日本史を揺るがす事件

良い天気。
我が家に残る除雪して積み重なっていた雪もいよいよすべて消えるかもしれない。
EM5A0067_202403271556005f5.jpg
空にはほのぼのとした雲が浮いている。
EM5A0070_20240327155600c71.jpg
そして、ついでに「セロリー日記」も書いておこう。
猫は日だまりが好きなようでセロリーは爪とぎ用のダンボールの小さな箱の上で日向ぼっこである。
EM5A0072_20240327155606d7d.jpg
自分の縄張りだと思っているのかもしれない。


今日(2024.3.27付)の朝日新聞社説は怒りの内容だった。
平和の党だと豪語していたコーメー党が武器輸出についてOKを出したので戦闘機の輸出解禁を「閣議決定」したことに対する抗議の内容だ。平和の党を堅持していた(はずの)コーメー党はイケダ先生が亡くなったので迷走を始めたのかもしれない。もしかしたら自眠党から「下駄の雪」は要らないと言われるのを畏れているのかも・・・。ヤバイぞ。
少なくてもこれは日本史を揺るがすような大事件と言える。
スクリーンショット 2024-03-27 153132
さて、社説の小見出しは「殺傷兵器 一線越える」「なし崩し拡大の恐れ」「国会関与の仕組みを」となっていて日本は平和主義をかなぐり捨てるのである。今日の参院予算委員会でも取り上げられていた。
しかし、キシダメは「それはない」などと例によって同じ言葉の繰り返しで誤魔化してばかりいた。
社説の最後の内容をコピーしたい。
『岸田首相は先の参院予算委員会で「国の安全保障に関わる課題は、国民の理解を得ながら進めていくことが大変重要だ」と述べた。その認識が本当なら、最低限、日本でも国会が関与する仕組みを導入すべきだ』
つまり国会軽視、国民無視も甚だしいと言っている。いよいよ平和を堅持してきた日本は壊れかけて(壊れて)しまったのだ。

ついでにもう一つ。紅麹問題がにぎやかになっている。紅麹そのものには問題ないようだが何故か小林製薬のサプリメントの含有物ついてのみに問題があるようだ。それについて、やはり今朝の朝日新聞『月刊安心新聞』で「紅麹サプリの自主回収「機能」は誰のお墨付き?」として千葉大学の神里達博教授が詳しくコラムを書いていた。
スクリーンショット 2024-03-27 153209
面倒な物質の話は飛ばしますが最後の内容をあげておきたい。
『この(お墨付き)制度は、首相の諮問機関である規制改革会議の、2013年の答申に発端がある。そこには二つの思想が見て取れる。まずは手続きの簡素化。健康・医療産業の経済的拡大が意識されている。そして、国民に対しては健康は自分で守るものという考え方が強調される』
要するに名指しはしていないがアベシンゾーがやった業者だけが儲かる規制緩和によって(国民は「自助」で)自分の健康を守りなさいってこと。その規制緩和の一つとして紅麹サプリメントが厳格な検査を経なくても販売できるようになり「今の問題」が噴出したことになる。結局、自眠党にまかせていたら国民の健康被害はどんどん増えるってことだ。
自眠党政権の交代しかない。



『今日の短歌 WEB版』

   騒いでる子供許さぬ中年よ俺もお前もそうやったんぞ
         TAKUMA『NHK短歌2024.3.24』より

歌人、岡野大嗣さんのNHK短歌最終回にゲストとして出演していたTAKUMAさんの1首。
EM5A0069_20240327155557508.jpg
TAKUMAさんという人を知らなかったが10-FEETというバンドのメンバーのようだ。そこでユーチューブを見たら何とまぁカッコいいのである。ついでにユーチューブをコピーしておきます。ここからは10-FEETのユーチューブを聴きながら書いてます。

確かにその通りだよなぁと思う。自分の通った道をすっかり忘れてしまう大人になってはいけないのだ。それをTAKUMAさんは詠んでいる。
で、この短歌を読みながら一つ思い出したことがある。それは「二階から目薬」氏が先日の記者会見で漏らした言葉だ。
「お前もその歳が来るんだよ。バカヤロウ」
馬鹿野郎と言ったかどうかは言ったかどうかわからない。そして「年齢」のことをたずねるのは年齢ハラスメントかもしれない。
でも、この御仁は自分の過ぎた歳のことをけっして人に誇れるようなことをやってきたんじゃないとボクは感じる。目薬氏の歳に到達したときにそんな恥ずべき犯罪的なことはしていないってことだ。
アレッ、何だか短歌から離れたがそんなことです。
TAKUMAさんは番組の最後で「短歌番組がこんなにおもしろいとは。良い番組を見つけました」と話していた。彼は歌の歌詞も作っているので何か響いたものがあったのかもしれない。



P.S 今日のアマチュア無線

全く収穫がないのですっかり書くのを忘れてました。
実は朝方160mでイタリアの局が見えていたので数回呼んだのです。ダメでした。するとピコンと呼んでくる局がいます。それが4X1UFイスラエルの局。向こうは-6の強度。すでに交信済みなので呼ぶのを控えていたのですが向こうも誰も呼ばないので仕方がないのでボクを呼んできたのでしょう。応答したらボクの信号強度が-15でした。こんなに弱いんだと思いながらも一応交信終了。このCONDXで交信できただけでも良かったということでした。


本日はこれにて

   もし歳のこと聞かれたら絶対にバカヤローなんて言わないはずさ

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR