「ハッピー・苦しみます」

今日も快晴

 2日連続で快晴。今日も大曲に出る用事があったので向かった。やはり、駒ヶ岳がとても良く見えている。
PC240134.jpg
今日は鳥海山を撮影できたらと思っていたが大曲から見て北東の視界は良かったが、南西方向はガスっていて鳥海山は見えなかった。
 天気予報では今週末から荒れ模様である。あまり荒れないで欲しいなぁと思いながら一杯やっています。


Happy Crisis and a Happy New Fear.

 今朝(2015.12.24付)の『折々のことば』にこの英文が掲載された。ボクは一見して
「なんだよう、クリスマスかよぉ」
と、思って見過ごすところだった。
 ところが、この英文が書かれていたのが「壁の落書き」と言うことで
「アレッ?!」
違うではありませんか。
 この言葉を拾った鷲田清一さんは次のように書いている。
『社会不安や戦禍のさなか、ヨーロッパでの市中ではこんな落書きがしばしば見られた。クリスマスをクライシスに、イヤーをフィアーに変えた「危機おめでとう、新しい恐怖に幸あれ」というパロディーである。こういう悲しくも芯の強いウィットは逆に人びとを強くつなぎもする。そういえば「メリー・クリスマス」には昔から「滅入り、苦しみます」というなんとも情けないパロディーがあった』

 そうだよなぁ。けっして皆が皆ハッピークリスマスではないと思った。そして、ジョン・レノンの『ハッピー・クリスマス (戦争は終った)』をあらためて聴いてみた。
 世界が日本が平和だからこそ「ハッピー・クリスマス」だとつくづく考えさせられる。

 で、今日は1人でビールと日本酒をチビチビやりながら
「オレにはクリスマスなんてカンケーネー」
とブツブツ文句を言ってます。

本日のブログはこれにて終了です。

   シジュウカラヒガラヤマガラ次々に冬の晴れ間の梢を渡る

コメントの投稿

非公開コメント

駒ケ岳

この写真を見て、噴火騒動を思い出しています。
現場に有った中古の日産パトロールの4輪駆動車。
前輪駆動へのレバーが入りずらかった事をとか、
諸々です。2mのトランシーバーを積んでいました。
アンテナを絶縁するために材木をハサミ本体に漬けていた。
+設置のこの車、アンテナがずれて、本体に接触して、
トランシーバーの電源線が燃えた。
麓の旅館で麻雀中のOMから呼び出しが掛かり親子4人で、
向かう途中の出来事でした。何でもヤッツケ仕事で過ごす私でした。
帰りには噴火の火柱を見て記憶が。
そのOMは東北では、ABCの早いコールサインでした。
今はもうお会いする事は不可能です。サンダル履きで運転をしていた時代です。

Re: 駒ケ岳

パパさん

噴火は私が宮城に就職したころにありました。だから本格的な
噴火は見たことがありませんが、職場の人が見に行ったとかで
とても喜んで?いたことを思い出します。

パパさんの若いころにはいろいろなことがあったのと、まだ私
も無線のことは全く知らずマイナス接地なのかプラス接地なの
か全くわからずに車のアンテナをいじっていたことを思い出し
ます。でも、プラス接地なんてことがあったのに驚きました。

あの時の、噴火した溶岩の真っ黒な軽石を父が誰かにもらった
とかで我が家にしばらく真っ黒なブツブツした軽石がありまし
たが、今はどこに行ったかすでに無いですねぇ。

駒ヶ岳もいろいろな意味で活火山です。
アクセスカウンター
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
プロフィール

Hi-Rock

Author:Hi-Rock
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR