刈和野大綱引きにて

劇的な逆転勝利

 昨夜の刈和野大綱引き。40分ほど引き合った大勝負だったとのこと。
 午後9時に綱引きが始まった。
P2100338.jpg
はじまってすぐに五日町(下町)側はズルズルと二日町(上町)側に引っ張られてゆく。
 10分ほど経過したら50メートル近くは向こう側に行ったと思う。こりゃあ負けだなぁとボクは見物人として思っていた。ここまで書いていて
「オイオイ、オメーは引っ張らなかったのか?」
と、お思いでしょう。
 その通りです。ボクは次の日の筋肉痛などを考えて引っ張らないことに決めていたのです。なんとまぁ狡いことか・・・。
 ところが・・・。しばらくすると負けていた下町側の大綱がズルッズルッと戻ってきているではありませんか。エーッ?と思っていたら少しずつボクの立っている場所まで綱はたどり着いた。
 すると引っ張っている女の子二人が
「センセーッ!何見てるのっ!引っ張ってーー」
叫んでいる。アリャリャ、生徒たちである。
 こりゃあ引っ張らなきゃと思って縄につかまった。秋田弁で言えば「タゴヅイダ」のである。で、数分「ジョヤーサノ」と引っ張っていたら少しずつ少しずつ綱はこちら側に引っ張られてくる。でも、疲れたので
「まずはゴメンよ」
綱を離れたら若い男の人が
「タゴヅゲ。引っ張って」
ボクに目を合わせて言うではありませんか。こりゃあ引っ張らねばとヤバいなぁと思い、もう一度タゴヅイダのである。
 結局、それから何分引っ張ったのだろう。最終的に勝利まで引っ張り続けた。
 まぁ、勝ち馬に乗ったような感じなのだが妙に気分が良かったなぁ。それはともかくとして今回の大綱引きは稀に見る大勝負だったと言われる。しかも、大逆転である。
 新聞には8000人の綱引きと書いている。引っ張る人たちの上には汗で湯気が上がっていた。すごいエネルギーだなぁとあらためて感じた次第。
 まずは良かった良かった。


地温が上がっている。
今日も真冬日だった。しかし、除雪した後は地面が見えるとどんどん雪が融けてゆく。
P2110339.jpg
確実に大地の温度が上昇している証拠だと思う。
毎日少しずつ積雪はあるが「春」は近くにそっといるような気がする。


本日のブログはこれにて終了です。

    「見でねーでたごづいでけれ(綱につかまり)引っ張って!」声の飛び交い我もたごづぐ(綱持つ)

刈和野大綱引きへ

これから出発

 今日は恒例の刈和野大綱引きの日。道路には幟旗が立てられて大綱引きの宣伝をしている。
P2070337.jpg
これから出かけます。
 実際の綱引きは午後9時からスタートだがそれまでに景気づけのために一杯呑んでから綱引き会場に向かいます。数千人の人が綱引きをする勇壮な行事。
 もっともボクは綱引きよりも一杯呑みの方が主力ですが・・・。妙に綱を引くと負けますので見守りをすることにします。

 と、言うわけで本日のブログは早めにアップしてGOです。

海は恋してる

ザ・リガニーズ

 今日は秋田市のアトリオン音楽ホールで『森の音楽館』主催のピアノ発表会があった。
CCI20190209.jpg
とわちゃんとわかちゃんがピアノを習っている教室の主催である。

 このピアノ教室では毎年一回、地元協和町の「和ピア」で開催している。だが、5年に一回は秋田市のアトリオン音楽ホールで発表会を開催しているとのこと。豪華ですねぇ。
 アトリオンの音楽ホールには初めて入った。巨大なパイプオルガンがあるホールで知られている。ホールに入ったらステージの上に巨大なパイプオルガンがありました。
P2090336.jpg
パイプオルガンに合わせたホールなので天井の高いホールなのだろう。

 発表会はピアノ教室の幼稚園から高校生いや一般人までのピアノ演奏がメインである。それぞれの子どもたちの成果の見せ所なのだ。
 ピアノ教室の先生がとても粋な人でコラボの演奏も企画してくれた。そのコラボにとわちゃんとわかちゃんのジジバカにも声がかかった。
 じゃあ、ファミリーバンドで演ってもいい?と聞いたら、OKと言ってくれた。そこで何にしようかなぁと思いいろいろと考えた。最近、とわちゃんとわかちゃんがはまっているクイーンの「we will rock you」にしようかなと思って提案したら「ドンドン,バッ」と足を踏みならしながら演奏するのは無理かも・・・・との話もあった。孫二人とも乗り気だったが考えてみれば、演奏もノリだけではとても難しいのでやめました。
 次に考えたのは僕の亡き弟が大好きだったザ・リガニーズの『海は恋してる』だった。その理由はなぜか?
 その理由は弟が亡くなる一週間ほど前のことである。彼の意識はほとんどなくなってしまい危篤状態になった。鎌倉に住んでいる妹も駆け付けた。
 その時に妹は
「オメの好きだったザ・リガニーズの海は恋してるを歌うど」
と、語りかけながら病室で
「♪海は素敵だなぁ  恋しているからさ・・・」
歌い始めた。もちろんボクも一緒に歌い簡単なコーラスをつけた。
すると危篤状態だった弟が口を動かし始めたのだ。

 それ以上の奇跡はおこらなかったが・・・・。その場面をとわちゃんとわかちゃんも一緒に見ていた。その歌を「おじちゃんが好きな歌だ」と二人とも知っているので、これにしようと提案したのである。

 それで良いんじゃないでしょうか。と、OKになったので本日ファミリーバンドで演奏することにした。
 演奏の小道具としてピアノの先生の提案で「オーシャンドラム」と呼ばれる波の音発生装置(わかちゃんが持っているタンバリンのようなもの)とコーラスをわかちゃんとババが担当。とわちゃんかウクレレ。とわちゃんとわかちゃんのお父さんがギター。そして僕がギターとメインボーカル。
P2090349.jpg

 約3分間の演奏。弟の良い供養になったかもしれない。と、書いておこう。

 それにしてもアトリオンホールで演奏できるとはありがたいなぁ。考えてみりゃあただの目立ちたがり屋かもしれない。帰りに皆に回る寿司屋で御馳走をしたのでありました。ハイ

本日はこれにてブログは終了です。

    弟の好きだった歌孫たちと歌っているうち声がつまりて

史上最強の寒気とか

寒い1日

 今朝、わかちゃんが保育園に行けないということで我が家に来ることになった。迎えに行く途中で車の中から空を一枚撮影。
P2080337.jpg
太陽が顔を出しそうな感じである。しかし、その上に光が伸びている。小さな雪の粒に太陽光があたり光っているのだろう。こんな日は荒れるのが常である。
 わが車は神宮寺になってから突然のホワイトアウトに襲われる。目的地は300メートルほど前にあるのだが。たった300メートルが吹雪で視界がゼロになってしまう。立ち止まるのも危ないし,突っ込んでゆくのはもっと危険だ。のろのろと左側にあるはずの紅白のポールを探しながら進んでゆく。
 こんなホワイトアウトに遭うと時間が永遠に感じてしまう。オレはこのホワイトアウト地獄から抜けられないかもしれないと・・・・。それでも何とかかんとか抜け出してわかちゃんが待つ場所に無事たどり着いた。

 それにしても寒い1日だった。おそらく最高気温はマイナス2~3℃前後だったろう。いや、もっと低かったかもしれない。
 テレビニュースでは「史上最強の寒気襲来」と報じている。北海道(札幌)では40年ぶりに最高気温がマイナス10℃以下だったとのこと。寒い寒い1日だった。
 やはり、立春の頃は1年間で最も寒い時期というのは正解だなぁと思う。ここ2週間を乗り切れば楽になるんだろうが・・・。


本日はこれにてブログは生存証明です。

    立春を過ぎて最強寒気来る温暖化など素知らぬ顔で

素敵な冷蔵庫?

そうは問屋がおろさない

 ここ2日ほどハクチョウが見えたりカモ類が見えたりした雄物川。それじゃあと双眼鏡や望遠レンズを持って仕事先に向かった。楽しみ楽しみ・・・・。すると何ということでしょう。
 今朝は1羽もいないのである。ただ、雨の中に雄物川が流れているだけ。頭の中には昔の歌
「そこにはただ風が吹いているだけ」
がリフレインしている。
P2070336.jpg
そうは問屋がおろさないってことだなぁとつくづく感じたのであります。

 昨夕から気温が微妙に下がり路面は凍結していた。ブラックアイスバーン状態。これはヤバいなぁと思いながら昨夕は濃霧の中を車で走っていた。
 今朝、通勤に向かう途中のラジオを聴いていたら秋田道が横手-大曲間で通行止めになっているとアナウンサーが報じている。絶対にスリップ事故だと思っていたら案の定である。幸い死傷者はなかったようだ。事故はガードレールや道路を隔てているワイヤーロープなどに6~7台の車がぶつかったという。開通までは数時間要したらしい。
こんな時期に道路が黒く見え始めたときこそ危ない危ない。気をつけなければ。

今日は秋田市で短歌の会議(こんな会議に出るようになってしまった。猿もおだてりゃ木に登るってやつです)に出るので午後から向かった。
ま、とにかく会は終わってから帰ってきた。妙に疲れた会議だった。猿は木から降りたくなったような会議だったが・・・・。それでもいつも「母さん」と呼んでいる旧友とも会えたのでそれは良かった良かった。

ちょっと疲れ気味なので瓶ビールを雪に突っ込んで貰っていた。万が一、積雪があればビールは行方不明になる恐れはあるが・・・。なかなか素敵な冷蔵庫である。
DSC_0765.jpg
冷えすぎの感はあるが美味しくいただきウロウロしている。

録画されている国会中継を見ていたがアベシンゾー一味のバカッぷりに呆れてしまい寝てしまった。本日はアベシンゾーのパカッぷりにはコメントなしであります。

と、言うわけで本日はこれにてブログは終了です。

     A型で閉鎖されてたA組は全員復帰でAのわれ行く

森羅万象とは・・・

今日も川面は

 昨日、ウミアイサについて書いたが望遠レンズもなく写真は撮れなかった。今朝も川面にはハクチョウやカモ類が泳いでいる。1羽だけ白っぽいカモ類がいる。
P2060337.jpg
これがウミアイサの♂だと思う。
 水辺の芦によってカモの頭部の詳細はかくれている。もし見えたらボサボサ頭が特徴なんですけれど・・・。明日からは車に双眼鏡を積んでおこうと思っている。もちろん安物の望遠レンズも。

通常国会の予算委員会が参議院に移った。仕事があるので全部は見たり聴いたりできないがラジオでちょっと聴いたらアレッと思ったことがあった。
それは野党の議員が今回の統計偽装についての報告文を読んだのかと、アベシンゾーにたずねた。するとアベシンゾーは次のように話した。内容はボクの記憶です。
「私は森羅万象について担当しているのですべての書類に目を通すことはできない。だから今回の報告文は読んでいないが担当から口頭で聞いている」
こんな感じだった。
総理大臣だからすべての文書に目を通すことはできないだろうと一瞬思った。しかし「森羅万象?」と違和感を持った。だって森羅万象って宇宙全体を示しているのだ。つまり、日本の総理大臣という男は宇宙全体を知り尽くしているのかよぉと感じたからだ。
アベシンゾーが森羅万象を知っているとは・・・無理だ。ラジオだったから原稿を読んでいたかどうかはわからない。もしも原稿を読んでいれば「森羅万象」なんて言葉を作文をする官僚は使わないだろうなぁとも感じた。
この人は絶対にダメだ。言葉を知らないし政治家としての知識もない。以前、「ポツダム宣言もつまびらかに読んでいない」と総理大臣とも思えない発言をしたことを思い出す。つまり、まともではないと、つくづく思ってしまう。もちろんアソーという男もだが・・・・。ガースーもだしなぁ内閣全部だゼ。国難はアベ一味であると書いておこう。


夕方、協和町の和ピアでピアノ練習をするとわちゃんを待っていた。夕方5時になったら周囲はどんどん霧に包まれてしまった。
DSC_0764.jpg

南外村に帰る途中も濃霧で車は時速40㎞以下でのノロノロ運転。雪も怖いが霧も怖いなぁ。

本日のブログはこれにて終了です。

    何となく喉と頭が痛くなり今日は嫌いな葛根湯を

ウミアイサの頭がカッコいい

晴れ

 高気圧の張りだして朝から正午頃までは晴れだった。青空が出て「光の春」だなぁと思わせてくれた。
P2050340.jpg
写真は湯ノ又から矢向峠方面を見た景色。
 真っ白な雪原(と、言うほどでもありませんけれど)が輝いている。積雪も30~40㎝前後だと思うので田んぼの畦道がくっきりと見えているのが尚更まぶしく感じる。

 今朝、職場に向かうときに西板戸付近の雄物川をチラッと見たらハクチョウが休んでいる。いつも通っている雄物川で初めて見るハクチョウたちだ。
P2050336.jpg
 車を駐めて写真を撮って走り始めたら2羽のウミアイサが飛んできて川面に降りた。ボサボサでピーンと後に伸びた頭部が印象的である。
 やはり、少しずつ季節が変わってきているのかもしれない。と、思った。


奇跡のレッスン

 金曜日(2019.2.2)にNHKのBS-1で放映された『奇跡のレッスン マラソンの魔術師 レナート・カノーバ』を録画していたので夕方から見始めた。
DSC_0761.jpg

 これがおもしろいかった。74歳でイタリア出身のマラソンコーチであるレナート氏の「奇跡のコーチ」である。レナート氏は世界一の2時間1分台のマラソンランナーなどアフリカの選手を長い間指導してきたコーチとのこと。指導を受けた選手たちは40個以上のメダルに輝いているという。
 番組は東京の中学校の陸上競技駅伝部に一週間つきっきりで指導した内容である。
 駅伝に取り組む中学生たちを「足はつま先からつくように」とか「腕は90度で無駄にふらない」とか「スタミナの大切さ」などを教えてゆく。
 「苦しさの先に、めざすものがある」ということはウームとうなった。長距離は当然苦しい。その時に自分をどうやって乗り越えてゆくかが大切なのだと中学生に問いかけてゆくレナート氏の姿勢が良かった。
 そして、陸上はタイムによって自分を乗り越えられるスポーツだという。さらに「9分で1位になるよりも、自己ベストの8分15秒で6位になることがズーッと大事なことだ」とも語りかける。つまり、勝つことばかりではなく自分を超えられるかどうかがとても大切なことだよ。と、メッセージを発する。
 最後に昨秋おこなわれた東京都の駅伝大会の模様が流された。レナート氏の7日目のコーチの日である。その結果はちょっと涙がこぼれる内容だった。
 ボクは駆けっこは全然ダメ。子どもの頃から常にビリだった。そんな人間でも「あきらめない」「自己ベスト」「考えよう」という言葉にはとても元気づけられたのであります。保存版のDVDにしておこう。
 まさに奇跡のレッスンだった。


国会中継。アベシンゾー一味は相変わらずのノラリクラリ戦法。挙げ句には衆院で強引に(強行採決ではなかったが・・・)予算案を通してしまった。
アベノミクス疑惑の「不正統計」についても必死になって詭弁を弄している。早くアベシンゾー政権の退陣を願いたい。

本日のブログはこれにて終了です。

    雄物川(おもの)ゆくヤンキー頭のウミアイサ憧れますよオールバックに

姑息な手段ですねぇ

立春

 トイレに貼っている『楽知んカレンダー』には
「立春:一年中で一番冷え込む日。江戸末期まではこの日が新年最初の日とされていた。年賀状に「迎春」などと書くのはそのなごり」
と、書いている。
 ところが今朝は妙に温かく気温は5℃前後だったのではないかなぁ。ただし風は強くてピューピューと窓ガラスを揺らしていた。しかし、それからは気温も上がらず午後からはチラチラと雪が降り始めた。
 夕方頃にとわちゃんと一緒に協和町まで出かけた。彼女のピアノ発表会があるので練習につきあった。終了が午後5時前だったがその時には北風は強いが雪は降っていなかった。うっすらと夕焼けが見えている。
P2040336.jpg
そんな立春ですが日暮れは夕方5時頃まで日脚が延びたので「光の春」は着実に訪れているのは間違いない。

 立春はまだまだ寒いのはよくわかる。突然ですが季節を半年進めると8月4日で立秋になる。この時期は1年で最も暑い季節になっている。つまり、冬至から約1カ月半、夏至から約1ヶ月半過ぎた前後が1年間で最も寒い時期と暑い時期になるってことだ。海水(つまり、水)の温まりにくく冷めにくい性質によって暑さ寒さが太陽の動きと若干ずれるためらしい。
 もう一カ月の辛抱ですね。


今日から国会で予算委員会が始まった。自公の質疑は聞くに値しないし時間がもったいない。午後から立憲民主党の議員の質疑があった。全部を見ることはできなかったが一つだけ気になったことを書いておこう。
それは統計処理の誤魔化しをやったと言われる厚労省の役人を参考人として呼ぼうとしたら別の部署に転勤させたとのことだ。要するに参考人招致には応じないという政権の姑息な手段だ。とにかくアベノミクス偽装とも呼ばれる厚労省の統計処理不祥事を誤魔化し続けようとする意図が見え見えなのだ。
最近、アベシンゾーの答弁で目立ったのが
「連合のデータでは賃上げができている」
と、言う。
オイオイ、君たちが敵対している組合のデータを自分たちが命令して作業させているデータよりも重視するのかよと思っていた。人のフンドシで相撲をとるなよとも・・・。もう少し言えば、連合はどうか知らないが労働組合の組織率はどんどん下がっている。組合の組織率を下げるために権力者たちはどれだけのエネルギーをつかったことか・・・。そのデータを使おうとするアベシンゾーの姑息さに吐き気がしてくる。と、書いておこう。

話は変わるが、各社の世論調査ではこのようなデータ偽造については納得がゆかないという人が7割から8割を占める。政府の対応にも納得がゆかないという人も多い。ところがアベ政権の支持率は高い。おかしいぞ。絶対にどこかで「操作」がおこなわれているはずだ。どう考えてもアベシンゾーの支持率は一桁のはずだ。

本日のブログはこれにて終了です。

   「お父さんテレビに文句言ったって変わらないよ」わかりますけど

楽しいミーィングOK204

OK204ミーティング

 今日は千畑町にあるサンアールという温泉施設でOK204グループのミーティング。2月の第一週はこのグループの集いがあるのでとても楽しみである。
 ところでOK204とは・・・。大曲工業高校野球部(OK)の2000年夏の大会ベスト4になったので「204」と言う命名である。要するに野球部の父母会の同窓会と言えますね。
 それが面白い。卒業してから20年近くなる子どもたちの現在のことや孫のことなどを話しながら和気藹々と時間が過ぎる。
P2030358.jpg
今日はカラオケがないということでウクレレ持参で「栄冠は君に輝く」を歌ったのだが酔っ払って歌詞を失念しちゃいました。ま、それでも何とかお笑いの一曲をやらせてもらった。
 なんと心優しい保護者の人たちであることよ。感謝感謝である。

 ところで今日参加して下さったYUクンのお母さんからプレゼントをもらった。毎年、十二支でその年の干支の動物を革製品でキーホルダーを作ってきてくれたが今回は何ということでしょう。これです。
DSC_0760.jpg
ギター型の革製ピック収納ケースである。
 早速、手近にあるピックを入れることにした。こちらもありがたいですねぇ。大切にギターケースに入れたりギターに取り付けたりして使用します。

それにしても今日は楽しかったです。天気も良かったしね。

と、言うわけで本日は昼っから呑んでいた。帰ってからもウロウロと一人酒盛り。これにて本日のブログは終了です。

柿の実はどこへ行った

一斉に・・・

 昔、ギターを始めた頃にC、Am、F、G7のコードを必死に押さえた。そして歌は「花はどこへいった」である。英語の勉強にもなったし歌詞の内容を知ると反戦の歌ということがわかった。
 さて、ここから本題です。窓の向こうに柿の実がたわわに実っていた。そのことは12月5日のブログに書いている。その時の写真がこれ。
P1050336-1.jpg
ブログには「いずれ鳥の餌になろんだろう」と書いていた。
 今朝、何げなく見たら柿の実がすべてなくなっている。
P2020336.jpg

 アレッ?2~3日前にはあったはずなのに・・・。この柿の木に飛んでくる鳥はボクが確認していたのはヒヨドリ、カケス、カラス、エナガである。数日前まではほとんど残っていたはず。

 それが一斉になくなってしまった。「花はどこへいった」(ここで前振りが出てきますが・・・)ではありませんが「柿の実はどこへいった」である。前から「柿の実は鳥がやって来て一斉になくなるよ」と言われていたが何の鳥が来て平らげたのか確認したいと思っていた。しかし、残念なりわからずじまい。来年の楽しみにします。
 そんなわけで今日は朝方5㎝前後の積雪があった。日中は北風が強かったが積雪もなく過ごしやすい一日だった。助かりますね。


終日ウロウロとしていた。本日はこれにてブログは終了です。

     「払わねば法的手続きとる」という携帯メール即消去だゼ
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR