思えて仕方がない。再度、書きますが次に期待してあきらめないことですね。

本日のブログはこれにて終了です。

    ノブ君ちの裏を通って散歩です吠えてた犬が消えてしまった
    一時間散歩してみて誰一人すれ違わぬ村悪くはないね

合格点は?

相変わらず不安定な天候

 今日も曇ったり雨が降ったり晴れたりと春らしい?不安定な天候である。とりあえず曇り空を見上げた1枚。
P4070336.jpg
何の取り柄もない写真ですが・・・。
 新聞を見たら秋田市内では高校野球リーグが始まったようだ。少しずつ温かくなってくるんだろうなぁ。


評価点・・・

 秋田魁新報4月3日付に今日投開票があった秋田県議会選挙に立候補したり無投票当選した人たちに『ここが聞きたい』として全2面にわたってアンケート結果が掲載されている。
WS000081_20190407215818957.jpg
次の点について賛否を聞いている。
 1.佐竹県政の採点 2.人口減対策の評価などなど10項目についてである。
 その中で佐竹県政の採点は100点満点でつけるようにアンケートしている。このことについて昨日のでんでん大将さんのコメントに
『県議候補者の知事の評価が載ってました。百点満点が何人かいて、唖然としました。少なくとも、こうであるべきだとの動機もないのでしょうね。点数を知事に与えるために出馬は、まったく支持出来ません』
と、書いてくださった。
 ボクも100点満点をつける議員候補者の気持ちがまったく理解できないし知事を「ヨイショ」するだけの議員だったら不要だと思った。
 そこで物好きにも新聞に掲載された点数をExcelに打ち込んでみた。
 その結果、佐竹知事を評価する点数の平均が72.1点とでた。それじゃあ各政党ではどんな具合かを見たら次の表のようになる。
秋田県議会議員佐竹評価点数
これを見ると合格点を60点とすれば共産以外は全部合格点を与えていることだ。いや、待てよ県民にとっての合格点は90点以上なければダメなのかもしれない。そんなつもりで点数をつけたんだろうか。そんなわけはないよなぁ。あくまでも忖度だろう忖度。
 じゃあボクが佐竹知事に点数を書けと言われたら20点程度と答えるだろう。
 WHY?
 イージスアショアの対応の最悪さ。未曾有の大雨被害の対応の悪さ。大王製紙の誘致担当だった時のことを根に持っていまだに少子高齢化は反対運動にあったなどと文句を言っていること。まだあるんだろうが・・・。

 新たに秋田県議会議員になる人たちにはお願いしたい。しっかりと秋田県を盛り上げてくれることを願いたい。もちろん、県民の目線をしっかりともってだ。期待薄だが・・・・。


昨日、久しぶりに本店の社長に会った。いろいろと話をして楽しかったですねぇ。帰りに仙台銘菓「萩の月」をいただく。彼がこのお土産を手渡すときに頭を手でパンパンと叩きながら
「ハゲの月っす」
「ありがとうっす」
と、ボクも頭をポンポンと叩いて受け取った。
P4070337.jpg
ゴチになります。確かにお月様のようですね。

本日はこれにてブログは終了です。

   数学を突然スキになったとき二次関数が見えてきたとき

無投票の虚しさ

時雨模様

 今朝も朝からアラレが降ったり雨になったり晴れたり大騒ぎの天気。午後から少し晴れたので空を1枚。
P4060340.jpg
風も強い強い。それでも気温は10℃を超えているので風さえ収まればほんのりと温かい。

 そんな状況なので久しぶりに金魚たちの水槽の掃除をやった。水温は18℃前後。6年くらい育っている4匹である。
P4060339.jpg
6年ほど前にとわちゃんが金魚すくいでゲットしてきた3~4㎝程度の魚体が今では最大のヤツが15㎝以上にはなっていると思う。
 生き残った4匹は不思議に丈夫な連中である。


イチローは素晴らしい。アベシンゾーやガースーが国民栄誉賞をあげるからね。と、猫なで声で言ったのだが断ったという。これで3回目の断りという。イチローはいいですねぇ。
だいぶ前のことだが世界の盗塁王と呼ばれた福本選手も国民栄誉賞を断っている。その理由が「たちションベンもできなくなる」ということだから彼もたいしたもんだ。
国民栄誉賞なんかアベシンゾーたちの忖度政治などを批判されることから目を他所に逸らさせるために使われているに過ぎない。そんな客寄せパンダのような立場になるのをスパッと断る気概がいいなぁ。

今朝の秋田魁新報も朝日新聞も塚田国交副大臣の辞任(魁では更迭と書いている)を一面トップで報じた。しかも、社説では秋田魁新報が『塚田副大臣更迭 私物化ならば許されない』、朝日新聞は『塚田氏辞任 政権のおごり改まるか』とアベシンゾー・アソー道路のことを書いている。
彼らの「私物化」「利益誘導」などの傲慢さは永久に直らないだろう。
そう言えば昨日のニュースで流れていたがアソーが記者たちのぶら下がり取材の時に、どこかの記者が
「ご迷惑をおかけした・・・」
と質問しようとしたらアソーは顔つきを急変させて
「はぁー?大きな声で言えや!」
と、恫喝したのである。
なるほどね。子分の塚田副大臣が発言した内容に「私の背中には麻生太郞と入れ墨がある」というような話をした。つまり、アソーなどはいわゆる反社会的集団の一味ってことだと思った。
その場面を見て無性に腹が立った。理不尽な扱いを受けているのは記者であり、記者につらなる読者であり視聴者である。つまり国民なのだ。どうして記者たちは抗議しないんだろう。ふざけるんじゃないと言うべきなのだ。その恫喝を徹底的に報じるべきだと・・・。
主権者である国民が平等に持っている一票の権利を使うべき時が来ていると心から思っている。

まずは明日の地方選だが、残念ながら我が地区では無投票が決まった。困ったもんだ。


本日のブログはこれにて終了です。

    投票を行使することままならぬ無投票決定入場券破棄
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR