大人のやることか?

病院にて

 今日は3週間ぶりに脚の状態をチェックしてもらうために病院へ。
P3020040.jpg

 最新式の受付システムに受診券を入れるとすぐに予約などのチェックをしてくれる。はずだったのが受け付けてくれないのである。すぐに係の方が近寄ってくれ磁気記憶部分が弱くなっているらしいと瞬時に対応してくれる。磁気部分は修復不可能なので新しい診察券の再発行もスムーズであった。

 診察時間まで少し時間があるので小さなロビーで小学館の宣伝誌『本の窓 3-4月合併号』をパラパラと読む。野村克也氏の『野村の日本プロ野球史』が新連載である。今月号は『第1回 沢村栄治なかりせば、私もいない』と題して伝説の剛速球投手沢村栄治について述べている。
P3020039.jpg
 沢村栄治投手。享年27歳。3度もの出征で3度目に台湾沖で帰らぬ人に。1回目の出生では手榴弾を投げさせられすぎて肩を壊したとも言われる。そして、なぜ3度も出征しなければならなかったのかなどについても書いている。
 これを読みながら、当たり前のことだが戦争とは何とも悲惨でやりきれないものかと思わざるを得なかった。

 で、診察の結果は良かった。骨折した部分は順調に回復していること。脚の伸縮具合はかなり良いとのこと。などを言われて次回は1ヶ月後に最終診断と言うことになった。



ひどい話ですねぇ

 安倍晋三政権の何人かの閣僚が献金疑惑で追及されている。しかし、「オレ、知らん」とのらりくらりと逃れている。法令だか条例だか知らないが「受け取った人が知らなければ罪に問われない」という「ザル法」に守られているらしい。
 それって変だと思わない人はいるだろうか?知らないで済むと思っている人はいるだろうか?安倍晋三政権の取り巻きはそう思っているかもしれない。少なくても「大人のやることではない」と書いておく。

 原発再稼働に前のめりの政権。地元同意30キロ圏は立地県の立地場所だけで良いと言うらしい。万が一事故が起きた時に被害を受けるのは隣県だろうがどこだろうが放射性物質は流れて行き避難をしなければならない。
 さらに敦賀原発では活断層があるので再稼働には疑問符がついていたらしい。ところがそれは関係ない。と、言うことになっているらしい。原子力規制委員会だか何だか知らないが「大人の考えてやることか」と憤りを覚える。
 そして、沖縄問題。沖縄の民意は辺野古移設反対である。ところが安倍政権は「普天間基地の危険性を取り除くためには辺野古移設しかない」と、普天間の危険除去が最重要課題だと言う。それって彼ら一流の「誤魔化しのすり替え話」だろうとボクは思っている。
 5年後に普天間基地は本当に返還されるのか?そして、今強引におこなわれている辺野古湾の調査ボーリングで珊瑚が痛めつけられているという。小笠原周辺で中国漁船が珊瑚の密漁をした時に「珊瑚は1年に数ミリの成長しかしない大切な生物である」と言った言葉はどこに行ったのか。沖縄辺野古周辺の珊瑚とどこが違うのか?
 その強引さのニュースを見ていると愕然としてしまう。アメリカから強引にプレッシャーをかけられているのか。はっきりさせてもらいたい。大人のやることか?


夕方、家族の誕生会のために外で食事。空を見上げたら十二夜の月がくっきりと見えている。
IMG_0654.jpg
これにて本日のブログは終了です。

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR