怒れ!『魁新報』

銀杏の実

 我が家の銀杏の木。ほとんどの葉っぱが落ちた。
PB140364_20201114221833419.jpg
この黄色の葉っぱの中にイチョウの実が落ちている。
 二日前から直接手を触れないようにストーブ用の火鋏を使って拾っている。昨日のブログの短歌っぽいのにも書いたが食い意地がはっているので拾うのをやめない。
 今年は30個もあればいいのかなぁと思ったら今のところ150個ほど拾った。もう少ししたらゴム手をしっかりとして実を取り出そうと思っている。イチョウ病にならないように・・・・。

今日もCOVID-19感染者が多くなっているようだ。こんな状況でもGO TOは自己責任でやる人はやってと野放しにする政権って何なんだろう?と、あきれてしまう。
今日、東北地区(秋田もいる)で感染した人の状況を聞いていたら他のエリアから移動してきた人も含まれていると報じている。これってGO TOかどうかはわからないが人の活発な移動による感染が拡大しているとド素人のボクでさえわかる。
GO TO野放しのような中途半端な政策ではなく、思い切ったCOVID-19対策をやらなければ政権が画策している東京五輪(とっとと中止しろ)だって絶対にできっこないと、仮説をたてておく。


今朝の魁新報に秋田県農業の将来をかけるとでも言える新品種秋系821の名称を発表イベントを『現地取材・テレビ局限定』でやると憤りの記事を書いている。
Screenshot_20-11-14_22-30-34.jpg
なにしろリードが『県、業者の言いなり』なのだ。つまり、東京でおこなうという新しい売り出し米の名称発表を業者の言いなりにタレントを使ってテレビ局だけで報じるという。
テレビ以外の新聞や通信社などはオンライン中継で様子を見せるだけと言われたらしい。地元紙の魁新報がゴシャグのは当たり前のことだろう。
この新米種の発表イベントを随意契約したのが『電通東日本』『秋田市内の広告代理店アートシステム』『JR東日本企画』。このイベントに2882万円の県税がつぎ込まれるという。
おいおい2882万円だよ。ふざけるんじゃネー。
しかも相変わらず出てくるのが『電通』。『電通』にどれだけ血税をつぎ込めばいいんだ。おそらく政治家たちにはキックバックもあるんじゃないかと邪推せざるを得まい。まして、地元新聞社の同席さえ許さないというのだからナァ。
今、大仙市では短歌や俳句大会等の文化活動に1万円程度の補助金をカットしている。時間給の本当に大変な人たちの雇用を行政から手放して委託業務にしようとする。
これと同じように県でも金がないから緊縮財政デスなどといいながら、こんな県知事しか目立たないバカ行事には2800万円超の支出を『電通』に委託する。ふざけねんじゃネーと書いておく。
もう一度、少し整理して書くと秋田魁新報のような地元紙が新品種秋系821のことを陰に日向にアピールしてくれていた。もちろん、名称募集のこともだ。『電通』『アートシステム』『JR』がどれだけ新品種についてはほとんど貢献していないだろう。それを、随意契約で発注して油揚げをさらってゆくようなことをさせる。まるでアベシンゾー、いやスガーリンたちのやったアベノマスクの亜流そのものだ。
魁新報。応援します。この問題はイージスアショア追及の時のようにバンバン書いてくれ。マスコミの範をもう一度秋田から見せてくれとエールを送りたい。

本日はこれにて。フーッ。

『大綱交流館』にて

刈和野へ

 今日は午後から刈和野にある『大綱交流館』で秋田県生涯教育・社会教育研究大会の記念大会があって出かけた。
PB130364.jpg
刈和野に新しくできた公民館の形を変えた『大綱交流館』である。
 障害教育が誕生して50年を超えたらしい。その50年を祝う会だと思いながら出かけたらなんと言うことでしょう。
 大きなテーマの割に参加している人は少ない。しかもステージには大きなスクリーンがドーンとあるだけ。ムムッこれはなんじゃい?と、思ってボクを誘ってくれた南外村のミサキさんに
「これってオンライン?」
「はい、案内状にあったはずですが・・・」
「ウーム、じゃあ南外村でも自宅でもエガッタンダァ」
「そうですけど・・」
結局、確認していないボクの方に責任がある。
 開会まで少し時間があったので新しい『大綱交流館』の内外を見学。
PB130365.jpg
外から見ると長い大綱引きの絵が描かれているが~スの反射でレンズにフィルターが入っていないためにこの部分しか写らない。実際には20mくらいの細長い絵である。
内側から見るとステンドグラスのように見える。
PB130368.jpg
と、言うわけで本日はオンラインの秋田県の会議に初めて出たのであります。
 ただ、秋田大学・岩手大学・東北大学の先生3人の社会教育・障害教育の話は興味深く聴くことができた。と、書いておきます。本当に良かったです。


それにしてもスガーリン政権はGO TOを絶対にやめないらしい。ボクの馬鹿な頭の中ではGO TOにかかわる大企業を優遇しているとしか思えない。
確かにGO TOをやめると零細企業は窮地に陥るだろう。だが、政治はそこを助けるのが基本だろう。大儲けできる人間たちだけを優遇したって日本はつぶれるだけだ。そして、死屍累々とはいわないがCOVID-19感染は全国津々浦々まで浸透する。やがて日本は欧米各国のような事態になると仮説をたてておきます。理由はズーッと書いたからいいでしょう。スガーリンたちの壮大な実験結果は果たして・・・。科学の仮説は実験によって決まりますからねぇ。
当たり前の話だが、こんな時だからこそ金持ちたちから徴税して貧乏人を助けるくらいのことをやれよ。もっとも金持ち企業から献金をもらっているから自民党・公明党政権は絶対にやらないだろうが、本当に日本を考えているのかよぉと書いておく。

アーァ、今日も不毛なことを書いてしまった。これにてクタクタです。本日のアマチュア無線も書けないなぁ。明日にでも・・・

 小春日に落ちた銀杏を拾ってる「かぶれを忘れた」欲深き我

拒否拒否拒否拒否・・・・

インディアンサマー

 今日は小春日和。いわゆるインディアンサマーとも言える一日。朝方、我が家の紅葉は朝日に浴びて真っ赤になっている。
PB120364_20201112221103954.jpg
夕方、帰宅途中の刈和野で西空を見たら太陽がもうすぐ沈む時間帯。
PB120365_20201112221102ab8.jpg
真っ赤な夕焼けがもうすぐ始まった。
 朝夕、真っ赤に染まった南外の好天も明日はくずれるとの予報。天気の移り変わりの激しい季節になった。


COVID-19猛威か?

 今日の全国のCOVID-19感染者が1600人越えで8月以来の高水準とのこと。間違いなく第三波の襲来だ。
 ところが政府は「第一波とか第二波とか第三波とかは考えていない」などとわけのわからないことをご飯論法カトウが話している。秋田でも2人の感染者が出ているので全国に感染者は万ぺんなくばらまかれつつある。カトウの話つまりスガーリン政権には危機感が皆無とは言わないがほとんど見えてこない。
 あのオミという専門家が緊急事態宣言にならないためには「個々の対策が大切だ」などのようなことを語っている。オミが言うべき事は「GO TOはとりあえずやめるべきだ」と政権側に言うべきことだ。
 ところが、昨日のブログにも書いたがオリンピックをやるためには「なりふり構わず国民の感染などは関係なく」COVID-19を野放しにしているとしか思えない。この政権にCOVID-19の対策を期待することが無理かもしれない。
なにしろアベノマスクの260億円が会計検査局から税金の不適切な使途だと指摘されないくらいだからなぁ。あのヨッタラネマスクでCOVID-19対策は済んだと思っているのだろう。
 COVID-19猛威のこれからは各種GO TOを即刻中止すべきだということだ。


スガーリンの真の姿

 今朝(2020.11.12付)の朝日新聞の風刺漫画に山田神さんが『全身、拒否というスーツで行けば・・・・』を発表していた。見事にスガーリンの真の姿を表現している。
Screenshot_20-11-12_22-01-45.jpg
 このスーツに書かれている『拒否』を書き出してみた。
『任命拒否 説明拒否 答弁拒否 異見拒否 友情拒否 意見拒否 指導拒否 学術拒否 苦言拒否 追及拒否 妥協拒否 謝罪拒否 柔軟拒否 好感拒否 流暢拒否 反対拒否 明朗拒否』
見事なものだ。で、ボクも考えてみたがもしかしたら「帰郷拒否」かもしれないなぁと・・・。横浜でどれだけヒドイことをやったのかわからないが週刊誌では追及をはじめている。完全に「横浜の人」になったってことだから彼の「拒否」を考えたんですけれどね。もちろん、私は彼のやり口を「拒否」しますが・・・。
 それはそうとスガーリン。相当の「強権体質」なことは間違いない。ただの頑固さではない。頑迷な男ってことになりそう。このまま続けられたら日本はとんでもないことになる恐れがある。早々に退陣して貰うしかない。


そうそう、マイナンバーカードを携帯電話とひも付けるような話が自民党では真剣に検討されているようだ。バッカジャネーの。そんな危険なことに乗る国民がいますか?いるわけないだろう。英語の構文ですけれどね。


本日はこれにて・・・。疲れました。

ラヂヲはいいねぇ

山が茶色になってきました

 我が家の正面にある大向地区の岳(だけ)山。
PB110364.jpg
色合いが茶色になってきた。先日の強風では散らなかったようだが、次回に強い風が吹けば山の枯れ葉は吹き飛んでしまうだろう。
 いよいよ冬ですね。周囲の家々も冬囲いがほとんど終わり雪に向けて準備万端の状況になってきた。


朝、起きてもテレビは見ない。オッカアがラジオをつける。
ラジコをオンにして5時半~TBSラジオの生島ヒロシを聞き、6時半からは『森本毅郎のスタンバイ』を連続で聴いている。テレビは8時~の『エール』を見るときにオン。あとは出勤する。
で、今朝の話。『森本毅郎のスタンバイ』でGO TO政策について賛成ですか反対ですかというアンケートを募集していた。オッこれはこれはと思い。バタバタとメールを打って送信。
このアンケート結果は『エール』が終わって8時20分頃から『森本毅郎スタンバイ・トークファィル』として結果と主なコメントを放送する。どれだけの反対・賛成がいるんだろうなぁと思い出勤前に聴いてみた。
するとなんと言う事でしょう。コメントの中で森本毅郎さんが
「秋田県の伊藤○○さん(ボクの名前)の意見は・・・・」
と、してボクの打ち込んだ内容を全部読んでくれたのである。
いやぁ、久しぶりのラヂヲ少年になってしまった。
最近、ラヂヲを聴いていると訳の分からないメッセージを連続で流していて、それを女の子が
「おにいちゃん、自分の投稿が読まれたからって何度も何度も録音を流さないで・・・」
のようなCMがある。つまり、にいちゃんが投稿したハガキが読まれたラヂヲ番組を録音して何度もリピートしているのを聞いているのを妹が煩いと言っているのだ。
それだけラヂヲから自分の投稿した内容が流れると嬉しいのであります。良くわかるのです。ハイ
そこで、どんな内容を投稿したのでしょうか。それは下の通りです。

『GO TOの一斉実施には「大反対」です
新型コロナウイルスを全国にばらまいているだけ。
政府はオリンピック(こんなのもやめてしまえ)をやるために
旅行をしても人がある程度集まっても問題はないでしょう。
と、既成事実を積み上げていると勘ぐります。国民のことな
ど全く考えに入れていないと思います。
もう一度書きます。 GO TO 大反対です』

この内容のほとんど(カット部分もありますが・・・)を森本毅郎さんの渋い声でピシッと読んでくれたのであります。これは嬉しいですね。さっき『タイム・フリー(聞き逃し)』で再度聴いてみた。もちろん、録音もして永久保存ですね。これで、あのCMのにいちゃんみたいに何度でも聴くことができるのである。ラヂヲはいいねぇ。

COVID-19はなおさらひどい状況になってきている。
先日、テレビで専門家と言われるオミという人が食事などの時のコロナ禍でのマナーを演じていた。
マスクのひもを左手で外し右手でハシやコップを持ち食べ物や飲み物を口に放り込んだらすぐに左手のマスクのひもで口をふさぐというのだ。そして、次に飲んだり食ったりするときには同じ動作をするとのこと。
オヤッ?これってオミ専門家に似せたお笑い芸人がやっているのかなぁと思ってテレビ画面を見たらどうも本人らしい。オミ専門家は本気でやっているんだろうなぁ。
おそらく、この専門家と呼ばれる人たちはCOVID-19を馬鹿にしているのだと思う。これじゃあ、コロナ禍の終息はまず無理だ、


学術会議問題も書きたかったが自分の投稿を何度も聞いているうちに酔っぱらってしまいこれにてダウンです。


本日のブログはこれにて終了です。

  『ショーシャンク』落ち込んだ時に観ています空と海との「青」が効きます

「GO TO」はやめろ!

雪が近づいてきた

 朝、勤務先に向かう途中の南外村西板戸付近。近くの山々にも雪が降って白くなっている。
PB100367.jpg
里にもひたひたと雪が迫ってきましたねぇ。

 やはり、勤務に向かう途中。南外村田屋村の小川には二羽のサギがいた。
PB100365_2020111021484431d.jpg
一生懸命に餌を探している白鷺(チュウサギ)と、オラァ知らねーヨとそっぽを向いているアオサギである。
 もう少し走った場所では洪水対策で河川敷の大工事がおこなわれている。だからかもしれないがサギ類も小さな川に来て餌を探しているようだ。
 こっちも冬ですねぇ。


それにしても日本人は優しいなぁ。11月に入っていろいろな世論調査の結果が出ている。軒並みスガーリンの支持率が高い。
しかも、日本学術会議の任命拒否問題について「問題意識」を持っている人たちがとても少ない。へーッ?!と思っている。
で、気づくのはテレビを中心とするマスコミ報道が「任命拒否」をそれほど扱わないってことだ。むしろ、中国に協力しているだの、10億円が高いだのという「デマ、中傷」を蔓延させているのだ。それだけ徹底してデマ・中傷をスガーリングループが流しているからだろう。
国会では今後も日本学術会議問題は徹底的に追及してもらいたいと思っている。


COVID-19について北海道(ばかりじゃないが)の感染が日本中に増えている。東京以外の地域にコロナウイルスが満遍なくばらまかれているのはGO TOの政策のためだ。これは絶対に間違いない。
今、スガーリンのやるべきことはCOVID-19対策のためにひっ迫している業者を助けることだ。それも一部の大企業ではなく中小企業や零細企業を面倒をみなくてだめだ。GO TOをやったら確かに地方の零細企業にとって一時的にはいくらかは助かるだろう。
しかし、それは新型コロナウイルスを全国に広めるだけだ。
今になってみればアベシンゾーが思いつきでやった「学校も含めてすべてをおさえこむ」政策が何となく良かったような気もする。
だからこそ、政府は余計な金を使わず困っている(困る可能性のある)人たちにまわすべきなのだ。

官僚の助けを借りなくては答弁ができないような首相ではダメ。無為無策と言われても仕方がない。とっとと辞めてもらいたいと切に願っている。


本日はこれにて・・・。

  片付けはいつも、捨てるか残すのか、「もったいないって?」思い切ろうゼ

一日、走り回ったなぁ

朝からドタバタと・・・・

 今日は強風で時雨模様。雨が降ったと思えばアラレ。アラレだと思えば突然太陽が出る。そんな天候だった。朝方、ちょっとお日様が出た時に赤みがグンと増してきた我が家の紅葉を写してみた。
PB090364.jpg

 朝から何となく耳の調子が悪い。大曲の耳鼻科に出かけた。鼓膜の周辺に耳かすがつまっているらしい。それを取り除いて貰い聞こえが良くなった。まったくなぁ。なんてこった。
 それから、すぐに横手で開催している『かまくら楽しい授業の会』に向かう。今日は盛岡からお客さんが来られるとのことで楽しみである。その話は『「疫病と世界史」を読む』だった。COVID-19にも関連するかもしれないと考えて、それについては後日チラッと簡単に書こうと思います。。

 そして、今度はとわちゃんとわかちゃんの送迎で走りまわる。今日は都合100㎞近くの走行距離があった。途中で虹が見えたので車を駐めて1枚。
PB094282.jpg


と、言うわけで本日は生存証明です。

米がクシャミで日本は?

金星

 今朝、五時半頃に起きて外を見たら東に一つ明るい星がある。金星だ。写真に撮ったが手ぶれで揺れていますが金星です。
PB080369.jpg
写真の白い点が金星。
 ところで金星の上の方に雲が見えるでしょう。何だか、雲の動くスピードが速いなぁと思っていた。アッと言う間に金星は消えてしまった。するとなんと言う事でしょう。3分後にババババとものすごい音で屋根を打つ雨が降り始めた。さっきの雲が運んできた。
 そんなわけで今日は終日、ちょっと晴れ間があればすぐに猛烈な雨が降る強い時雨模様の天気だった。もしも、気温が低かったら、このものすごい雨が集中的な大雪になるんだろうなぁと考えたりした。
 一瞬だが金星を見ることが出来て良かったなぁ。


今日はアメリカの大統領選でバイデン氏が当確ということでテレビでは軒並み特集である。そりゃあ、アメリカがくしゃみをすれば日本はカゼをひくというくらいだから興味のあることはわかる。
でも、そんなにアメリカ、アメリカとウエスト・サイド・ストーリーの歌のように日本のテレビ局がやることかよぉと思ってしまう。それよりもスガーリンのやることがやがて最悪の日本になるかもしれない状態をダイジェストでもいいからしっかり報じろよなぁ。
ましてやアメリカの大統領選の話をしてもボクが投票したわけでもない。だから、どっちが当選しようとこれまでの対日政策は変わらないはずだ。
オバマの時でさえ層だったからナァ。
沖縄の辺野古基地はそのままだろうし、日米地位協定なんかもまったく動かないだろう。要するに日本は51番目の州であることは間違いないのだ。いや、州ではなかった。投票権がないから属国なのだ。
スガーリンよ。その解消を日本のためにちゃんとやれたら秋田県出身者として少しは認めてやる。絶対にできないはずだ。アベシンゾーがトランプに醜く尻尾を振ったようにスガーリンもバイデンに尻尾を振りに行くだろう。


本日のアマチュア無線

 午前9時~恒例のADXAオンエアミーティングに参加。今日は参加していた3人の声がしっかり聞こえていた。海外との交信はウクライナのコンテストがあって賑やかだったのでオンエアはやめました。今日は(も)生存証明ですね。


と、言うわけで本日のブログは終了です。

  アメリカの大統領は七十八日本の首相は七十二なのに

いいね中学生たち

朝明け

 午前6時過ぎ。東の空をみると真っ赤である。
HORIZON_0001_BURST20201107061504656_COVER.jpg
こんな日は雨模様になる。案の定、終日時雨れの一日だった。ただ、気温はそれほど下がらなくてありがたいと言えばありがたい。

 午後からオッカアの買物につきあって大曲まで出かけた。ボクが行くのは平山書店。
 一歩、店に入ろうとしたら玄関に見なれないポスターが貼られている。
DSC_0091.jpg
なかなか、いいじゃん。店に入って平山さんに
「このポスターどうしたの?」
「アー、それですか大曲中の美術部が描いてくれました」
「エースナァ」
「市内の商店に部員が別々に担当して描いたそうです」
こうやって中学生や高校生たちが市内の商店を元気づけてくれるっていいなぁ。「いいね中学生たち」と、思った次第。


昨日まで開催された国会の予算委員会。スガーリンの非道さがあちこちに紹介されていた。
まずは「自助」だと言いながら「官僚(公助)」がなければ全く機能しないということだ。
スガーリンにメモを出したりぶ厚い資料を作ったり付箋を貼っている人たち(官僚)が「影の総理」だろうと揶揄されている。まったく、その通りだ。おそらくスガーリンには自分の考えや言葉はないのだろう。あるのは「オレが独裁者だ」の感覚だけのはず。
自分の言葉で話していないで読んでばかりいるからASEANをアルゼンチンなどと読んでしまう。そう言えば、初の外遊インドネシア・ジャカルタでのスガーリン会見は完璧なヤラセだったとハーバー・ビジネス・オンラインで報じている。そのページは↓ですから少し長いですがぜひご覧下され。 菅首相のジャカルタ内外会見は、質問と回答が用意された”ヤラセ会見”。現地記者からも抗議の声 これじゃあ予算委員会で立ち往生するのが当然だと思う。
秋田弁で言う「カンジョワリ」である。「オショシイ」である。スガーリンの政権は長続きはしないなぁ。
ま、ボクは微力だが無力じゃないってことを信じて諦めずに日本を考えたいと思っている。


本日のアマチュア無線

2~3日、ついつい忘れてしまい(酔っぱらっているので)書けなかった。それにしても飛びませんねぇ。聞こえませんねぇ。パワーの問題なのかアンテナの問題なのか。どっちもどっちだろう。でも、それで良いのです。それが正しいのです。そんなもんです。
朝に14メガでカナダ、アメリカ、チリなど北米から南米にかけて聞こえているので呼んでも難儀している。何とか交信はできるが・・・。夕方、7メガのロングパスでスペインとドイツと交信できたが、かなり厳しいモノがある。
でも、アマチュア無線はいいなぁ。7メガで何十年も前に何度か吞んだことのある越谷のOMを呼んだらおぼえていてくれたのは嬉しかった。お互いに年齢を重ねているが近況をアーでもないコーでもないと話せる。これがアマチュア無線の良いところなんでしょうね。

本日のブログはこれにて終了です。

 ただ単にモノクロ映画堪能すワイアットアープ、ドグ・ホリデー良しっ

柿食えば・・・

秋田へ

 今日は短歌会「かりん秋田」の歌会で秋田市へ。秋田市へはグリーンロードを通って行く。その途中で見えた景色を一枚。
PB064281.jpg
曇り空で空も暗くて紅葉がそれほどきれいではないが秋田の平地のロードはこんな感じになってきた。明日は立冬。今日、冬タイヤを車屋のケンタクンに持って行ってもらった。もうすぐタイヤ交換。
 そうそう、歌会の場所に着いたら母さんに会えた。残念ながら早番とのことでボクの帰宅時間にはいなかった。挨拶だけだが会えるとホッとする。


今日、隣のノブ君に電話。
「もしもし、柿の実少しもらえねが?」
「エースよ。みんな持ってて」
「いや、20個ほどでいいから」
「何だか今年は柿があまりなっていないようです」
で、もいできた柿の一部がこれ。
PB064280.jpg
立派な柿です。オッカアが八嶋商店から「さわし用」の35°の焼酎を購入してきて渋抜きをした。
ノブ君ありがとう。ゴチになります。柿食えば・・・ですね。


それにしてもNHKってニュースを上手に作るもんだ。スガーリンの立ち往生と言いますか答弁拒否をしている場面を「さも、とうとうと応答しているように」画面を作っている。
夕方、秋田から帰ってきて参院予算委員会の中継を見たがスガーリンはまったくお話にならなかった。これぞ立ち往生だと思った。
彼には思想もなければ思いやりの心もない。あるのはただ権力者の驕りだけだとつくづく感じた。
これで臨時国会の予算委員会がとりあえず終わったので逃げ切ったと思っているかもしれない。とんでもない。これからが問題なのだ。

と、言うわけで今日の酒ッコは不味かったなぁ。ブログはこれにて。

 ショーシャンク見終わり宙を見上げつつ諦めないこと生き続けること

何が「自助」だよぉ

イチョウ

 我が家のイチョウの葉っぱ。黄葉です。隣のノブ君ちのイチョウの黄葉が早かったが我が家のイチョウも黄色くなった。
PB050364.jpg
このイチョウの木は今年の春先にボクが「イチョウ病」になった原因の一本である。作秋にかなり枝などを切ったので今年は実もそれほどついていない。だから今年は銀杏の実の収穫はない。だからイチョウ病のかぶれに悩まされることはない。はず。
 銀杏の葉っぱが枯れたら本当の冬になるだろうなぁ。


今日はスガーリンのことを書くのをやめようと思っていた。
でも、一応、書いておきます。
夕方、仕事を終えて帰ってきたらオッカアが話しかけてくる。
「マンズよぉ。スガなばダメだ」
「エッ?」
「テレビで蓮舫の質問の場面を見ていたら何シャベッテルガワガラネ」
「ンダベナァ」
「何回も質問が止まってしまうし、チャンネルを変えだ」
そんな質疑応答のようだった。
我が家のオッカアにバカにされるようではよっぽどバカボンってことだ。
そうそう、今朝の朝日新聞の川柳に次のようなのがあった。
 「自助」の人「メモを早く」と目が泳ぎ
 もう少し顔を上げてよ菅首相

『かたえくぼ』というコーナーにも
  「答弁」 自助でやってよ ーーー国民

まったくだよなあ。官僚が差し出すカンペを待っているような状態の情けなさ。何が自助だよぉ。少し外小友弁でボクの思いを書いておきます。
 バシコイデ人ドゴダマス話バリカンジョワリガラグッグドヤメレ

と、言うわけで本日のブログはこれにて終了です。

 クワクワと鳴き交わしつつ南下する七羽のハクチョウ伊豆沼行きか?
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR